風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: バスツアー

Comment (9)  Trackback (0)

ハレの日も終わり

 なんだか油圧系に問題があったらしい冬のオリンピック開会式も見ず、年に一度のアルコール漬けの旅も終わってしまいました。
 もちろん翌日セントヴァレンタインズデイは休肝日。

 隊員の皆様のブログをじっくり楽しみました。無断リンク、問題あればコメント下さい、削除します。

 びーえむあいさん「大山新酒・酒蔵まつり(15周年)

 ぱんだ(親)さん「大山新酒・酒蔵まつりバスツアー(その1)」「大山新酒・酒蔵まつりバスツアー(その2)

 keiさん「のんでぇ~、のんでぇぇ~♪

 Kzさん「バスツアー

               P1030337.jpg

 今回の旅の獲物です。

R1056686.jpg

 栄光冨士と大山のしぼりたてを合計3本、スタンプラリーの景品、今回初めての末等のワンカップです。

R1056687.jpg

 3年前はワンカップは参加賞で、その他に景品があったので、二等の四合瓶と二本貰った記憶があります。参加費300円の時代。

        R1056688.jpg

 今回は15執念じゃない、15周年と言うことで、JR東日本協賛のお猪口が配られました。四軒の蔵元のブランドロゴ入りです。

 小百合さんも来ていたら良かったな。

     R1056689.jpg

 さて今回の風写隊バスツアーの反省です。

P1030290.jpg

 まず、往復のバスで、酒呑み過ぎ。仙台に戻って二次会もあるので、バスではもう少し休息しましょう。

P1030341.jpg

 あとは現地で時間が足りませんでした。全てが急ぎ足。

P1030287.jpg

 keiさんもブログに書いていますが、お祭り自体は11時から16時くらいまで。ちょうど全てを回れる時間なんですが、我々は一軒の酒蔵に滞留する時間が長いんですね、きっと標準より。

P1030319.jpg

 でもそれは譲れないので、来年は鈴木屋さんで昼飯を食べるのをやめて、食事はテントのどんがら汁や、煮込み、玉こんにゃく、きんつまで済ますと言うか、食べながら行列すると言うのが一案。
 食べ物のバラエティも毎年増えているようだし。

P1030310.jpg

 もう少し市内の名所やお雛様を眺めるなら、本長の漬物屋さんをパスすると言うのも一案。

P1030274_20100216044549.jpg 花より団子

 今回もそうなりかけているけど、小隊に分けて、基本別行動で敵を攻略するのが良いかもしれませんね。

        P1030324.jpg

 どこの行列が短くなったとか、IT技術を駆使して、ケータイのメーリングリストか掲示板を使うのも良いかも。これは、他の食物イベントでも使えます。

P1030336.jpg

 と言うわけで、隊員の皆様、来年も宜しくお願いします。
 今年の年末、またツアーの募集が始まる頃には此処で声がけしますので、各自申し込んで下さい。

 または、単独でバスをチャーターする件。
 スタンプラリー参加券をどう調達するかと言う問題はありますが、もし20人集まるとしたら、(3,980-500)x20=69,600円、約7万円でバスがチャーター出来、ガス代も高速代も込みならトントンです。
 好きな時間に移動できるし、トイレ休憩も自由。
 どなたか研究お願いします。

     RIMG0007_20100216044549.jpg

 ところで、15周年で貰ったお猪口、洗ってたら手が滑り、この始末。

     RIMG0006_20100216044549.jpg

 トホホです。

 大山の酒の神様にはずいぶん貢献してるはずなんですが、未だ足らないのかな。帰りのバスで、酒田の初孫を呑んでたのがばれたのかも。

 土曜日、ツアー当日の三次会(行きのバス、鈴木屋、冨士酒造、加藤嘉八郎酒造、渡會本店、羽根田酒造、帰りのバス、たけ政をそれぞれ一軒と数えると、九次会)五つぼに忘れて来た携帯電話、無事回収出来ました。

 関係者のみな様にはご心配をおかけしました。初めて買ったPHS以来二度目です。
 五つぼ駅裏店の親切なスタッフ、酔っぱらいたちが去ったあとに発見してくれていて、すぐあとを追っかけたそうですが、間に合わなかったと言うことで、ずいぶん恐縮してました。

          s-R1056695.jpg

 月曜日の19時過ぎの、五つぼのカウンターは、若い女性が4人だけ、すいてましたがぱんだ(親)さんはいませんでした。

s-R1056697.jpg

 皆さん、いろいろありがとうございました。
テーマ : 日本酒  ジャンル : グルメ

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272802 2010