風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 美味いもん

Comment (8)  Trackback (0)

シヴァの長男 群衆の主

 今朝は久しぶりに綺麗な朝焼けを拝むことが出来ました。

R1057163.jpg

 心が洗われますね。

R1057161.jpg

 でも、今日も熱く暑くなりそうです。



 ところで、マラドーナ、日本代表の監督になりませんかね。



 最近、近所に突然、スープカレーの店がオープンしました。大学病院前ですね、ちょっと支倉丁に入ったところ。

       CA3A0001 (7)

 間口が一間半もないような、小さなお店です。

 ビルの隙間のスペースに、以前はラーメン屋さんがあったのですが、撤退してだいぶ時間が経っていたのでした。

CA3A0002 (7)

 ラーメン屋さんの時は、一階にも席があったのですが、今回はレジカウンターだけ、若いご夫婦(?)が笑顔で迎えてくれます。テイクアウトは電話で注文しておいてそこで受け取るのでしょう。
 カレー&カフェになってイートイン用は二階席だけ、8席しかありません。それも6席は壁向きのカウンター。一匹狼(豚)向きです。

        CA3A0002_20100727043019.jpg

 Ganeshaというお店です。
 ウィキペディアによれば、

 ガネーシャ(गणेश, gaNeza)は、ヒンドゥー教の神の一柱。その名はサンスクリットで「群衆(ガナ)の主(イーシャ)」を意味する。同じ意味でガナパティ(गणपति, gaNapati)とも呼ばれる。

 太鼓腹の人間の身体に 片方の牙の折れた象の頭をもった神で、4本の腕をもつ。障害を取り去り、また財産をもたらすと言われ、商業の神・学問の神とされる。インドのマハラシュトラ州を中心にデカン高原一帯で多く信仰されている。


       CA3A0001_20100727043019.jpg

 あらゆる障碍を除くことから、新しい事業などを始めるにあたって信仰され、除災厄除・財運向上でも信仰を集めている。また智慧・学問の神でもあり、学生にも霊験豊かとされる。祈祷を始めとして、あらゆる開始にあたってまずガネーシャに祈りを捧げると良いとされる。

 ヒンドゥー教の体系の中では、シヴァとパールヴァティーの間に生まれた長男とされる。しかし、これはシヴァ系の宗教が独立したガネーシャ系の宗教を取り込んだ際の解釈だと思われる。現在でもガネーシャはシヴァ系のヒンドゥー教の一部である。


PA0_0059_20100727043019.jpg

 カレーの専門店に入るのは久し振りで、値段の相場すら判らないのですが、大体980円コース。ランチメニューはなく、ドリンク込みだと1200円強になってしまいますね。高くないのかな。

          CA3A0003_20100727043019.jpg

 若きシェフは、札幌から来たそうです。
 BGMは、FMラジオ。

 CA3A0004_20100727043128.jpg

 さて、注文したのは数量限定、トロ角煮&野菜スープカレー。
 辛さ4、ターメリックライス普通盛り(200g)です。

PA0_0058_20100727043128.jpg

 美味そうでしょう。この量なら、+100円でターメリックライスを300gの大盛りにしてもおかずは足ります。

       PA0_0057.jpg

 野菜は一度揚げてあるのかな、じゃがいもは半切り、トロ角煮は本当にとろとろ、毒です。

PA0_0056.jpg

 美味しいカレーでした。辛さもちょうど良し。

 ちなみにWebで見つけたGanesha、こんな神様です。

       Ganesh.jpg

 パールヴァティーが身体を洗って、その身体の汚れを集めて人形を作り命を吹き込んで自分の子供を生んだ。 パールヴァティーの命令で、ガネーシャが浴室の見張りをしている際に、シヴァが帰還した。ガネーシャはそれを父、あるいは偉大な神シヴァとは知らず、入室を拒んだ。シヴァは激怒しガネーシャの首を切り落とし遠くへ投げ捨てることになる。

 パールヴァティーに会い、それが自分の子供だと知ったシヴァは、投げ捨てたガネーシャの頭を探しに西に向かって旅に出かけるが、見つけることができなかった。そこで旅の最初に出会った象の首を切り落として持ち帰り、ガネーシャの頭として取り付け復活させた。これが、ガネーシャが象の頭を持っている所以とされる。


 あたしゃシヴァというのは女性で、シバの女王(高校のお帰り放送、懐かしい)かと思っていたのですが、こちらは旧約聖書、別人でした。芝の女王だと競馬? オークス? 宮里藍ちゃんか?
テーマ : 今日のランチ!  ジャンル : グルメ

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2010