風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 電脳生活

Comment (0)  Trackback (0)

熱くなれ熱くなれ

 一昨日の夜は雨が振り、昨日の朝の青葉山からは湯気が上がっていました。

R1057165.jpg

 話は吹っ飛びますが、気付いたらうちには、iPod が4台、ウォークマンもありました。今となっては旧式ばかりですが。

R1057166.jpg

 iPod miniが1台、iPod nanoが2台、iPod shuffleが1台です。
 赤いiPodと琥珀色のウォークマンは限定品。

 フルサイズのiPodはなくてみんな容量は少ないのですが、好みのCDを入れておくには十分です。

        R1057168.jpg

 2年前に話題になったリコールが、最近また蒸し返されているのが初代のnano。2005-6年型。

 充電時に熱くなる個体は、今でも交換してくれるらしいのです。何に交換してくれるのだろう。

     R1057170.jpg

 熱くなれ、熱くなれ。

 2台はいつも車のオーディオ専用で使用しています。
 ヘッドホンで聞く場合、やっぱりSONYの方が音が良いと思います。
テーマ : オーディオ機器  ジャンル : 音楽

Category: カメラ

Comment (4)  Trackback (0)

クラシックカメラマン91

 Pentaxファンにには、憧れのカメラがあるんです。

R1057139.jpg

 LX。ローマ数字で60を意味するこのモデルは、旭光学の60周年を祝う意味も含めて、1980年、ちょうど30年前に発売されました。

R1057136.jpg

 カメラ好きなアマチュア向けをずっと得意にしているPentax。今はHOYAに吸収されてしまっていますが、この時期、一番気合が入っていて、歴史の中で最高峰とも言えるプロ用のカメラを生産していたのでした。

 最初の写真でわかるとおり、ストラップ用の耳がなく、前面四隅のうち三箇所に、キノコ型の金具が配置されていて、ワンタッチで取り外しができる専用ストラップやグリップを装着することが出来ます。

R1057133.jpg

 この個体は前の持ち主自作のグリップが付いていました。

 マニュアルと、絞り優先AUTOというシンプルながらゴツイ設計。

R1057135.jpg

 シャッターは機械式と電子式のハイブリッド。

 当然ファインダーも交換式です。

R1057138.jpg

 新しいPentaxのフラッグシップ、K-7のデザインもこのLXの風貌を引き継いでいますね。

 どちらも防塵防滴設計なのも共通です。

       R1057142.jpg

 色々なアクセサリーに対応できるシステムカメラなので、下面にもなにやら穴が沢山。

R1057140.jpg

 タムロンアダプトールの、90mmマクロ、52BBをつけて先日の試し撮りです。

IMGP1323.jpg

 薔薇の花が萎れているのはお許しを。

54990009.jpg

 このLX、製造中止になったのが、2001年。なんと21年間のロングセラーだったんです。
 
54990005.jpg

 ライカM6、ニコンF3の20年を凌ぎます。

54990007.jpg

 F3とは同年の発売ですから、ニコンがF3を製造中止にするのを、意地で待っていたのかもしれません。

54990006.jpg

 最近の製品ラッシュが常識の世界では考えられませんね。
 
54990015.jpg

 ペンタックスらしい、色気のない金属的なシャッター音は別として、しっとり大人のカメラという感じです。

R1057134.jpg

 -20℃でも当たり前のように動作するそうですが、試したくはありません。
テーマ : フィルムカメラ  ジャンル : 写真

Category: 美味いもん

Comment (8)  Trackback (0)

シヴァの長男 群衆の主

 今朝は久しぶりに綺麗な朝焼けを拝むことが出来ました。

R1057163.jpg

 心が洗われますね。

R1057161.jpg

 でも、今日も熱く暑くなりそうです。



 ところで、マラドーナ、日本代表の監督になりませんかね。



 最近、近所に突然、スープカレーの店がオープンしました。大学病院前ですね、ちょっと支倉丁に入ったところ。

       CA3A0001 (7)

 間口が一間半もないような、小さなお店です。

 ビルの隙間のスペースに、以前はラーメン屋さんがあったのですが、撤退してだいぶ時間が経っていたのでした。

CA3A0002 (7)

 ラーメン屋さんの時は、一階にも席があったのですが、今回はレジカウンターだけ、若いご夫婦(?)が笑顔で迎えてくれます。テイクアウトは電話で注文しておいてそこで受け取るのでしょう。
 カレー&カフェになってイートイン用は二階席だけ、8席しかありません。それも6席は壁向きのカウンター。一匹狼(豚)向きです。

        CA3A0002_20100727043019.jpg

 Ganeshaというお店です。
 ウィキペディアによれば、

 ガネーシャ(गणेश, gaNeza)は、ヒンドゥー教の神の一柱。その名はサンスクリットで「群衆(ガナ)の主(イーシャ)」を意味する。同じ意味でガナパティ(गणपति, gaNapati)とも呼ばれる。

 太鼓腹の人間の身体に 片方の牙の折れた象の頭をもった神で、4本の腕をもつ。障害を取り去り、また財産をもたらすと言われ、商業の神・学問の神とされる。インドのマハラシュトラ州を中心にデカン高原一帯で多く信仰されている。


       CA3A0001_20100727043019.jpg

 あらゆる障碍を除くことから、新しい事業などを始めるにあたって信仰され、除災厄除・財運向上でも信仰を集めている。また智慧・学問の神でもあり、学生にも霊験豊かとされる。祈祷を始めとして、あらゆる開始にあたってまずガネーシャに祈りを捧げると良いとされる。

 ヒンドゥー教の体系の中では、シヴァとパールヴァティーの間に生まれた長男とされる。しかし、これはシヴァ系の宗教が独立したガネーシャ系の宗教を取り込んだ際の解釈だと思われる。現在でもガネーシャはシヴァ系のヒンドゥー教の一部である。


PA0_0059_20100727043019.jpg

 カレーの専門店に入るのは久し振りで、値段の相場すら判らないのですが、大体980円コース。ランチメニューはなく、ドリンク込みだと1200円強になってしまいますね。高くないのかな。

          CA3A0003_20100727043019.jpg

 若きシェフは、札幌から来たそうです。
 BGMは、FMラジオ。

 CA3A0004_20100727043128.jpg

 さて、注文したのは数量限定、トロ角煮&野菜スープカレー。
 辛さ4、ターメリックライス普通盛り(200g)です。

PA0_0058_20100727043128.jpg

 美味そうでしょう。この量なら、+100円でターメリックライスを300gの大盛りにしてもおかずは足ります。

       PA0_0057.jpg

 野菜は一度揚げてあるのかな、じゃがいもは半切り、トロ角煮は本当にとろとろ、毒です。

PA0_0056.jpg

 美味しいカレーでした。辛さもちょうど良し。

 ちなみにWebで見つけたGanesha、こんな神様です。

       Ganesh.jpg

 パールヴァティーが身体を洗って、その身体の汚れを集めて人形を作り命を吹き込んで自分の子供を生んだ。 パールヴァティーの命令で、ガネーシャが浴室の見張りをしている際に、シヴァが帰還した。ガネーシャはそれを父、あるいは偉大な神シヴァとは知らず、入室を拒んだ。シヴァは激怒しガネーシャの首を切り落とし遠くへ投げ捨てることになる。

 パールヴァティーに会い、それが自分の子供だと知ったシヴァは、投げ捨てたガネーシャの頭を探しに西に向かって旅に出かけるが、見つけることができなかった。そこで旅の最初に出会った象の首を切り落として持ち帰り、ガネーシャの頭として取り付け復活させた。これが、ガネーシャが象の頭を持っている所以とされる。


 あたしゃシヴァというのは女性で、シバの女王(高校のお帰り放送、懐かしい)かと思っていたのですが、こちらは旧約聖書、別人でした。芝の女王だと競馬? オークス? 宮里藍ちゃんか?
テーマ : 今日のランチ!  ジャンル : グルメ

Category: サイクリング

Comment (11)  Trackback (0)

なーーぁあーつ休み

 ある真夏日。

 子供時代の、夏休み気分になって、自転車で出かけてみました。

 本当は麦わら帽子と捕虫網を持って出かけたいところ。

R1057095.jpg

 実は、黄金の都シカン展を見ようと、仙台市博物館に行ったのですが、休肝日じゃなくて休館日。

R1057120.jpg

 それで隣の長沼へ。

R1057114.jpg

 睡蓮が満開です。三年前の訪問はこちら

R1057105.jpg

 こちらは白い睡蓮。

R1057103c.jpg

 マルハナバチが休憩中。

R1057104cc.jpg

 長沼は、青葉城のお堀ですね。

R1057099.jpg

 こちらは薄いピンクの睡蓮。

R1057107.jpg

 ピンクの睡蓮の葉の裏の方が、赤みが強いような気がします。

R1057108cc.jpg

 再び白い方。

R1057111cc.jpg

 しょうが無いので宮城県美術館で、「写真家ベンジャミン・リーの見た彫刻家佐藤忠良」を見ようと思ったら、やっぱりこちらも休館日。一緒に休むなよ。

R1057122.jpg

 仲の瀬橋から見る、仙台市地下鉄東西線の広瀬川橋梁。

R1057124.jpg

 工事は順調のようです。

 西公園には、朝倉響子氏制作の彫刻、「ふたり」があります。

R1057125.jpg

 暑いですねぇ。

R1057127.jpg

 実はこの日の午後、にわかに空がかき曇り、1時間ほどゲリラ豪雨が降りました。
 仙台では5年に一度くらいの雷も鳴り響き、近所の保育園は大騒ぎ。
 バケツをひっくり返したような雨でした。

       PA0_0054_20100726185832.jpg

 市内数カ所で道路が冠水したり、地下道に水がたまったりしたようです。

 髪切虫が豪雨にたたき落とされて、もがいていました。

       PA0_0048_20100726185741.jpg

 子供時代たったら、早速虫かご行きでしたね。



 ゲリラ豪雨で、高校野球の県決勝がずっと中断していたので、雨上がりに鈴木水産へ。

PA0_0051_20100727084523.jpg

 そうだ土用の丑の日だ。

 でも結局お買い上げは、岩牡蠣。

R1057156.jpg

 今年はかなり安いと思います。大ぶり4個で500円。

R1057153.jpg

 子供のときには喰えなかったな、鰻も岩牡蠣も。
テーマ : 仙台  ジャンル : 地域情報

Category: カメラ

Comment (4)  Trackback (0)

コンデジのズームと来たら

 昨日の朝飯。いわゆる残り物冷し麺ですね。

R1057092.jpg

 茹でて冷した稲庭うどんに、納豆、大根おろし、鰹節、スリムねぎをのせて、味付けは減塩醤油だけ。

 当然ぐちゃぐちゃに混ぜて食べます。

R1057093.jpg

 秋田で買ってきた、少し幅広のきし麺風稲庭うどんは、歯ごたえが強くてお薦めです。

       R1057094.jpg

 今日も一日頑張ろう。



 デジカメ、特にコンパクトデジタルカメラ、いわゆるコンデジで写真を撮るときに注意してほしいことがあるんです。
 それは、ズームポジション。

 今時のコンデジのズームレンズ、例えば35mmフィルムカメラ換算で、28mm相当から90mm相当あたりがポピュラーですが、最近はワイド側が24mm相当とかのカメラも増えてきました。

 これが曲者。

 普通、電源を入れただけだとワイド端で止まったままなんです。
 ワイド端がズームのデフォルト位置で、ズームインボタンを押さないと寄りの写真が撮れないような設計なんですね。

R1057151.jpg

 この画像は、GX200ですから、24mmから72mm相当のズームレンズで撮ったものです。
 上がワイド端(24mm相当)で、下がテレ端(72mm相当)です。

R1057152.jpg

 右側のワイン用ぐい呑の形がずいぶん違いますが、このような幾何学的にあまり特徴がない被写体では、ほとんど問題ありません。

 ところがカメラのような直方体の被写体をワイド端で撮ると、

R1057144.jpg

こんなふうに撮れてしまうんですね。自動車なんかをわざと歪めて面白く撮影するのには良いのですが、カメラ等を紹介する写真では、やめたい。

 テレ端で撮るとこんな感じです。

R1057145.jpg

 ずっと自然ですね。

 料理を撮るときなどは問題ないのですが、カメラや建築物などを撮るときは、出来るだけワイド端は避けたいものです。
 実はGX200には最後に使ったズームポジションを記憶する仕組みがあり、電源を入れたときに、前のズーム位置に自動的に設定する機能があります。さすがリコー。

 この被写体のカメラは、1991年発売、富士フィルムのカルディア Dual-Pというモデルです。

R1057147.jpg

 当時のコンパクトカメラはまだズームレンズではなく、二焦点。

 こいつは、28mmと45mmの切り替え式。本当はこれでもいいんですよね。

R1057148.jpg

 フィルムをドロップインして蓋を閉じると、まずフィルムを全部巻き出して、撮りながらパトローネに戻していく方式、つまり間違って裏蓋を開けてしまっても、撮り終えた部分は露光しないんです。

R1057146.jpg

 当時は出張用にずいぶん使った記憶がありますが、今ではレンズが出て来なくなってしまいました。
 ジャンクですね。
テーマ : カメラ  ジャンル : 写真

Category: 祭りだワッショイ

Comment (6)  Trackback (0)

大相撲よりも

 土曜日、7月24日はいよいよアナログテレビ終了まで一年。
 各局のアナウンサーや地デ鹿が、仙台のアーケード街を練り歩いて、デジタルテレビの購入を呼びかけました。

 そして今年も夏まつりの季節。昨年の様子はこちら(初日)とこちら(二日目)、一昨年はこちら。その前の年の話題も。

 参院選が重ならなかったのは幸いでした。

SDIM0005_20100726082634.jpg

 暑い中たくさんの方にご来場いただきました。ありがとうございます。

 私の持ち場は、サウナテントではなく、案内所兼エコステーション。今回は自社ブースの付近をはずれ、地域ヂカラ宣言なる、国内各地のうまいもんの立ち並ぶ入り口。暑いけれども恵まれていました。

     PA0_0046_20100726082634.jpg

 一方びーえむあいさんの持ち場。地獄に一番近い場所かも。

     PA0_0051_20100726082634.jpg

 ところで持ち場に付く前に、初日朝の仕事はこちらでした。

DSC01409.jpg

 オープニングの秋葉48は整理券を配布し、持ってる方だけ並んでもらって入場していただいたんですね。

 私のミッションは、整理券をゲット出来なかった皆さんが、場内に入らないように監視する役。
 入場できなかった皆さん、申し訳ありませんでした。
 ソーラーファン付きの帽子をかぶって警備。

SDIM0007.jpg

 無事混乱もなくオープニングは終了。

DSC01433.jpg

 会場記録員も仰せつかっていたので、担当部署を巡回して写真を撮らせていただきました。

       DSC01439.jpg

 仙台市の条例で、屋外で販売できない飲食物が数多くあり、どうしても揚げ物焼き物加工品中心になってしまうのが残念なのですが、それでも美味しいそうなお店がたっぷり。

DSC01427.jpg

 試食も出来ます。

DSC01449.jpg

 今回嬉しかったのが、アイスキャンデーを持っている人よりも、これを齧っている若者が多かったこと。

DSC01429.jpg

 テレビCMの影響もあったかな。

DSC01459.jpg

 今回持ち場の隣のブースはこれでした。

DSC01414.jpg

 ズッポリ流行に乗っているコロッケ。

          DSC01471.jpg

 誰かが買ってきてくれました。

DSC01472.jpg

 なぜか香川県産なのですが、美味しい。

DSC01468.jpg

 食いもん以外もありました。

DSC01469.jpg

 12時間近く暑い中に居てやっと開放されました。

 県庁裏のぼんてん漁港を目指したのですが、土曜の夜だというのに満席。

 少し北上して、旬楽処 笑(しゅんらくどころ ニコ)へ飛び込み。

 キャフェ・エ・クレープリー・ノートの裏手あたりになりますね。

DSC01473.jpg

 伊達な晩酌セット1800円、ドリンク追加でも2000円。良いですね。

 これまでの人生で一番美味しい生ビールを二杯頂きました。

DSC01474.jpg

 お店も綺麗だし、刺し盛りに、水なすの田楽、まぐろの竜田揚げです。お見事。

DSC01476.jpg

 アラカルトでもう一品と、綿屋と、伯楽星のもっきりをいただいて、4野口。また来ます。ランチもやっているようでした。

 若い親方と、奥様(?)が外まで送ってくれました。
 飛び込みで良いお店を見つけると嬉しいもんです。

 明日も頑張ります。

DSC01477.jpg

 ところでこの時間、すでに翌日のライブを待つ若者が会場に並んでいたのでした。

s-P1000916.jpg

 二日目もいい天気、30℃超えは間違いありません。

 お昼は、また持ち場を離れて、ベッキー♪#のライブ。
 場内に入れないお客様が歩道からあふれて、車道、東二番丁通にはみ出さないように監視する係。

 無事終了しました。

 いつもはめったに飲まないコーラなんかが飲みたくなるんですね、こういう日に外に居ると。

       PA0_0048_20100726085408.jpg

 先日のおとりよせマッコリを思い出して、原材料名に注目。

PA0_0049_20100726085408.jpg

 やっぱりありました、アスパルテーム、L-フェニルアラニン。

 昼間これを飲んで、夜マッコリという組み合わせ、飲み合わせは良くなさそうです。

       SDIM0006_20100726085408.jpg

 トリのライブはAAA、スリーエーではありません、トリブルエーと読むんです。

 今度は、会場脇の歩道が、入場できないファンであふれて通行不可にならないよう、ロープを張って内側に入っていただく係。

 無事終了しました。
 皆様本当にありがとうございました。

 この晩は国分町、北海味道楽 鰊御殿 2号店でまたまた旨いビールで乾杯。

     PA0_0047_20100726085443.jpg

 うまかったーーー。
 炙りシメ鯖が美味しくて、そのあと日高見を三杯くらいいただきました。



 ところで今朝の主催者発表では、二日間の入場者総数、111,000人!!!

 日本相撲協会によると、名古屋場所15日間の観客は94,900人。

 勝ちました。

 仙台七夕の三日間200万人には遠く及びませんけどね。
テーマ : 仙台  ジャンル : 地域情報

Category: 業務

Comment (8)  Trackback (0)

御視聴感謝

 昨日から開催しております夏まつり2010、お陰さまで今や夏の仙台の最大二番目のイベントとなりつつありますが、昨日の様子をぱんだ(親)さんがレポートしてくれています。御覧ください。

 今日もやってます!! ご来場ください。



 金曜日の夜に103チャンネルで放送された番組。

『ぼくはロックで大人になった~忌野清志郎が描いた500枚の絵画』

 叔父貴がたっぷり登場していました。年老いた叔父は、4歳上の親父にそっくりで、泣けました。
 8月1日に再放送があります。



 もうほとんど忘れ去られつつある話題。

 先日の夕刊にこんな数字が載っていました。

WC視聴率

 すごいですねーーー、恐らく開局以来最高。

 初めてこんなものが配られました。 CA3A0007_20100723061249.jpg

 まさに他力本願ですけど、決勝トーナメントに進んでいなかったら、もらえなかったわけです。



 近所の工事中のマンション前、臨時フェンスの上にこんなもの。

CA3A0006 (2)

 透明のケースの中に、電子回路の基板が入っています。興味津々。

     CA3A0004 (3)

 外とはケーブルもつながっていなくて、自己完結で夜に赤色LEDが点滅するのでした。

          CA3A0003 (4)

 上面が太陽電池なんですね。ういやつ、ういやつ。
テーマ : サッカー日本代表  ジャンル : スポーツ

Category: ドライブ

Comment (4)  Trackback (0)

納豆はやめときました

 背あぶり峠を超え、村山市に入ります。
 東京三多摩の武蔵村山市は、この村山市が先に存在したため、武蔵を付けたそうです。

 この日仙台は晴れていたようですが、村山盆地は薄曇り。

IMGP1325.jpg

 東沢バラ公園というのがあるとのことで、寄って見ました。

IMGP1324.jpg

 入場無料、もっとも6月上旬から7月上旬までは有料だったらしいのです。

 ということは盛りを過ぎているということですね。

IMGP1315.jpg

 このカメラのテスト撮影だったのですが、まぁテストは出来ました。

IMGP1323.jpg

 目に注いたのは、花より団子ではなく、虫。

IMGP1307.jpg

 薔薇吸う虫も好きずき。

IMGP1317.jpg

 虫の名前は判りません。

       IMGP1320.jpg

 猛暑の中、昼飯。

DSC01388.jpg

 東根にある、ラーメン屋さん「勘鳥居」。

 納豆味噌ラーメンが有名なお店です。

DSC01390.jpg

 メニューを良く見てください。
 味噌ラーメンが800円なのに、納豆味噌ラーメンは750円、味噌コーンラーメンは700円です、どういう事?

 貧乏性の私は、止せば良いのに、チャーシュー味噌を注文してしまいました。900円。

DSC01391.jpg

 このチャーシューたちが価格差100円なのでしょうか? 貝割れが涼やか。

 太めの黄色い縮れ麺、美味し。

DSC01392.jpg

 毒、なんとこんなとろとろバラ肉のチャーシューが7-8枚。

       DSC01393.jpg

 あぁ、どうしましょう、しょっぱめではありますが美味いです。

 喜多方の肉そばと同じで、数人でシェアするのが丁度良いかもしれません。

 実はこの後、飯豊のどんでん平ゆり園と散居集落まで走ろうと思っていたのですが、あまりにも暑くて挫折。

 東根市内の黒伏高原でお茶を濁しました。東根にはまだまだたくさんサクランボが成っていましたよ。

 行き止まりですがなかなか走りやすいヒルクライム。途中に不気味な人形が。

DSC01403.jpg

 いったい何を利用して作ったんだろう。

       DSC01399.jpg

 遭遇した子供は、夜うなされるかも。

 キモチ良く登って行くと、標高1227m黒伏山の南壁、落差300mの大断崖が見えてきます。
 雪が残る季節の方が迫力があるかもしれません。

DSC01397.jpg

 好きな人は登るのでしょうね。

 スキー場があるあたりを過ぎると、突然ダートになるのは泉ヶ岳と全く同じ。

DSC01394.jpg

 この先に船形山の登山口があるそうです。

 今回はUターンして、関山峠経由で宮城に戻ってきました。

 迎えてくれるのは、ニッカ工場前の鎌倉山520m、通称ゴリラ山です。

DSC01407.jpg

 ルートラボのルートマップ、右下の▲を押すとルート走行が始まります。

 左上のスケール目盛りか+/-のボタンで縮尺が変えられますし、右上のボタンで走行スピードも変えられるのです。お楽しみください。

テーマ : 旅行、旅、ドライブ  ジャンル : 旅行

Category: ドライブ

Comment (6)  Trackback (0)

鍋越せあぶり

 明日と明後日は、仙台市民広場と勾当台公園で夏まつりが開かれます。是非お出かけください。
 AKB48(よく知らないけど)のメンバー12人も来仙!!詳しくはこちら


 三連休の週末、天気も良かったし少し走ってきました。

 まず自宅を出て北へ向かったのですが、北山から桜ヶ丘へ向かう荒巻の新しい道、ほとんど出来ていましたね。北山トンネルの部分はまだですが、8月には此処だけ先に開通するようです。

DSC01382.jpg

 泉PAから東北道に乗り、大和ICを出て、旧小野田町方面へ。

 国道347号線を少し逸れると、薬莱山の手前にこんな家が残っているのでした。

IMGP1277.jpg

 国の重文、松本家住宅です。

IMGP1268cc.jpg

 江戸時代中期、280年前の建築だそうです。

       IMGP1279.jpg

 夏の風が、釜神様が守る家の中を通り抜けていきました。

IMGP1269.jpg

 厠や風呂場もあったそうですが、今は残っていません。

       IMGP1284cc.jpg

 屋根の低い方の部分が土間で、台所がありました。

IMGP1285.jpg

 伊達家家臣奥山家の家老職の家とのことですが、農業も営んでいたようです。

IMGP1276.jpg

 時間が止まったような場所です。

IMGP1281.jpg

 やくらいガーデンの北を通りぬけ、西へ向かいます。

 前に来た時よりだいぶ道路も広くなったようでした。

IMGP1287m.jpg

 これなら普通の車でも走れます。宮城側は、中羽前街道。

 県境の鍋越峠のトンネルの上には旧道も残っています。

IMGP1292m.jpg

 この辺りが峠のはず。もちろん中央分水嶺。でも、なだらかです。

 宮城県と小野田町(今は加美町の一部)の標識が草に埋れていました。

IMGP1289.jpg

 堺田の分水嶺でも明らかですが、この辺り、栗駒山と船形山の間が奥羽山脈の一番なだらかな部分かもしれません。

 山形県に入り、母袋街道を尾花沢方面に下って行くと、前を走っていたクルマが突然停車。

IMGP1294.jpg

 長寿の名水。ジムニーに水タンクを積んでいたのでたっぷり汲んで来ました。

DSC01386.jpg

 でも直に飲むのが一番ですね。

 途中銀山温泉の方へいったん道を逸れ、別の峠道へ。

IMGP1297m.jpg

 背あぶり峠です。ちょっと不吉な名前ですが、ウィキペディアによると、

 尾花沢市延沢の住民が、古来より、このあたりの商業の中心地であった村山市楯岡まで、買い出しや出稼ぎに向かう道として使われた。楯岡から見て北東方向にある延沢を夜明け前に出発した旅人が、峠に差し掛かると背中に朝日を浴び、用事が終わって帰る途中に背中に夕日を浴びたことから、背炙峠と呼ばれるようになった。

IMGP1299m.jpg

 今は車でぐるりと回ったほうが多分早いので、ほとんどすれ違う車もない県道ですが、村山盆地が綺麗に見えるポイントです。でも峠の名前ぐらい書いてあるとブロガー的には◎。

 峠を降りる途中に、こんどはアピールたっぷりのポイント。

IMGP1300.jpg

 棚田好きの私ですが、この季節はあまり絵になりませんね。

IMGP1302.jpg

 反対側にもしっかりアピール。

IMGP1303m.jpg

 自販機も売店もなんにもない峠道です。

IMGP1304.jpg

 でもそんな道を走るのが好きです。



 棚田シリーズのリンクです。

 大蕨&椹平棚田 美しい棚田 棚田の蕎麦
テーマ : 旅行、旅、ドライブ  ジャンル : 旅行

Category: 空花鳥風月雲

Comment (6)  Trackback (0)

空飛ぶくじるら

 昨日の昼は十八番の冷し中華、一昨日の昼は社食の冷やしつけうどん。相変わらず冷やし麺ばかりです。

 そんな一昨日の夕方の空は特別にベリーマッチ綺麗でした。

IMGP1333.jpg

 ♪街角に僕はひとり ぽつんと佇み
  ビルとビルの隙間の 空を見てたら
  空とぶくじらが 僕を見ながら
  灰色の街の空を 横切っていくんです
                   by 江戸門弾鉄(松本隆)


IMGP1340.jpg

 みるみる色が変わっていきました。

IMGP1341.jpg

 近所にあるけど行ったことがなかったシリーズ、今日はお鮨屋さんです。

CA3A0002_20100721080315.jpg

 ゴルフが好きらしい親方。

 店内にはタレントやプロゴルファーのサインが沢山。藍ちゃんの写真もあります。

DSC01381.jpg

 今日はお試しで、2,500円の晩酌セット。

DSC01378.jpg

 ビール中瓶か、お酒二合が含まれます。この日は二日酔いなのでビールのみ。

DSC01379.jpg

 いかがでしょう。

DSC01380.jpg

 美味しいけど、親方がカウンターの中で煙草を吸うのが×。
テーマ : 外食♪  ジャンル : グルメ

Category: 美味いもん

Comment (4)  Trackback (0)

去年のあなたの想い出が

神割崎

 昨年若くしてこの世を去った、LYNXCLUBの仲間を偲ぶ会が開かれました。

  DSC01328.jpg

 場所は、いつも集まるThe Mall前の、手打そば 旬菜料理「母里」。

DSC01327.jpg

 貸し切りです。

DSC01330.jpg

 親方が大相撲好きなのか、琴光喜が載った最後の番付が貼ってありました。

DSC01333.jpg

 乾杯のビールは、お蕎麦やさんに似合わないシャンパングラス?

     DSC01336m.jpg

 夏らしい爽やかな一品。

          DSC01334.jpg

 お通し。料理の詳細は、anegoのブログ「おとしぶみ」をどうぞ。

   DSC01335.jpg

 我らにふさわしいというyか、最近どこへ行っても、普通にしてしまった一升瓶の直注ぎ。

DSC01339.jpg

 でっかいグラスもビールグラスとお揃いです。

     DSC01337.jpg

 喰いねぇ、呑みねぇ。

DSC01342.jpg

 フカヒレ入りの茶碗蒸し。

     DSC01341.jpg

 これは母里のお薦めみたいです。

      DSC01343.jpg

 なぜか撮るのを忘れた地鶏焼きについてきた、超辛一味。黄色いんです。

           DSC01347.jpg

 鯨のサエズリ、だそうです。

  DSC01348.jpg

 もちろん〆は、美味しい手打ち蕎麦。

      DSC01351.jpg

 たっぷり一人前に天ぷら付き。

          DSC01349.jpg

 集合写真を撮りました。写真はLYNX☆さんのブログ「山猫の棲家Ⅱ」へ。

 もちろん若手(?)は二次会へ。
 カーヴ隠れや。なんだかカーヴの先に隠れているネズミ捕りを連想させますね。

DSC01358m.jpg

 さらに酒好きなメンバーは三次会へ。
 炭肴旬菜 炭鮮。

DSC01359m.jpg

 長町にも結構お店、あるんですね。

       DSC01360.jpg

 ずっと追いてきたかな。
 また来年も集まるからね。

 彼女が病院で出会った、同じ病を持つ看護師さん、実は今年、その人も天国へ行ってしまったのです。
 憎い病気です。
テーマ : こんな店に行ってきました  ジャンル : グルメ

Category: アルコホリック

Comment (5)  Trackback (0)

おとりよせ34

 今週末24/25日はいよいよ、あの、夏まつりが、仙台市民広場と勾当台公園で開かれます。
 今年はなんと、AKB48やベッキー♪#も登場予定。詳しいゲストはこちら
 地域力宣言2010というイベントも同時開催。全国の美味いもんも集合します。
 是非、お誘い合わせの上、お出かけください。
 私もどこかに居るはず。



 最近身内でやや盛り上がっている、生マッコリ。

 楽天市場で検索して取り寄せてみました。

       R1010813.jpg

 リキュールに分類されるというか、分類できないものがリキュールなんでしょうか。ウィキペディアによると、

 リキュール(仏:liqueur リクール、英:liqueur リカー/リキュア)とは蒸留酒(スピリッツ)に果実やハーブなどの副材料を加えて香味をスピリッツに移し、砂糖やシロップ、着色料などを添加し調製した酒のこと。そのまま飲むこともあるが、多くはカクテルの材料や菓子の風味付けなどに利用される。

     R1010817.jpg

 原初のリキュールが誕生したのは紀元前古代ギリシャのことである。医者であったヒポクラテスが、ワインに薬草を溶かし込んだ薬酒を作ったことがその起源とされている。これは、当時人々が酸味が強く飲みづらかったワインに、蜂蜜などを混ぜて飲んでいたことにヒントを得て、作られたといわれている。

 ヒポクラテスだったんだ。

R1010825.jpg

 李さんのキムチで頂いた生マッコリのふつふつ感にはちょっと欠けますね。

 青いほうがやや酸味が強く、黒いほうが少し粉っぽいサラサラした舌触り。

          R1010823.jpg

 アスパルテーム、L-フェニルアラニン
 気になりますが、コカコーラゼロなどにも使われている人工甘味料。こんな説もありました。

R1010818.jpg

 甘くなくて良いから、人工甘味料を使用していないマッコリが欲しいですね。またまたウィキペディアから引用。

 マッコリ(막걸리)とは、韓国の大衆向け醸造酒の一つ。日本のどぶろくに相当する。仮名表記では、マッカリ、マッコルリとも書く。

R1010824.jpg

 マッコリには強い甘味がある。これは麹により糖化された米の甘味である。微かな酸味と炭酸発泡の味がする。醗酵の進み過ぎたマッコリは酸味と炭酸が強烈になる。アルコール度数は6~8%(ビール程度)である。

 原料は米を主とするが小麦粉を添加する場合が多く、その他の材料や製法は地域によって多少の違いがある。米を主原料としないマッコリの代表例はサツマイモ(コグマ/고구마)を主原料とするもので、これをコグマ・マッコリと呼ぶ。また、江原道や慶尚北道の山間部ではとうもろこし(玉蜀黍;韓国語読みでオクスス/옥수수)を原料とするものもあり、これをオクチュ(玉酒/옥주)と呼び、飲む際にはオクチュを注いだ器の中に松の葉を数本折って入れる。これは松の葉独特の香りがオクチュとよく合うことから、このような飲み方が好まれるという。 発酵には酵母によるアルコール発酵のほかに、雑菌の繁殖を抑えるための乳酸菌による発酵を伴う。そのためほのかな酸味がある。

 
R1010822.jpg

 一般的にマッコリは暑い夏場に冷やした状態で飲むのが好まれる。大きな丼のような器によそい、パガジというヒョウタンで作った柄杓で各自の器に取り分けて飲む。

 韓国ではドンドンジュ(동동주)という酒もよく飲まれている。ドンドンジュはマッコリとほぼ同じ酒である。厳密には火入れをしない発泡性を保ったものをトンドンジュ、火入れ済みで発泡しないものをマッコリと区別する場合が多い。ただし両者の間に明確な違いはないため、日常的には特に区別をすることは無い。どちらも韓国のスーパーマーケットや雑貨店などで売られている。生マッコリは劣化が早いので長期保存が不可能である。


          R1010819.jpg

 マッコリは日本統治時代以前には各家庭ごとに作られていた。

 日本でも近年、韓国料理店の増加に伴って、輸入マッコリが出回るようになってきた。 韓国ではマッコリに使われる人工甘味料「アスパルテーム」が人体に有害だとして問題になったが、2010年3月、食品医薬品安全庁が「1日に許容される摂取量を超えない限り問題はない」と公式見解を発表した。



 昨日落合のつかさ屋に寄ったら、Jinroマッコリと並んで、どっちも冷蔵庫の中にありました。

 ただし、にっこりマッコリの方はオレンジラベル。
テーマ : 韓国  ジャンル : 海外情報

Category: カメラ

Comment (4)  Trackback (0)

モダンカメラマンⅩⅩⅩⅤ

 梅雨が明けましておめでとうございます。
 大好きながやって来ました。



 ライカ用のレンズが何本か増えたので、過去の記事を追記編集しました。

 ライカ用レンズ1   ライカ用レンズ2

 興味がある方は↑クリック↑してみてください。

 今日紹介するのはこのカメラ。

DSC01369.jpg

 2008年発売の、RicohのGX200です。

 2007年から使い続け、既に7000ショットを超えている、Caplio GX100の後継機、マイナーチェンジモデルなんですが、Caplioの愛称はなくなってしまいました。

 実はずっとGX300を待っていたのですが、GXRが出たことであきらめ、これを探していたのでした。

DSC01362.jpg

 新品保証ももう切れている中古をオークションで入手したもの、並べて見ると、GX100には付いていた、外部AF用の窓がなくなり、GRシリーズに近い落ち着いた雰囲気になりました。

 アクセサリーシューの中の色が異なるのも面白いですね。

DSC01363.jpg

 主な違いは、撮像センサーが約1000万画素から、約1200万画素に変わった事と、背面の液晶モニターが、2.5インチ、23万画素から、2.7インチ、46万画素に変わった点。

     DSC01364.jpg下がGX200

 センサーの違いはよくわかりませんが、液晶モニターの差は歴然。

 全く別物です。
 初めてメガネをかけた時のように、突然クリア。今までの液晶はなんだったのだろう。

     DSC01376.jpg上がGX200

 もちろん、EVFを始め、GX100のアクセサリーは全て使用可能。

DSC01372.jpg

 上がテレコンバーターで、下がワイドコンバーターです。

DSC01374.jpg

 単4電池が使用できる点も同じだし、本当に使いやすくて高性能のカメラシリーズです。

DSC01370.jpg

 どうもオートフォーカスの動作音が大きめ、異物が挟まっているような。
 今度東京か大阪にでも行ったときにサーヴィスで見てもらおうかと思っています。
テーマ : RICOH DIGITAL CAMERA  ジャンル : 写真

Category: 美味いもん

Comment (2)  Trackback (0)

またまた冷やし麺

 昨日のお昼。

 10%割引のクーポンがあったので、今回も近所にあるのに初めてのお店へ。

       DSC01325.jpg

 焼肉の清香園です。

 結構若手の工事関係者で混んでました。

DSC01323.jpg

 でも、割引クーポンはなぜか麺類だけ。

       DSC01321.jpg

 坦々冷麺です。700円+大盛り150円-80円割引。

DSC01322.jpg

 でもこれなら普通の冷麺の方が良いかな?

 でももっと良いのは、カルビかも。

       DSC01324.jpg

 隣に最近出来た、たい焼き屋さん。

 縁がないかと思っていたら、カレーたい焼きなんてありますよ。

DSC01326.jpg

 今度試してみましょう。
テーマ : こんな店に行ってきました  ジャンル : グルメ

Category: 美味いもん

Comment (5)  Trackback (0)

おとりよせ33

 昨年ちょろリさんから送っていただいて、ゴージャスなドイツの技を味わった、菊池牧場の無添加ソーセージ

 最近楽天市場で、その菊池牧場の製品を購入できるお店を発見し、早速おとりよせ。
 銀河☆直行便という盛岡のお店です。

 高級品なので、少しづつ味わっていたのですが、先日メールと電話があり、どうも前回のおとりよせ、注文数に対して、納品数が不足していたらしいのです。
 気づかない私も、トホホだったのですが、先方も恐縮すること頻り、不足品+山のようにお詫びの品が届けられたのでした。

R1010797.jpg

 これは宝の山ですよ。

 手違いは菊池牧場の方にあったそうで、丁寧なお詫び状も同封されていました。
 こちらこそ申しわけありません。

R1010798.jpg

 上の青身入りが菊池牧場のヴァイスヴルスト。本場ほど白くないのですが、んまいんです。

R1010800.jpg

 夕べは早速、ブラートヴルストを網焼き。

 皮が薄く、脂も強いので油断してると、火災報知器作動寸前。

R1010802.jpg

 ウェルダンになってしまいました。でもそれでも美味い絹挽きの舌触り。

R1010808.jpg

 これはお薦めです。

 菊池牧場の紹介はこちら、牧場便りはそちら、非公式ガイドはあちら。美味しい食べ方の紹介は、もちろんこちら
テーマ : グルメ通販情報~お取り寄せ  ジャンル : グルメ

Uhr
天気予想
2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウントダウンタイマー
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: