風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 美味いもん

Comment (6)  Trackback (0)

茹でてもすごいんです

 昨日の夜の空。

IMGP0840.jpg

 見事な満月。やはり地震がありました。

 同じ月に二度目の満月はブルームーンと呼ぶそうです。でも少し黄色い。

P1030352cc.jpg

 ムーンフェイスのサイクルは約29日。だから2月以外は、月初と月末にに同じ形が二度見られるわけですね、それが今月は満月だったわけです。



 横浜に住んでいる友人が風車の写真を送ってくれました。ハマウイング。

                    090714_164705.jpg

 どこにあるんだろう。米軍基地内らしいのです。



 そして以前、千葉に引っ越したおおさんから送ってもらった落花生。
 冷凍庫に眠っていたんです。

   L1010291.jpg

 レンジでチンしていただきます。

L1010292.jpg

 中が柔らかいので、普通に割ると滅茶苦茶に。そうっと開けます。

 わかりますかねぇ。不思議な透明感。

L1010293.jpg

 ホンワカした食感は、栗に近いものがあります。

L1010294.jpg

 そのままでもいけますが、サラダに入れるのもいいかも。
テーマ : ご当地名物  ジャンル : グルメ

Category: 空花鳥風月雲

Comment (7)  Trackback (0)

梅は咲いたよ

 今朝の仙台、美しい朝の空ですが、雲がないと絵になりませんね。
 でも、ぴーーーひょろろろろろ、トンビがくるりと輪を描いています。

L1010304.jpg


 北国にもなんとか花の季節が到来しました。

IMGP0828.jpg

 宮城県南、大河原町堤にある、梅団地。

IMGP0801.jpg

 河北ウイークリーせんだいに載っていたので、初めて来てみたのです。

IMGP0804.jpg

 3000本の梅が植えられているそうなのですが、白加賀とか、南高って、要するに梅の実を取るための梅林ですね。

IMGP0811.jpg

 構内は一方通行ですが、車で通り抜けられる様になっています。

IMGP0806.jpg

 と言っても、週末の日曜日なのに、私以外だーれもいません。

IMGP0814.jpg

 梅の木の間を通り抜けながらふと下を見ると、

IMGP0823.jpg

たくさんの割れた種。鳥が食べて落としたものでしょうか。種塚。

IMGP0824.jpg

 木の種類によって咲き始めから満開のものまでいろいろ。

IMGP0827.jpg

 天気が良ければお弁当持ってくる人も居るのかな。

IMGP0829m.jpg

 紅梅はほとんど無し、実が取れないのかな。

 これも農家の庭先です。

IMGP0836.jpg

 この後、やはり河北ウイークリーに載っていた、角田市の豊室果樹団地を探しましたが、見つからず、金蛇水神社を参拝したあと、市内に戻って昼飯。

 梅ならぬ、桃源花で、黒胡麻坦々麺。683円。

CA3A0001_20100328170839.jpg

 帰宅してイーグルスとスワローズの応援です。
テーマ : 宮城県  ジャンル : 地域情報

Category: 美味いもん

Comment (4)  Trackback (0)

消えてほしくないもの

 イーグルス、ずるずると負け続けていましたが、昨日はやっと勝利。スワローズもジャイアンツに連勝したし、ベガルタもアウエーで、日本を代表する強豪のガンバとドロー。良い日曜日でした。

 今朝の仙台はまた雪がうっすらと積もっています。

L1010299.jpg

 雪には早く消えて欲しいもの。


 大人の休日倶楽部、会員パスの2010年度、利用期間がやっと発表されましたが、ぬぁぬぁぬぁんと、二回だけ。

 なめとんのかー。責任者出て来ーい。
 怒れ中高年! 暴動だーー!!

 何千円も年会費はとってるし、これまでは年4-5回あったのにぃ。
 二回かよ。それも梅雨と1月中旬。

L1010209.jpg


 先週金曜日も送別会でした。

 会場はまたホテル。今年はハイソです。
 料理は美しいけど、飲み放題の日本酒は銘柄不明。
 仙台国際ホテルの「貴仙」で一次会。楚々とした仲居さん達を前に、思いっきり場違いなヤツらが大騒ぎ。
 失礼しました。

 二次会は適当にバラけて、我らはど真ん中ストライクの「月あかり」へ。
 大人気と見えて、しばし順番待ち。
 軽く地酒を。
 翌日も仕事のカメラマンがいたので早めに上がり。

 青葉通をとぼとぼ歩き始めると。

CA3A0004cc.jpg

 挑戦的な赤暖簾の屋台ですよ。
 食っていけよって?

 暖簾をめくったら、席が半分ほどしか埋まっていなかったので、ちょっとお邪魔虫。

CA3A0005_20100328162936.jpg

 いきなり、支那そばって雰囲気ではなく、自然な流れで最後に残ったおでんとコップ酒。

CA3A0006_20100328162935.jpg

 冷静に帳面をつけるおかみさん。

 先客グループが帰ってしまい、客は私だけ。

 仙台の屋台の将来展望について語る親父さん。(内容は覚えていません)

               CA3A0007_20100328162935.jpg

 仙台の広い歩道に、屋台は似合うと思うのです。無くさなくても良いのでは?

 あとから来たお客さん達。

CA3A0008m.jpg

 あれま。いきなり、支那そば注文してるよ。

CA3A0010m.jpg

 3人なのに4個かよ。

 と思ったら、一個はわたし用でした。おかしいな。

CA3A0012_20100328163006.jpg

 ネギとメンマのバラケ方が、思いっきり屋台。ごちそうさまでした。

 罪滅しに30分かけて歩いて帰りました。

 めでたしめでたし。
テーマ : こんな店に行ってきました  ジャンル : グルメ

Category: 美味いもん

Comment (5)  Trackback (0)

櫻は まだまだ

 テレビではもうずいぶん花見の話題が放送されていますが、まだまだ寒い仙台。

 3月14日の蕾です。

R1056841.jpg

 今朝はもう、ビアガーデンオープンのニュースも。
 まるで異国の話のようで、疎外感を感じます。

 16日に開花しました。

            R1056847.jpg

 そして昨日、3月27日に満開です。

L1010297.jpg

 でもこれ、沈丁花なんです。良い香り。

 そうです。仙台の街では、やっとベランダの沈丁花が咲きました。


 春は、まだまだ。櫻も、まだまだ。


 そんな春は別れの季節。

 先週は送別会が二度ありました。
 一回目は水曜日。
 国分町の、ホテルリッチフィールドの地下にある「くいもんや 伝」。

 この地下で、行ったことがあるお店はたぶん4軒目なんですが、良いお店ばかり。安いお店はありませんが。

       CA3A0001_20100328061100.jpg

 仙台での生活は10年目に突入しているのですが、ここで初めての味。

 牛たん味噌鍋です。

 いったん蒸した厚切りの牛たんがたっぷり入った味噌鍋。

CA3A0002_20100328061100.jpg

 脂も抜けていて、おじさんおばさんには最適かも。

 春は宴会の季節ですが、仙台では未だ鍋がメインなんです。

CA3A0003_20100328061100.jpg

 上は〆のプレートです。

 その後、二次会は「暖風」に行ったのですが、臨時休業。結局おでんの「三吉」へ。
 閉店まで粘り、歩いて帰宅しました。


 そして今日の仙台、最高気温の予想は4℃。

 沈丁花の花言葉は「栄光」「不死」「不滅」「歓楽」「永遠」。

 櫻が待ち遠しいのでした。
テーマ : こんな店に行ってきました  ジャンル : グルメ

Category: ドライブ

Comment (6)  Trackback (0)

癒されっぱなしな旅でした

 今朝は二日酔いです。

 毎度ご案内していますが、当ブログには別館のBBS、掲示板があります。特定の記事に関するコメント以外、当ブログ読者に送るメッセージ、おもしろ画像の報告等に、ご利用下さい。


 先週末のツーリング報告、引っ張りすぎで息切れしてきましたが、最終回です。

 悪天候の日曜日、のんびり酒田か鶴岡の街を歩こうかと思っていたのですが、取りやめ。

 水族館を見学したあと、鶴岡のJA施設、庄内おばこの里「こまぎ」で買い物です。 昨年も来ました

P3210161.jpg

 ビッグな朝飯を食べた後なので、トライしませんでしたが、孟宗汁が食べられます。

P3210160.jpg

 月山道路で山形盆地へ。雪が降っていました。

L1010262.jpg

 寒河江で高速を降り、天童にある毎度お馴染み蕎麦屋さんへ。

L1010282.jpg

 もう何度も登場していますね。

 葭簀の上のところにぶら下がっている白いもの何ですか? 触ったらお餅みたいな感触でしたが。

L1010281.jpg

 いつの間にか、ご夫婦でブログも始めていました。

L1010266.jpg

 薪のストーブで店内はあったか。

          L1010279.jpg

 土間がある家、良いですね。

 この日は土蔵の座敷も開いていて、ご夫婦は大忙し。

L1010269.jpg

 今回もパラゴン前の特等席です。この日はハープの演奏が流れていました。

 ビッグな朝飯の影響は未だ残っていて、普通の相盛りだけを注文。

L1010273.jpg

 香りが強い、更科のざいご蕎麦。

     CA3A0019.jpg

 挽きぐるみのざる蕎麦。

L1010275.jpg

 蕎麦湯の鉄瓶。

       L1010278.jpg

 全てが完璧です。

 この後もう一回天童の道の駅で買い物し、奥羽山脈を越えたら宮城は晴天。

 LYNX GARAGEでコーヒーを御馳走になって早めに帰宅しました。

 今回の収穫。山形ツーリングは買い出しツアーでもあるのでした。

L1010284.jpg
テーマ : こんな店に行ってきました  ジャンル : グルメ

Category: 空花鳥風月雲

Comment (4)  Trackback (0)

クラネタリウムの、Jellyfish

 庄内、鶴岡、湯野浜と来れば、温泉と食事以外の楽しみは此処です。

DSC00271.jpg

 小さな小さな、加茂水族館。

 上の写真は2005年に行った時のもの。今回は暴風警報下で、外では写真どころではありませんでした。

P3210099.jpg
                     by E-P1@ISO1600

 上は、マアジ、下はサケの稚魚。放流前のものでしょうか。

P3210101.jpg

 ホッケ。

P3210103.jpg

 そして、華麗に泳ぐカレイ。それを眺める加齢オヤジ。

P3210107.jpg

 そう、地元の魚ばかりなんです。それも食えるやつが多い。

 観光客を集めるためと言うよりも、庄内の子供たちに地場産品とも言える、生きた魚たちを見てもらうための水族館なんですね。

P3210113.jpg

 加茂水産高校も隣にあるので、高校生たちの力も借りて、低コストで運営している水族館なのかも知れません。
 ニモやマグロはいませんよ。

 目の前の海と、流れ込む河川にいる魚だけ。

P3210089.jpg

 でもそれだけでは、入場料700円(宿泊者100円割引)はチト高い。

 だからと言うわけではないのですが、いつの間にやら世界一の展示数になってしまったクラゲたちが見られるのでした。

P3210138.jpg

 これは癒されます。

 ベンチが設置されている水槽もあるので、日がな眺めていることも可能。

P3210127.jpg

 細かい塵のようなものは、餌のブラインシュリンプのようです。

P3210120.jpg

 ふわふわふわふわ、一日中なのかな。

P3210121.jpg

 クラゲだけは、外国から採取されてきたものも居ます。

P3210129.jpg

 スターウォーズの戦闘艇みたいなクラゲ。

P3210145.jpg

 生まれ変わったらクラゲになりたくなりますよ。

P3210159.jpg

 虹色の電光が走るクラゲもいます。

P3210146.jpg

 来週、ノーベル賞を受賞した下村先生が、初めて来館されるそうです。館長、嬉しいだろうな。

P3210147.jpg

 一応これも子供たちのために、アシカやオットセイのショーも有りますよ。
テーマ : ☆水槽の中☆  ジャンル : ペット

Category: 美味いもん

Comment (5)  Trackback (0)

またまた庄内太り

 お楽しみの夕食です。

 じゃじゃじゃーん、来ました来ました。
 部屋食ではありませんが、食堂をパーティションで仕切ってくれています。

L1010243.jpg

 左上は釜飯、30分待ち。右側は平田牧場の三元豚のしゃぶしゃぶと煮物です。

 そして中央の、もってのほか、胡麻豆腐、紫芋の手前のレンゲに盛りつけてある中華くらげ。

L1010243c.jpg

 普通より歯応えが強くて、イケルのですが、これ、越前クラゲなんだそうなんです。
 もっと欲しい。

 茶碗蒸しも中華風あんかけ。

 そして、庄内浜に上がる紅ズワイ蟹。

L1010244.jpg

 足はちょっと細いけど、蟹味噌はたっぷりでした。

 酒はもちろん栄光冨士。初めてお目にかかる、なまいき、という生酒です。もちろん美味い。

L1010247.jpg

 そして、そして、すべて地物の刺し盛り。

L1010245.jpg

 左上から時計回りに、生ホタテ、サザエ、カンパチ、ヒラメにテンコ(?メバル)だったかな。
 そして北寄貝と活ダコです。

 ここまでは和風ですが、ここから洋風。

 赤紫蘇ゼリーに黒豆と、ホタテ焼き、名前が覚えられない手造りソースが◎。

L1010248.jpg

 二本目の酒は、酒田産の菊勇。三十六人衆の酒蔵でしょうか。
 栄光冨士より濃厚でした。

 そしてこれも白身魚のフライ、何だったっけ。ソースも含めてんんまいです。

L1010249.jpg

 この辺で、釜飯も出来上がり。また和風へ。

L1010250.jpg

 地魚のしっぽのお吸い物と一緒に、〆です。全部は喰えません。

L1010251.jpg

 デザートは、ちまきのような笹の葉巻きのお菓子、葛餅のようでもありましたが、黒蜜が出てきた時点でギブアップ。

L1010252.jpg

 ごちそうさまでした。


 そして嵐の翌朝。朝はグループ以外はパーティションもなく、開放的。

 左上は、高野豆腐と粗挽きウィンナのミルク煮。ヨーグルト。

CA3A0017_20100322131659.jpg

 ギバサ入りの味噌汁、旅先の味噌汁ってなんでこんなに美味いんでしょう。

 鍋に生野菜がたっぷり。そして生玉子。

       CA3A0016_20100322131659.jpg

 玉子を溶いて野菜にかけ、かき混ぜてしばし蒸します。

 味噌玉子温サラダ、かな。

CA3A0018.jpg

 生ハムサラダ。
 豆腐と、納豆は手造りだそうです。

CA3A0015_20100322131750.jpg

 なんとも自然派地元産尽くしの料理達でした。満腹じゃ。
テーマ : 日本の食  ジャンル : グルメ

Category: ドライブ

Comment (7)  Trackback (0)

怒涛の日本海の砂は黄色

 今回の旅は、たまには温泉でも行くかと、在大町少年を誘ったのがきっかけ。

P3200051.jpg

 海の幸がメインのところが候補。

 瀬波温泉、月岡温泉、温海温泉、いわき湯本温泉と悩んで宿を探し、結局湯野浜温泉に決めたのでした。

P3200054.jpg

 村上を出て、国道345号線を北上、前回の逆コースで笹川流れを眺め、鼠ヶ関で山形へ。

 一度は民宿にでも泊まって、地魚を鱈腹喰いたい由良港に、東洋のモンサンミッシェルと言うか、庄内の城ヶ島と言うか、白山島があります。

P3200077.jpg

 蘇我馬子に暗殺された崇峻天皇の皇子が、追っ手から逃れ、八人の美女の踊りに惹かれ上陸した地。その後三本足のカラスによって導かれて羽黒山にたどり着き、出羽三山を開いたたそうです。

P3200058.jpg

 こんな細くて華奢な橋、誰が通るかと思ったら、島に軽ワゴンがいました。

P3200061.jpg

 白山神社は山の天辺なので参拝せず、遊歩道からしばし海を眺めます。

P3200068.jpg

 この日は比較的穏やかでしたが、波打ち際には、無邪気に遊ぶ若者と大量の漂着物、ブログネタの宝庫に見えましtが、この日は食いつきません。

P3200074.jpg

 加茂港を越え、湯野浜温泉に入るところに、この像。

 自由の女神と言うか、なおちゃんと言うか。

       自由の女神なお

 いっしょに呑む人、この指とまれ、ってか。

 この日のお宿は、「はまあかり 潮音閣

L1010256.jpg

 巨大なホテルも多い湯野浜では、おそらく一番小さい方の、10室ほどの家庭的な宿です。

 浴室がある下の階に降りる階段。

     CA3A0010_20100322092628.jpg

 なんと滑り台がありました。でもおじさんには無理、脱出不能になりそうです。

 掛流しの温泉。浴室もなんだかフィールドアスレチック風。

CA3A0001_20100322092628.jpg

 マンションのベランダぐらいの広さだけど、露天風呂もあります。

       CA3A0004_20100322092628.jpg

 二人乗りの舟かな。

       CA3A0014_20100322092724.jpg

 寛げるお宿です。

 曇天で雄大な日没も見られず、夜には大雨になり、温泉街探検も無し。

 その後、暴風波浪警報が発令され、一晩中屋根が吹っ飛びそうな大風、あまり眠れませんでしたが、一応無線LANもあったので、皆さんのブログを読んでました。

P3210087.jpg

 朝の日本海も、なんだか演歌に出てきそうな大波小波。

L1010254ce.jpg

 雨は小ぶりになってきて、若干ほっとしたのも束の間。

 TTが大変なことに。

L1010255.jpg

 一晩でスカイブルーから、トラ柄に変身です。

 この日は大量の黄砂も来襲していたのでした。

L1010260.jpg

 怒涛の白波を見物して、このあとはあのノーベル賞関連施設へ。

 ちがった、ブログは宿の食事編が先でした。つづく。
テーマ : 旅先の風景  ジャンル : 旅行

Category: 美味いもん

Comment (6)  Trackback (0)

町屋で昼飯、お買い物

 花より団子、と言うわけではありませんが、村上の魅力は町屋だけではありません。

P3200040.jpg

 三面川は、サケの養殖発祥の地だし、もちろん酒場の看板にはあの銘柄。

P3200041.jpg

 益田甚兵衛酒店。

L1010226.jpg

 この街には、酒道楽工藤と言う、有名酒屋もあるのですが、いったん訪問するとなかなか帰してくれないので今回はパス。

 こちらも前回訪問した益甚と関係があるのでしょうね。

L1010230.jpg

 酒屋さんでも、ありったけのお宝を見せていただけます。すごい。

L1010229.jpg

 こっちもお宝ですけど。

L1010227.jpg

 〆張鶴と、大洋盛をお買い上げ。

 昼飯です。村上牛と言うのもブランドらしく、

P3200013.jpg

すンごい食堂もありましたが、この夜は温泉旅館に泊まるので、控えめに。

       L1010242m.jpg

 松尾芭蕉一行も宿泊したといわれる、井筒屋。一階がカフェになっているのでした。

 仏間でもあるお座敷に陣取りメニューを貰ったら、食事は三種類だけ。鮭の街なのに、なぜかニシン丼を注文。950円。

L1010235.jpg

 お通しが出てきました。美味しいおぼろ豆腐。

 そして鰊の煮付け。

L1010237.jpg

 つやつやでしょう。自分でご飯にのっけるよう、お店の娘さんから指示されます。

L1010239.jpg

 こりゃ美味い、大正解でした。

 そして、村上の町屋といえばもちろん、喜っ川と益甚。くっついています。

P3200043.jpg

 昔はこんな風にズラッと町屋が並んでいたのでしょうね。

P3200003.jpg

 左の喜っ川。

 二階に上がる階段。

        P3200025.jpg

 奥の座敷。

L1010208.jpg

 此の街も空襲を受けたのでしょうか?

          L1010206.jpg

 そして前回もぶったまげた鮭の干場。

 観光客の歓声が絶えません。

P3200050.jpg

 干すだけならこんな町中で匂いをぶちまけながらすることはないはず。

 きっと毎日毎日、手間をかけ時間をかけ造る味なんでしょう。

P3200046.jpg

 鮭の味噌漬とどんがら煮をお買い上げ。

 そしてこんな絵になる東北の街には必ず現れる、この人。

     L1010209.jpg

 同じ場所で写真をせがむ人。

L1010210m.jpg

 実に和む、癒される街、村上です。

P3200024.jpg

 話は全く変わりますが、今晩の「サンドのぼんやリーぬTV」社内取材が多く、良い男が見切れているとの噂があります。是非ご覧下さい。お宝物になるかも。
テーマ : こんな店に行ってきました  ジャンル : グルメ

Category: ドライブ

Comment (4)  Trackback (0)

町屋の人形さま巡り

 連休初日は、本州を横断、日本海側までひとっ走り。

P3200011.jpg

 仙台から真西に直線で100kmちょい、そこは越後村上です。車で走ると、山形まで高速、一般道で赤湯、小国を抜けて180km程、丁度3時間ぐらい。

P3200008.jpg

 越後の町屋というと、上越市が有名らしいのですが、上越に行くのは天地人ブームが龍馬に駆逐されたあと(おおさん、よろしく)にするとして、今回は村上、昨年6月以来、二度目の訪問です。

       P3200009.jpg

 町屋というのは、商家。

 武家屋敷でもなく、古民家でもなく、古い商店。

P3200004.jpg

 村上には何軒も残っているのです。

       P3200005.jpg

 商店ですから、いつでも眺められるのですが、この時期と9月に、「人形さま巡り」と「屏風まつり」と銘打って、町屋を公開するんですね。

L1010214.jpg

 古き良き建築物に接するチャンスと言うわけなんです。

P3200027.jpg

 まるで京都か鎌倉かと言うところまでは行きませんが、観光客が大勢来ていました。

       P3200028.jpg

 個人的に雛人形にはそれ程興味はないのですが、町屋は素敵です。

 こんな古めかしいと言うか、倒れそうな料亭も、内部を公開してくれています。

P3200014.jpg

 吉源。

       P3200037.jpg

 いつまでも営業を続けて欲しいものです。

P3200036.jpg

 にゃんだか人間が多いにゃァ。

P3200034.jpg

 開催中の看板が立っているお店が公開中、買い物でなくても図々しく侵入が可能なんです。

       P3200026.jpg

 室外機まで塗装してあるのがスキです。

 雛人形だけでなく、五月人形も大公開。

P3200020.jpg

 こちらの方が稀少価値が高いとか。

P3200023.jpg

 浪漫亭。

L1010215.jpg

 安善寺の山門。江戸時代の建築です。

L1010220.jpg

 観光地としては、あまり知られていない街ですが、その分素朴で居心地が良いのでした。

P3200030.jpg

 ただし、城下町なので、道路が複雑、道に迷います。

L1010233.jpg

 迷い道もまた楽し。

 小さな寺町のような裏通りは、黒塀プロジェクトが進行中。

L1010221.jpg

 粋な試みです。

L1010223.jpg

 国内最大、と言うことは世界一かも、白塗り土蔵造りのお寺、浄念寺。こちらも江戸時代。

P3200016.jpg

 金色の大仏様が安置されているだけではなく、その周りに、キャットウォーク、体育館の観客席のような廻り廊下があるんです。これは見物。中を一周りしましたが撮影禁止でした。内部の様子はこちら

P3200017.jpg

 街角ぶらり散歩は続きます。

P3200042.jpg

 町屋の人形さま巡り、公式ホームページはこちら、4月3日まで開催中です。
テーマ : 国内旅行  ジャンル : 旅行

Category: 生活

Comment (4)  Trackback (0)

おとりよせ32

 先日こんなものが届きました。

R1056860.jpg

 ずっしりとした金属製。

 図柄もノスタルジック、SLです。

R1056858.jpg

 もちろん見てのとおり、懐中時計。

R1056859.jpg

 上部のボタンを押すと、蓋が開きます。

 何故か全開はしないのですが。

R1056861.jpg

 Ricohのノベルティグッズなんです、もちろん電池駆動のクォーツ時計(だと思う)。

 Ricohのカメラをオークションで検索していたりすると、時々こういうのが引っかかってきて、逆に引っ掛けられて釣り上げられてしまうのです。

 こんなものもありました。同梱、同梱。

R1056863.jpg

 街で売っているモノではないので、実にフリーマーケットや、オークション向きのグッズではあります。

R1056862.jpg

 世界中で、営業活動に用いられている、ノベルティグッズ。

 手を伸ばせば届く範囲にも沢山。

R1056869.jpg

 実に実用的なものが多く、私の生活はノベルティに支えられていると行っても過言ではありません。

 特に私が書く文字の98%はただペンですね。

R1056870.jpg
テーマ : 雑貨  ジャンル : 趣味・実用

Category: アルコホリック

Comment (7)  Trackback (0)

今月はこの二本(贈)

 明日21日の午前6時15分~6時45分、宮城の1chで、ジンタよ、響け!~農民楽隊・希望の旋律~が放送されます。是非ご覧下さい。


 昨日の昼飯は、八木山十八番のかた焼きそば。

CA3A0001_20100319194040.jpg

 野菜たっぷりでしょ!!

 先月食べた、うま煮そばと同じトッピングかなぁと思っていたのですが、かなり違いますね。もやしの有無。

CA3A0003_20100204052752.jpg

 どちらも美味しいんですよ。


 先日、お返しものが届きました。中身はカタログ。
 そう自分で選べるやつです。

 なかなか楽しい。

 時計にしょうか、椅子にしようか、陶器に調理道具、天体望遠鏡、しゃぶしゃぶ肉、何でもござれ。

 でも結局やっぱりこれにしてしまったのでした。

       L1010187.jpg

 申込番号6135-34。無濾過原酒セット。

 当然美味しかったのですが、味はなかなか私の文章力では紹介しきれないので、蘊蓄たっぷりの包装紙を載せておきます。

越の磯

 次回、大人の休日倶楽部で行ってみたいリストに載っている、越前のお酒、越の磯。

       L1010192.jpg

 無濾過純米吟醸原酒ですよ。

 もう一本は本醸造。

そのまんま1

 近江の酒、神開。

       R1056843.jpg

 しぼってそのまんま。

そのまんま2

 ところで、鶏わさ、だいぶ美しく造れるようになりました。盛り付けは別にして。

L1010193.jpg
テーマ :  ジャンル : グルメ

Category: 美味いもん

Comment (6)  Trackback (0)

マグロは結局

 クロマグロの禁漁が、何故かパンダやアロワナと同じ、ワシントン条約で議論されると言う展開、鯨の方がよりワシントン条約に相応しいような気もしていたのですが、結局マスコミの悲観的な報道を覆して禁輸が否決されました。

 でもそのために日本はずいぶんお金を使ったのかも知れません。

 昨日の社員食堂のA定食500円。

CA3A0001 (8)

 春のおとずれ海鮮散らしです。生魚が出るのは珍しいのです。

 下は一年前、節分の時のバラちらし。

CA3A0001 (2)

 進歩しています。

 海苔が透けて見えちゃう薄っぺらさはご愛嬌。

       CA3A0002 (5)

 たまにこんな定食を出してくれる、食堂シェフには感謝です。

 マグロが高くなる前にと言うことだったのではないのでしょうが。

 社員食堂といえば、数年前には良く見かけたこの人。

ネモミ

 すごいですね。

 Wikipediaの検索ランキングトップ。

 また爽やかに復帰して欲しいものです。
テーマ : 今日のランチ!  ジャンル : グルメ

Category: 街角探検

Comment (4)  Trackback (0)

50代の教科書か

 新聞広告で見つけた本を一冊買いました。

 まち遺産ネット仙台のメンバーである同い年の女性の著書。

R1056852.jpg

 2-3年前に、河北新報の夕刊に週一位で連載されていた、仙臺街角散歩録です。

 毎週楽しみに読んだのですが、やっと単行本化されたのでした。

 待ちに待っていたのです。

 人は普通、子供の頃から、ふるさとの歴史や地理を、いろいろな形で少しづつ学ぶものですが、私にとって仙台は40代なかばで初めて住みついた地。この連載は全てが新鮮で、欲求を満たしてくれたのでした。

R1056854.jpg

 以前も仙台古地図散歩について書いたことがありますが、これは連載読み物。

 著者が自ら撮影したと思われる写真も満載です。

R1056855.jpg

 街の遺産を紹介するガイドブックは少なからずありますが、これには一編一編にその街の方(主にご老人)が、ストーリーの生きた証人として登場します。

 著者と、街と、その登場人物の関係が、ほんわかしていて実に楽しいのです。

R1056853.jpg

 決して旅行者向けのガイドではなく、仙台に住んで仙台をもっと知りたい楽しみたい、死ぬまで暮らしたい人のための本。

 再び読み始めたばかりですが、散歩好きな私にとって、これはもう一生もんの教科書になりそうです。

 ちなみに、触発された私の学習ノートはこちら、人見知りなので人が登場しないのが、駄目ですねぇ。

R1056856.jpg

 仙台の街をのんびり散歩してみたい方、是非どうぞ。

R1056857.jpg

 -あとがきから

 すべてを壊して新しくするのではなく、歴史の痕跡を大切にしながら、住む人に寄り添って、ゆっくりと変化する仙台をつくりたい。
テーマ : 仙台  ジャンル : 地域情報

Category: 美味いもん

Comment (4)  Trackback (0)

峰子? 不二子?

 今月はジムニーの車検。あれから3年が経ってしまったわけです。
 ディーラーは遠いし、煙草臭い代車を借りるのもまっぴらごめん。

 近所のガソリンスタンドでやっつけます。コミコミ5万円ぐらいで出来そう。

          CA3A0001 (4)

 3年で16,500km強、軽としては走ってる方でしょうか。


 またまた週末の昼飯ネタです。

 洗車と買い物ついでに、北環状の、山頭火へ。
 未だに山頭火なのか、加藤さんじゃない火頭山なのか、どうも覚えにくい店名。

CA3A0004_20100315080705.jpg

 実はルパン三世でも、藤峰子なのか、峰不二子なのかどうも、自分の中ではっきりしないんです。

 ちょっと量が控えめで、ちょっと高めの価格と言うイメージがある旭川らーめん山頭火。仙台には数軒あります。

 入り口や店内に、二つの新味登場、の貼り紙。

CA3A0001_20100315080705.jpg

 しょうゆらーめん、今まで無かったのかなぁ。

 注文したのはつけ麺普通盛(220g)900円。やっぱり高めの価格設定。 

CA3A0002_20100315080705.jpg

 食後ポットのお茶を蕎麦湯のように使うのだとか。

 太過ぎずなかなかヨロシイ麺に、サカナ系までしっかりダシが効いたつゆ。
 んまい。チャーシューの切れ端とメンマがゴロゴロ沈んでいます。

        CA3A0003_20100315080705.jpg

 最近なんとなくらーめんは太め系に萌えます。共喰い。
 細麺を食べないわけではないのですが。

 火頭山のつけ麺は、熱盛りも頼めるそうです。
テーマ : ラーメン  ジャンル : グルメ

Uhr
天気予想
2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウントダウンタイマー
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: