風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: カメラ

Comment (6)  Trackback (0)

モダンカメラマンⅩⅩⅩⅡ

 我が家のデジカメで、ポケッタブルタイプは伝統的にサイバーショットなんです。

R1057034.jpg

 上の青いのが、2003年製のU20、左が2004年発売のT3、そして右が今回紹介する2009年発売のWX1です。

R1057035.jpg

 これまで時々使っていたT3、このところ弟に貸していたら、先日CCDが故障、無償交換した顛末は前に記事にしましたが、今回は液晶モニターが逝きました。

R1057036.jpg

 これはもう明らかに人為的な故障、何か固いもので圧力がかかった結果と思われます。もう修理する価値はないと思われ、博物館入りです。

 それでと言うわけではないのですが、最近入手したポケットカメラが、このCyberShot DSC-WX1。

R1057041.jpg

 手のひらサイズ以下の可愛らしいカメラですが、レンズは35mm換算で24mmから120mm相当の5倍ズーム。F2.4からと結構ハイスペックなんですね。

 直系の後継機はないものの、型落ちしているため、だいぶ安くなっています。

 そしてこいつが重要、さんざっぱら礼賛してきた、撮像素子の大革命、裏面照射型CMOSセンサー搭載なんです。

R1057038.jpg

 Exmor Rはスゲェ高感度、今回の札幌と小樽の写真は殆ど(札幌ラーメン共和国以外)このカメラで、手持ち撮影したものです。

DSC00432.jpg

DSC00450.jpg

 解像度もコンパクトカメラとは思えない高性能。

        DSC00322.jpg

 最新型のサイバーショットはついにSDカードが使えるようになって来ましたが、WX1は最後のメモリースティック専用世代。T3のものが必然的に余ったので問題無し。

R1057042.jpg

 これは大当たりでした。

R1057037.jpg

 小樽の水天宮周辺で撮影した画像です。

DSC00633.jpg

 スイングパノラマという機能もあるんです。↓クリックしてみて下さい。

DSC00626.jpg

 シャッターを押しながら自分で横パンするとこんな180°パノラマ写真。

DSC00630.jpg

 マン・レイの作品。

       DSC00638.jpg

 艶も色気も素晴らしいです。

DSC00647.jpg

 パノラマ写真はもう少しいろいろ撮ってみますね。

DSC00625.jpg

 たまたま小樽市博物館運河館にあった、古のポケットカメラ。

DSC00671.jpg

 帰りのジェットストリーム。

DSC00698.jpg

 下北半島がくっきり見えました。

DSC00702.jpg
テーマ : ★カメラ&レンズ・機材  ジャンル : 写真

Category: ドライブ

Comment (2)  Trackback (0)

きらきらひかる硝子坂

 坂の多い小樽、いい加減歩き疲れたのですが、新千歳空港に向かう直通快速列車の、指定を取った便まではまだまだ時間が。

 パラゴンのあるジャズ喫茶で休もうとも思いましたが、もう一頑張り、残った堺町方面にも行ってみました。

DSC00605_20100525063234.jpg

 ナウでヤングな若者向けの土産物屋や、ローカルでCMが流れているスウィーツショップが並んでいます。

 オルゴール館と言うのが在ったので、覗いてみました。

DSC00613.jpg

 これが結構面白い、手の上に乗るやつからせいぜいノートパソコンぐらいだろうと思ってたら、

DSC00610.jpg

もうゲージツ品です。私の背よりでかいのも。

        DSC00611.jpg

 ドイツ製もたくさん。ディスクも交換できるんだそうです。

 こんなオートバイ型もありましたよ。

DSC00615.jpg

 あと、なぜか小樽では硝子細工が盛んです。

 どーも、漁に使う網用の浮き球製造がルーツ。

DSC00573.jpg

 街中に硝子細工の店が氾濫しています。

DSC00563.jpg

 絵にはなります、昼も夜も。

DSC00397.jpg

 面白いのは、どの店も床が盛大に軋むんです。昔の小学校の廊下みたい。

DSC00402.jpg

 あと、このあたりは於古発川と言う川が道路の真中を流れているんですが、その上に風鈴がたくさん。

DSC00443.jpg

 この辺りには住みたくありません。

          DSC00569.jpg

 実はステンドグラスが好きで、退職したら教室にでも通ってみたいと思っています。

DSC00571.jpg

 あまり私好みのものはありませんでした。高いし。

          DSC00562.jpg

 とにかく床が軋む店が沢山。

DSC00600.jpg

 グラス・ムラノと言う工房で買ってきたぐい呑。前に松島で買ったぐい呑とちょっと似てるかも。

       R1057025.jpg

 ちょっとモネっぽい。

 一番大きなガラス工房は、北一と言う居酒屋のような名前で、何軒もショップがあるのですが、私が注目したのが此処。

DSC00603.jpg

 またまたぐい呑を二個ゲットしました。

       R1057024.jpg

 どうも色がワンパターン。
 どちらも試作品だそうです。
テーマ : 北海道  ジャンル : 旅行

Category: 美味いもん

Comment (12)  Trackback (0)

風景だけが売りではない

 今晩、国分町の元鍛冶丁公園で「ムーンライトパーティ」なるイベントがあり、上田正樹さんが出演するそうです。

 それから、いよいよ明日、一関から栗駒山へ駆け上がる国道がついに開通します。
 来週あたり行けたらいいな。


 小樽の飲み屋街。

     DSC00650.jpg

 ちょっと変なカブリが出ていますが、この横丁は映画「NANA」で二人のナナが歩いたそうです。

 結構賑やかそうに見えましたが、結局足は踏み入れませんでした、要は二日酔。

 北海道を代表する観光地小樽には、考えられる北の味は何でもありです。

17720009.jpg

 何が名物か、わからなくなってきます。

          DSC00576.jpg

 普通の通りにも美味しそうな看板が並んでいるのですが、改めて造られたミニ横丁のような場所も何箇所かありました。

DSC00405.jpg

 何を食べても美味しそうです。

     DSC00553.jpg

 小樽通の知り合い何人かにメールで質問したら、名前が帰ってきた店の一つに入ることにしました。

          DSC00446.jpg

 寿司屋通りの場末、JRの高架のそばにある、幸寿司。

 観光客におもねっていない佇まいには好感が持てます。

 一杯やるのに肴が欲しかったのですが、ここはストレートな鮨屋さん、刺し盛りしかありませんでした。

DSC00444.jpg

 鮨屋のカウンターで親方とサシで食べるのが苦手で、鮨は好きだけど、鮨屋は嫌いな私なんですが、やっぱり気まずく美味しいお鮨をいただきました。

 二貫ずつ出てくるのは、ブロガー向きかも知れないけど、私には撮れません。

     DSC00445.jpg

 ほとんど会話もなく、地酒もミニボトル一本だけでこの夜は終わりです。

 翌朝、ホテルの朝食には目もくれず、市場を目指して歩きます。北運河のそばに立つ可愛い市場、鱗友朝市。

DSC00486.jpg

 市民の台所です。

DSC00492.jpg

 朝市には定番の食堂、ここでは二軒のうちのひとつ、「味さき」にしました。

DSC00487.jpg

 蟹味噌汁付きの刺身定食、これはいけました。前の晩も居酒屋の方が良かったかなぁ。

DSC00489.jpg

 その後、足がパンパンになるまで散々歩きまわって、昼飯。

       DSC00654.jpg

 今度は、明らかに観光客向け宣材満載の「海月」。

 本日すしの日で、200円割引の特上寿司。

DSC00652.jpg

 美味しゅうございました、カウンターでも無かったし。

 土産物街にはメロンと並んでこんなものも売っていました。

       DSC00593.jpg

 近所のスーパーで売ってるアスパラの、倍ぐらいの太さ。安いのかな。
テーマ : 北海道のグルメ  ジャンル : グルメ

Category: 街角探検

Comment (4)  Trackback (0)

人間は考える運河?

 今日は満月、やはり大きな地震がありました。被害が少ないことを祈ります。


 地図を見るのが大好きな少年だった私は、運河といえば、最初にパナマ運河、スエズ運河を思い起こします。
 地峡と呼ばれる、陸のくびれた部分で、両側の海を真っ直ぐ繋いでやれば船が行き来できて、便利になるというのは明らかですね。

DSC00684.jpg

 ところが、例えばヴェニス、ヴェネツィアの運河はそうではありません、わざわざSの字型です。

 干潟を埋め立てて街を作ったときに水路として残った部分も運河と呼ぶのですね。
 オランダの運河もそう、あの国はほとんどが埋立地ですから、陸も川も人工です。

DSC00680.jpg

 英語のCanalの語源は葦だそうです。
 初めて河を造った、恐らくエジプト人あたりが、中空の茎から連想してそう名付けたのかも知れません。

       DSC00578.jpg

 日本語の運河、中国から来たものか、明治の日本人の造語かわかりませんが、言い得て妙。
 物資を輸送するために造られた人工の水路が運河です。

 仙台の貞山運河は、掘削されたものなのなのでしょうか、ここ小樽の運河は沖を埋め立てて島を造り、陸との間が運河となったもので、東京の京浜運河と似た生い立ちです。

DSC00587.jpg

 上の画像では、運河の左側にセーヌ川のような河畔の歩道と、見えにくいかも知れませんが、歩道の奥に四車線の道路がありまして、かつてはこの道路のところまでの幅を持つ運河だったそうです。

DSC00685.jpg

 今はその半分が埋め立てられて、狭くなっていますが、美しい観光スポットとして整備されているのです。

DSC00678.jpg

 元々このような運河が作られる場所は、浅い浜だったでしょうから、掘削と埋立は両方必要だったでしょうね。

 山の中腹に道路を通すのと同じ理屈。

       DSC00590.jpg

 夕闇が迫ると、だいぶ表情が変わってきます。。

       DSC00438.jpg

 被写体としての水面が大好きな私向きの場所。

DSC00421.jpg

 川沿いのライトアップもセーヌ川に似ています。

DSC00413.jpg

 しかし古い城郭や、神社仏閣教会が、後の人達の観光対象になることは昔の人も想像がつくでしょうが、こんな実用一点張りの運河と倉庫が名所になるとは、思いもよらなかったのではないでしょうか。

DSC00426.jpg

 カラフルな建物の部分はコペンハーゲンにも似ています。

DSC00416.jpg

 現在は倉庫として使われている部分は少なくて、特にこの区画は、レストランや居酒屋等の飲食店がほとんどでした。

DSC00436.jpg

 夕方から夜まで、少しずつ変化して行く空の色。

 運河周辺の雰囲気も変わっていきます。

DSC00429.jpg

 かなり暗くなって来ても、デジカメは性能がいいので、もう無理かなと思ってもまだまだ綺麗に撮ってくれます。

       DSC00427.jpg

 本当に良い所です。

DSC00432.jpg

 ちなみに一番端の倉庫は!!? びっくり!!

DSC00434.jpg

 びっくりドンキーです。地下駐車場までありました。
テーマ : 北海道  ジャンル : 旅行

Category: ロコモーション

Comment (8)  Trackback (0)

線路は唄うよいつまでも

 港町、特に大型船が出入りする古くからの港街は、坂が多い街ですね。

 神戸や、長崎、函館、横浜。バルセロナやリスボン、サンフランシスコもそうでした。

   DSC00550.jpg

 大型船が接岸する海岸は、海が深くなければならず、そんな地形は山から急に海へ標高が下がる場所しかありませんから。

 小樽もそんな街で、歩く観光客を坂道が暖かく迎えてくれます。

            DSC00616.jpg

 現在のJR函館本線はそんな街の平らな場所を避け、山手の中腹を走っているのですが、街なかの坂道を降りて行くと、平らになるかならないかの辺りでレールと交差するんです。

  DSC00554.jpg

 アスファルトで埋められているので、歩いている人には使われていないことはわかりますが、踏切の遺構も残されていたりするので、ドライバーには危険。

 一旦停止不要の看板がある場所もあるそうです。 

DSC00546.jpg

 立ち入り禁止の部分もあるのですが、単なる空地になっている場所にも、レールはちゃんと残っています。

DSC00545.jpg

 これは明治13年ですから、西南戦争の直後、京浜や阪神に続いて国内で三番目、北海道で最初に汽車が走った官営幌内鉄道の一部、のちの手宮線の線路なんです。

DSC00455.jpg

 当時の開拓使、黒田清隆が幌内の石炭を小樽に運ぶ目的で作った鉄道ですね。
 幌内、岩見沢、札幌、小樽のルート。
 現在は岩見沢から南小樽までが函館本線の一部となっていますが、両端は廃止されています。

DSC00457.jpg

 南小樽から手宮(旧小樽)まで一駅分だけの路線が廃止された後も、こうして市民の散歩道として残されているのでした。

DSC00664.jpg

 京浜や阪神の鉄道は英国式だったのに対し、幌内鉄道はアメリカ式だったそうです。
 ここに初めてアメリカ式の蒸気機関車を走らせた鉄道マンの子孫たちが、今新幹線をアメリカに売り込んでいるわけですね。

DSC00662.jpg

 坂の多い街には公園も少なく、貴重な緑道にもなっていますね、長閑です。

DSC00657.jpg

 100年前には、ここを石炭を満載した貨物列車が、がたんがたんと走っていたわけです。

DSC00659.jpg

 人気の観光スポットや土産物街と違って、街の人と旅人が同じ空気を吸って、ゆったりと等しい時間を過ごせる貴重な場所です。

DSC00656.jpg

 そしてこのどこまでもどこまでも続いている線路をたどって歩いていくと、野や山や谷は越えませんが、

DSC00516.jpg

またまたレンガ造り。

 これがすごい。

       DSC00518.jpg

 たぶん生まれて初めて見る、本物の転車台、ターンテーブルです。

DSC00501.jpg

 現役。

 鉄ちゃんじゃなくても興奮しますね。

       DSC00503.jpg

 電気やディーゼル機関車にはどちら向きでも運転しやすいものもありますが、蒸気機関車や除雪車には方向性があり、線路上で向きを変えるためのポイントです。

DSC00507.jpg

 国の重文ですよこの機関車庫。SLも置いてありますね、これが国産弐号機、1895年製の「大勝号」小樽産です。

       DSC00504.jpg

 こちらは今でも動く、1909年製、アメリカ産の「アイアンホース号」鉄馬ですね。
 
DSC00514.jpg

 走行準備中でした。

       DSC00512.jpg

 ここ、旧手宮線の終点手宮駅周辺は、小樽市総合博物館として展示公開されているのでした。

DSC00537.jpg

 広い敷地に、多くの機関車、貨車、客車が展示されています。実に無造作に、異常な数が。

DSC00539.jpg

 全部、乗れるんです。

DSC00499.jpg

 屋外だけでなく、屋内展示もあります。

 幌内鉄道が開業した5年後に実際に走っていた「しずか号」

DSC00497.jpg

 実に美しい車体です。

 最初に走ったのは同じ7100系の「義経号」「弁慶号」だったらしいのですが、名前もその流れですね。「光圀号」というのもあったとか。

DSC00520.jpg

 館内には、幌内鉄道建設の歴史を見せるジオラマなんかもあって、実に楽しいのですが、ちょっと金をかけすぎかもと感じるのは事業仕分け中継の見過ぎでしょうか。

DSC00522.jpg

 石炭はこんな風に運搬船を鉄橋に横付けして積み替えたようです。

DSC00523.jpg

 転車台の模型、子供の頃から博物館で動く模型の前のボタンを押すのが大好きだったのですが、この子に独占され押させてもらうことは出来ませんでした。

DSC00526.jpg

 時間があれば本物のSLの走行や転回を間近で見ることが出来ます。
テーマ : 北海道  ジャンル : 旅行

Category: 街角探検

Comment (6)  Trackback (0)

北前船の終点

 先日、初めて小樽を訪れることが出来ました。

DSC00666.jpg

 定番ご当地マンホールには、なぜかラッコ。

 日本銀行旧小樽支店。明治45年、1912年の建設、私の祖父母と同世代です。

DSC00450.jpg

 今は金融資料館ということで、お金の展示館になっています。

 建物以外で目を惹いたのが金庫の扉。

       DSC00558.jpg

 旧北海道銀行本店。日銀と同時期に建ったそうです。今は小樽バインと言うワイン屋さん。

DSC00449.jpg

 旧三井銀行小樽支店。

DSC00459.jpg

 昭和2年に、小樽で初めて造られた鉄筋コンクリート建築で、2002年まで実際に使われていたそうです。

 萌黄色。

DSC00464.jpg

 アールデコ様式の、小樽商工会議所。使われていると思いきや、

DSC00465.jpg

売りに出ています。昭和8年竣工ですから、私の両親と同じ昭和一桁。

DSC00466.jpg

 かつての商店街なんでしょうか。

 そう、小樽は江戸時代、関西から、新潟、酒田を経て、松前、函館に寄った北前船の終点だったのですね。

DSC00467.jpg

 明治維新後も、石炭の積み出しで港町として栄え、さらに日露戦争の勝利で、樺太への玄関口として、国内屈指の重要港になったそうです。

DSC00471.jpg

 龍馬伝に登場する若者たちが、鎖国を破って世界へ向けて羽ばたいた時代の勢いが感じられる街並みです。

DSC00476.jpg

 まだまだ現役のビルもたくさん。

DSC00469.jpg

 旧安田銀行小樽支店のビルには、居酒屋チェーン花ごころが入っています。

DSC00477.jpg

 どんな形でも、古いものを遺してくれるのが嬉しいのです。

DSC00474.jpg

 そして日銀と並んで立派なのが、旧日本郵船小樽支店。明治39年落成。

DSC00496.jpg

 当時は札幌ではなく、小樽が北海道の経済の中心だったことを示す素晴らしい建築ですね。

       DSC00541.jpg

 中山美穂と豊川悦司が主演した「ラブレター」の撮影場所だそうです。

DSC00542.jpg

DSC00493.jpg

 もちろん酒蔵も。

DSC00544.jpg

 そして目抜き通りに並ぶ土蔵造り。

DSC00594.jpg

DSC00596.jpg

 質実剛健な東北の土蔵石蔵と比べて、豪華と言うか、アクセサリーが多いように見えますが、最近になって加えられたものかも知れませんね。

DSC00597.jpg

 硝子細工のお店や、カフェ、土産物屋さんなどが入っています。

DSC00601.jpg

 実際はもっともっと派手で賑やかな、典型的観光地っくな街並みなんですが、あえて落ち着いた佇まいを切り取ってみました。

DSC00605_20100525063234.jpg

 この最後の絵なんて、電線さえ無ければ、ヨーロッパの風景じゃないですか。

 違うか、向こうが小樽みたいなのかな。
テーマ : 北海道  ジャンル : 旅行

Category: 街角探検

Comment (4)  Trackback (0)

がっかり名所に参内

 今回の旅は経路と時間を追うロードブログ形式ではなく、テーマ別にお送りしています。


 先日日本三大がっかり名所について触れましたが、早速訪問するチャンスが訪れたのでした。

DSC00281.jpg

 いわゆる札幌市時計台。ビルの谷間の可愛らしい建物です。

 明治11年、1878年建設、大時計は明治14年設置だそうです。

     DSC00283.jpg

 バックのビルが入らない場所を正面で探そうとすると、そこは4車線の道の真ん中、轢かれます。

 ポプラ並木を通り抜けた先あたりに建っていて、広い北海道の牧場を見下ろすイメージなんですが、コンクリートジャングルの真っ只中、周りの建物のほうが高いので、みんながっかりするというわけなんです。

          DSC00323.jpg

 斜め前に、写真撮影用の足場があったので、上って撮影してみました。

     DSC00324.jpg

 変わり映えしません。
 どうも被写体の方がここに上るようです。

DSC00330.jpg

 まぁ、工夫次第でビルが入らない角度はすぐ見つけられます。

       DSC00322.jpg

 昔ベオグラードやブカレストに行ったときには、目立つ大きな建物についていた、赤い星、レッドスターが目立つ建物です。どうしてでしょう。

 ところで、札幌市内の交差点、歩車分離式の場所が多いんです。

 ゼブラゾーンは無いのですが、いわゆるスクランブル交差点と同じ信号のローテーション。
 いきなり始まる歩行者天国、ちょっとビビリます。

DSC00321.jpg

 大通り公園へ。

           DSC00331.jpg

 ライラック祭りが始まっているのに、

DSC00332.jpg

咲いているのは八重桜。
 ぐるっと回って一番開いていたライラックはこの木でした。おばちゃんたちと並んでパチリ。

DSC00333.jpg

 満開は翌週ぐらいだったでしょうか。

 イサムノグチのモニュメント、ブラックスライドマントラ、すべり台とも言います。

DSC00337.jpg

 一番東の端に、これまた佐藤忠良さんのブロンズ像があるのですが、そこまで回れなかったので、大通公園のHPから画像を無断借用です。「若い女の像」。

       若い女の像


 大通公園を後にします。

 まだまだ見たい建物はいっぱいあったのですが、今回はこれで最後。

DSC00389.jpg

 北大の近くにある、清華亭。

          DSC00387.jpg

 明治13年建築、開拓史のいわば迎賓館です。明治天皇も訪れたとか。

DSC00386.jpg

 外観は洋風ですが、内部は和風ですね。

DSC00392.jpg

 札幌駅のすぐそばにありました。昔はここからも時計台が見えたのでしょうか。


 自分用のメモ&リンクですが、見たかった場所を遺しておきます。

 札幌市資料館(上の彫刻のバック)
 札幌農学校第二農場(モデルバーン)
 豊平館@中島公園
 サッポロビールレンガ館開拓使麦酒醸造所
 北大北方生物圏フィールド科学センター植物園博物館本館
テーマ : 北海道  ジャンル : 旅行

Category: 空花鳥風月雲

Comment (4)  Trackback (0)

まだまだ桜前線上

 北海道には道南を除いて染井吉野が少ないそうで、桜開花の標準木は、千島桜や大山桜、蝦夷八重桜とのこと。

 ここ札幌市内の八重桜も、まさに満開でした。

DSC00338.jpg

 某局のマイクロ鉄塔が覗いています。

DSC00343.jpg

 街の真ん中のオアシスみたいな公園。市民が繰り出していますね。

DSC00342.jpg

 並木の向こうに印象派チックな池まであります。

DSC00341.jpg

 極楽極楽、本当に天国のようです。

DSC00348.jpg

 桜に、青葉、そしてイロハモミジ?

DSC00362.jpg

 あれっ? なにやら立派な塔が水面に映っていますね。

DSC00360.jpg

 大得意の旧官庁シリーズ。

 素晴らしい。

       DSC00356.jpg

 明治21年建設の、旧北海道庁本庁舎、通称赤れんが庁舎です。

DSC00379.jpg

 内部も無料で見学できます。

       DSC00380.jpg

 重厚です。

DSC00383.jpg

 記念写真を撮るのはこの辺がよさそうですね。

DSC00373.jpg

 染井吉野に似た桜も満開でしたが、これは霞桜という品種だそうです。

DSC00384.jpg

 宮城から青森まで、今年はずいぶん桜を見ることができましたが、まだまだ桜前線は国内を北上中ですよ。
テーマ : グルメ♪食の記録  ジャンル : 旅行

Category: 美味いもん

Comment (12)  Trackback (0)

最初は、どさん子

 高校に入ったぐらいだから、たぶん40年ぐらい前、東京にいきなり札幌ラーメンチェーンが登場しました。

 たぶん「どさん子」だったと思うのですが、他にもどさん娘やら、どさん子大将やらもあり、どれが元祖だったのか、今ではよくわかりません。
 数年で一大チェーンとなりどこでも食べられるようになったのでした。

 味噌ラーメンも初めてだったし、鶏ベースでガツンと来る味、太い麺にバターやコーン、カウンターのニンニク。カルチャーショックと言うのはこういう事だと感じたものです。

    DSC00293.jpg

 それで先週、札幌に行ったので、まずは昼に駅前ESTAビルにある、札幌らーめん共和国

CA3A0001mc.jpg

 仙台にあった、ラーメン国技場を彷彿とさせるフロアです。

CA3A0002_20100523090344.jpg

 道内から集結したラーメン店が八軒。

 客層は札幌駅に到着したビジネスマンと、道産子修学旅行生がメインです。

          CA3A0003_20100523090344.jpg

 場内には何故か万国旗。

 私は「大心」が美味そうだと主張したのですが、押しの強い道連れがカップラーメンで見たことがあるとか言うわけの分からない理由で「けやき」へ。

CA3A0007m.jpg

 どこも満員でしばし待たされますが、店のおねぇさんがメニューを見せてくれていろいろ説明してくれるので、飽きることはありません。

          CA3A0006_20100523090344.jpg

 この後人に会うのにうっかりネギラーメンを注文してしまいました。無料ライス付き。

CA3A0008_20100523090444.jpg

 味噌と言わなくても味噌ラーメン。

   CA3A0010_20100523090444.jpg

 食いきれませんでした、無料ライス。

 時は過ぎて、夜は当然、すすきのへ。

          DSC00292.jpg

 この時期が旬なのかよく知らないのですが、いきなり毛ガニと蟹味噌です。まァ喧しい人ばかりだからね。

DSC00284.jpg

 でもよくしゃべる人は、やっぱり一般的には蟹には手をつけないんだそうです。

 定番の刺し盛り、みんな美味しくて、これだけでもう私は十分。

DSC00285.jpg

 参考までにお店は「ほっ貝亭」。飲み放題の冷酒、三種類のうち一つが、一ノ蔵なのには嬉しいやら悲しいやら。

 二次会でまた、しこたま呑んで〆のはずが、業界の大先輩に拉致されては、追いていくしかありません。

          DSC00301.jpg

 先輩がとっとと上って行った階段の先は「すみれ」。
 仙台にもある「純連」の、関連筋なんですが、これもどっちが元祖なんだかとてもわかりにくいのでした。

  ※追記:すみれと純連の系譜がさすがサエモンさんの旧ブログにありました。こちらです、御覧下さい。

 ここも深夜0:33に順番待ちなんですけど、食券機制なので、待ちながらこのきれいなおねェさんに切符を渡します。

DSC00304m.jpg

 これを食べに札幌に来たような、先輩が注文した味噌。

DSC00309.jpg

 私のしょうゆ。

 味噌の方がわりと普通に仙台でも食べられるんだけど、札幌風のしょうゆはあまり無いような気がして。

DSC00305.jpg

 こまいことは覚えていませんが、旨かったです。

DSC00306.jpg

 麺が黄色いのは、玉子麺だからなんですかね。

       DSC00331.jpg

 そして翌日の昼、大通公園のほうの店に行って見ました。西のほうにある「千寿」。

DSC00336.jpg

 ほとんど常連風の人しか入りそうもない庶民的な地下にあるお店です。相席で満席、待ってる人も。

DSC00334.jpg

 胃がアレだったので、またしょうゆ、意味不明。札幌のメンマはどこも細切りです。

DSC00335.jpg

 前の二軒よりかはストレートな麺。

 これも美味しかったです。

 ぜんぜん説明になっていなくてすみません。
テーマ : ラーメン  ジャンル : グルメ

Category: 生活

Comment (3)  Trackback (0)

Happy Life Factory

 北海道の置戸で木工の工房を開いている、従弟Snowgooseの製品を扱うネットショップがリニューアルされました。

HappyLifeFactory.jpg

 ↑クリックすれば、ショップサイトが開きます。
 職人の想いがこもった、木の温もりを、ぜひ手にとってみて下さい。
テーマ : ハンドメイドの作品たち  ジャンル : 趣味・実用

Category: アルコホリック

Comment (2)  Trackback (0)

今週はこの一本(磯)

 先日呑みに行く途中、仙台公済病院の入口で、佐藤忠良さんの彫刻を見つけました。「翠」。

       CA3A0001_20100519202645.jpg

 色ッペーーですね。

 一方今週の酒はこれなんです。

L1010400.jpg

 小豆島、あの二十四の瞳の島の酒。森國酒造の「磯松」無濾過特別純米。辛口の端麗なお酒です。

 アテは、秋保で買ってきたあおばたざる豆腐。

R1057009.jpg

 翌日は、竹とうふ。

          R1057019.jpg

 冷奴が美味い季節になって来たのでした、一年中食べるけど。

R1057021.jpg
テーマ : 日本酒  ジャンル : グルメ

Category: 美味いもん

Comment (6)  Trackback (0)

大町良いとこ一度はおいで♪

 ある日、ニコルで大人呑み。

DSC00279.jpg

 初めて来た時の記事はこちら

 以前は、がららと言うお店があった場所。

 もう少し暖かくなると、表の戸がフルオープンになります。

DSC00274m.jpg

 お通しはサゴシ(?)、サワラの子の南蛮漬けかな。のっけから好み。

DSC00263.jpg

 メニューの種類は限られていますが、ご夫婦で出せる無理のない厳選された品数。

DSC00275mc.jpg

 お店のブログを読んで、一番食べたかった、ホヤのオイル漬け。

       DSC00264.jpg

 これに合わせて、生ビールのあとアルザスの白ワインを飲んでます。

 もうひとつ食べたかったサクラマスのマリネサラダは準備中。

 ここは美味しいだけでなく、お皿が凝っていますね。

 そら豆のチーズベーコン。

DSC00266.jpg

 ししゃものスモーク。

DSC00267.jpg

 このあたりから、オススメの日本酒。

DSC00271_20100518064719.jpg

 大阪の秋鹿と、香川の凱陣。

 マスター、今週はこの二つの酒蔵を訪問するそうで、お休みです。

       DSC00269.jpg

 この日の大当たりはこれ、山うどのもち豚巻き。やっぱり肉は旨い。

DSC00268.jpg

 〆はラーメンじゃなくて、横手焼きそば。

DSC00276.jpg

 ぶらりと立ち寄って、のんびり大人呑みしたいニコルですが、相席はさせないし、人気があるので予約した方が良いみたいです。

DSC00280.jpg

 大町良いとこ一度はおいで♪
テーマ : こんな店に行ってきました  ジャンル : グルメ

Category: カメラ

Comment (5)  Trackback (0)

クラシックカメラマン86

 今日紹介するのは、LeicaのM4-Pです。

R1057011.jpg

 名機M3には広角レンズのファインダーがついていなかったことから、35mmの画角を見られるようにするとともに、ややコストダウンを図ったM2、このM4はそのM2の後継機ということになるのですが、M3の後継にあたるモデルは造られなかったため、M4は両機の後継機と言うことも出来ると思います。

 M4の発売は1967年、M5が1971年。両機は1975年に製造中止となり、空白の期間を経て1978年に発売されたのが、M4-2で、そのM4-2に28mmのファインダーまで組み込んだのが、1981年発売のM4-Pなんです。

R1057015.jpg

 セルフタイマーも省略されているし、露出計も非内蔵。必要な場合は最初の画像のように外付けです。

 1980年頃のプロ用のカメラはこれでよかったのでしょうね。

R1057017.jpg

 同じブラックモデルのM4-2との2ショット。

R1057013.jpg

 非常にバランスが良い優れたデザインですが、ライツバッジが付いているのは、M4-Pの方だけ。当時の会社の事情でしょうか。

R1057016.jpg

 どちらもカナダ製です。

R1057014.jpg

 このカメラを初めて持ち出したのは、ゴールデンウィークの庄内ツーリング

94940003.jpg

94940022.jpg

 上の光漏れの理由は不明ですが、実は24枚撮影してフィルムを巻き戻すときに、リリースレバーが完全に切り替わっっていなかったようで、クランクをちょっと回したら内部で、ブチッ。すこすこすこ。

94940001.jpg

 パトローネ側でフィルム端を切ってしまったのです。ライカの巻戻しクランクは、M4から斜めに配置され、回しやすくなったのですが、効果バツグン。軽く回しただけのに。

94940018.jpg

 それでいつものホワイト急便では対処出来そうも無いので、ちゃんとした写真屋さん、大学病院横の吉田カメラへカメラボディごと持ち込み。

94940013.jpg

 暗室で、開けてもらい、別のパトローネに巻き取ってもらいました。

       94940016.jpg

 それで今回はその写真屋さん、吉田カメラで現像とCD焼きをやってもらったのでした。

94940019.jpg

 どちらも出来るフォルダのプロパティには、NORITSU KOKIと言うカメラの製造元が表示されます。

94940026.jpg

 ホワイト急便だと画像サイズは、1940x1287。吉田カメラだと、3089x2048です。

94940008.jpg

 料金は1000円ちょっとだったと思いますが、早い時間に持ち込めばその日中に出来ます。

94940005.jpg

 おまけに何故かフィルムを一本もらえるんです。

R1057010.jpg

 デジカメ撮影をお楽しみの皆さん、もし家にフィルムカメラが在ったら、一度試してみて下さい。
テーマ : ライカ・マウント・レンズ  ジャンル : 写真

Category: 空花鳥風月雲

Comment (4)  Trackback (0)

さらに萌黄と花と蕎麦と豆腐

 天守閣自然公園を散策したあと、秋保の蕎麦を食そうと思い、んまいもんinみちのくで注目していた「野尻亭」を探します。

 でも見つかりません、おばあちゃんが一人で切り盛りしていたお店、近所のこれもおばあちゃんに聞いてみたら、閉めちゃったそうです、残念。

 それで草庵へ。空は晴れてきました。

CA3A0002_20100517064508.jpg

 この無国籍な建物が好きです。

 以前来た時と、内部の画像はこちら

       CA3A0003_20100517064508.jpg

 盛りそばの大盛りだけでは足らないかと思い、あげ蕎麦まんじゅうなどと言うものを頼んでしまったのですが、これが餡入り(当然か?)。参った参った。

 その後、定番、近くの大滝へ。

IMGP1081.jpg

 そこら中萌黄色です。

       IMGP1082.jpg

 秋保大滝も恐らく一番水が多い時期。マイナスイオンも最高値かも。

IMGP1086.jpg

 神社の境内でもイチョウやモミジの若葉やら、

       IMGP1093.jpg

シャクナゲやらに癒されます。

IMGP1080.jpg

 隣の仙台市秋保大滝植物園にも侵入してみることに。そうこのあたりまだ仙台市内なんですよね。

IMGP1149.jpg

 八重桜系の桜がまだ綺麗に咲いていました。

 入場料200円。

       IMGP1140.jpg

 美しいツツジだかサツキだかの若葉。

IMGP1143.jpg

 植物園には、花の名前が書いてあるのがブロガー的には◎。

 モクレン
IMGP1095.jpg

 ツツジ
     IMGP1147.jpg

 ゴヨウツツジ
IMGP1099.jpg

 サトザクラ
IMGP1102.jpg

 ハナズオウ
       IMGP1105.jpg

 マメ科の植物らしいのですが、藤と同じですね。

 またまた、シャクナゲ

IMGP1109.jpg

 そしてそして、またまた、若葉のオンパレードです。

IMGP1113.jpg

IMGP1119.jpg

 新緑を味わうだけなら、特にお金を払って植物園に入らないでも可能なはずで、歩いてもっと本当の自然を味わうべきなんでしょうね。

IMGP1122.jpg

IMGP1129.jpg

IMGP1131.jpg

 池にはオタマジャクシ。

IMGP1135.jpg

 太田とうふ店で、竹とうふを買って帰宅しました。

CA3A0005_20100517065022.jpg
テーマ : 仙台  ジャンル : 地域情報

Category: 空花鳥風月雲

Comment (5)  Trackback (0)

萌黄色をもとめて

 この週末、とにかく萌黄色の樹々が見たくてどこか自然が豊かなところへ。

 まあ仙台周辺ならどこへ行っても自然が豊かなんですが、ちょうど風写隊でキャンプをやろうかという企画があり、秋保の天守閣自然公園へ行ってみました。

 車で市内から小一時間。

 なぜ天守閣という名前なのか、さっぱりわからないのですが、秋保温泉の西のはずれ、名取川の渓谷に沿って、ロッジ村、カフェ、蕎麦屋にオートキャンプ場、立ち寄り湯やテニスコートと共に、花が豊かな庭園があるというのです。

       IMGP0990.jpg

 入園券は400円。これだと足湯まで入れます。

IMGP0983.jpg

 スプリンググリーンを見たいだけの私にはそれだけで十分。

IMGP0989.jpg

 始めから赤い葉が出てくる、イロハモミジが彩りを添えます。

IMGP1033.jpg

 この時間はちょっと曇っていて、思ったような絵が撮れません。

IMGP1046.jpg

 園内にはいくつも池があって、もうすぐ睡蓮の季節もやってきそうです。

IMGP1065.jpg

 今はツツジが満開。

IMGP0996.jpg

 微妙に色合いが異なるツツジ達。

IMGP1011.jpg

IMGP1017_20100517054121.jpg

IMGP1048.jpg

 ホバリング上手なマルハナバチも、跳梁跋扈してました。

IMGP1057.jpg

 カルガモのペア。

IMGP1019.jpg

 まだコガモは見えませんでした。

 池の周辺の葉っぱは、水芭蕉でしょうか。

IMGP1020.jpg

 シャクナゲ。

IMGP1027.jpg

 藤はまだまだですが、白藤は開花していました。

IMGP1071.jpg

 藤とは種が異なるのでしょうか。

    IMGP1067.jpg

 ここでもマルハナバチが飛び回っていました。

        IMGP1069.jpg

 鳥の鳴き声がしていたので探すと、

IMGP1060.jpg

シジュウカラでしょうか。

 のんびり散策が楽しめる自然公園です。

IMGP1076.jpg
テーマ : 仙台  ジャンル : 地域情報

Uhr
天気予想
2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウントダウンタイマー
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: