風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 美味いもん

Comment (10)  Trackback (0)

どこにでもありそうな......カタチ

 須川温泉から下界に降りるルートは基本的に四本。
 栗駒道路、秋田の県道282号線経由で国道398号線に出て、北上、小安峡を抜けて湯沢に出るか、途中で左折して、泥湯温泉や秋の宮温泉方面に抜けるルート。
 または国道398号線を南下、花山峠を超えて宮城県、湯浜温泉、温湯温泉のそばを花山へ抜けるルート、仙台に戻るにはこのルートが最短距離なんですが、まだ通行止で、湯浜温泉までしかいけません。
 国道342号線を一関に行く道は、来た道なのでパス。
 342号線を逆に北上します。

 この道がまたまた気持ちが良い山間のしかもワインディングの少ない道なんです。

 ゆっくり山を降りていきます。成瀬温泉の近くで右折して、国道397号線を東進、あの胆沢ダムの方へ再び山を登るのが、峠道と新緑を楽しむ最良のコースなんですが、今回は左折。湯沢に出ることにしました。

P6060330.jpg

 秋田道の横手から南方向は、湯沢横手道路という有料道路がありますね。将来は東北中央道という高速の一部になると思われますが、今は別の名前。
 いつの間にか山形県境にも近い雄勝まで開通しているのでした。しかも無料。
 あっという間に山形まで繋がりそうですが、高速になるとツアラーがみんな素通りしてしまいそうな気がします。

 道の駅雄勝でトイレ&買い物休憩。

P6060332.jpg

 小野小町が生まれたと伝えられる町では、来週、楽しそうなお祭りがあります。

 国道13号を、さらに南下。
 戊辰戦争の古戦場、院内峠を超えると山形県。数時間で、宮城、岩手、秋田、山形と四県を回ってきたことになります。奥羽本線沿いに真室川を抜けて鮫川村に入るとこんな名木があるんです。

P6060334.jpg

 小杉の大杉、何のこっちゃと思うでしょう。小杉という地域にある、大きな杉なんですね。

 道案内に従って曲がります。

P6060333.jpg

 駐車場に車を停め、滋賀県からバイクで来たおっさんと「どれだろうねーー」。

 「あれじゃないすか、そばで写真撮ってるし」

P6060335.jpg

 たしかに大きな杉の木です。

 若いカップルは、ぬいぐるみまで持ち込んで記念撮影中、シャッターを押してあげました。

P6060336.jpg

 木の下には別の名前の説明書き。

P6060338.jpg

 祠もありました。

P6060343.jpg

 何故かETもいたりしますが、本命は右のほうで瓶の陰に。

P6060344.jpg

 はい、トトロの木、だそうです。

P6060342.jpg

 癒されたおじさんたちも写真を撮り合い。



 さて、昼飯時です。
 今回は暑いし、冷やしラーメン、冷やしラーメンと呪文を称えつつうまげな店を探します。

 と、新庄の街に入る手前、信号で止まった左手に魅力的な店があーるじゃありませんか。(古)

       DSC00768.jpg

 とりもつらあめん、ガイドブックで見たような記憶もあるし、山形なんだから冷やしラーメンもきっとある。

DSC00767.jpg

 冷し中華?あります。愛をとりもつラーメンも。

DSC00761.jpg

 実に山形風、和風のラーメン屋さん的店内。

DSC00762.jpg

 12時ジャストぐらいだったので、空席ありですが、このあとバタバタと満席になって行きました。

 さて、県外者には難しい、山形風メニューです。

DSC00760.jpg

 まず冷し中華は酸っぱいやつですかと聞いてみたら、そうです、とのこと。
 中華ざるというのが酸っぱくない、普通の味です、と説明されたので、一番高い、モツ中華ざるぶっかけを大盛りでお願いしました。

 ざるぶっかけと言うネーミング、私的には矛盾を感じるのですが、ざるという言葉に冷しという意味が込められているのでしょうね。

 来ました、モツ中華ざるぶっかけ750円+大盛り100円。わさびが添えられています。

DSC00763.jpg

 麺が見えない。

 具が盛り上がっている中からかき分けかき分け、麺を箸上げ。

       DSC00765.jpg

 麺は良く冷えていますが、モツは暖かいのです。

 さらに味には関係ないかも知れませんが、この麺が長いんです。普通のラーメンは40cmぐらいですか。
 ここのらあめんは、その倍近くあるのではないでしょうか。とにかく長い。そして大量。

 いろんな部位の鳥モツにキンカン。

DSC00764.jpg

 ラーメンだから胡椒なのか、モツだから唐辛子か、冷しだから辛子もありかと言う、実に何で辛味をつけようか迷うひとのために添付されていた山葵を、途中で添加、味に変化をつけ難敵を乗り切りました。

 よく絞られた低脂肪のチャーシュウ。

       DSC00766.jpg

 あっさり味のスープに鳥もつの組み合わせを堪能しました。
 お薦めですが、結構焼き鳥呑みのあとのような味が口にたっぷり残ります。

DSC00769.jpg

 お店の前からは月山も拝めるのですが、良く撮れていませんね。

 このあと道すがら、繁盛している店の前を通りました。そちらは一茶庵。もつらあめんではそちらが元祖のようです。今度行ってみよう。
テーマ : こんなお店行きました  ジャンル : グルメ

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2010