風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 電脳生活

Comment (8)  Trackback (0)

シュワちゃん敗れたり

 ぱんだ(親)さんのブログに、書初めが出来るホームページが出ていたので、私も書いてみました。

 どうでっしゃろ。 揚物は毒   風写 - 書き初めくん - はてなセリフ

 今年もラスベガスでInternational CESが開かれました。
 世界最大の民生電子機器の展示会です。

 デジカメ各社も、新製品を発表しています。

 目玉は、SDHCカードの後継であるSDXCカード、近くのデジカメと画像を交換出来るTransferJetカード
 あと、あのSONYがSDカードを発売しますね。VHS対Betaの戦いを思い出します。SONYが初めて発売したVHSデッキが結構性能良かったのでした。
 サイバーショットもSDXCになっていくのでしょうか。

 あまり目新しいカメラは出ていないようです。

s-head.jpg

 カメラ関連のコンベンションはこの後ラスベガスのPMA、横浜のCP+が3月に開かれますので、新製品が楽しみです。



 12月に、会社のスカパー受信が不調になり、福島を走っていたときに呼び出された騒ぎがあったのですが、その時自宅のチューナーをチェック用に持って行きました。結局チューナー単体には問題が無かったことがわかり、即持ち帰ったのですが、しばらく放っぽっておいたら、電源が入らなくなってしまいました。

 ネットで調べると、古いチューナーはコンデンサ抜けでそのようになるようです。ずっとACつなぎっぱなしの間は現象がでなかったのかもしれません。

L1010061.jpg

 自分でも修理出来そうだなぁとも思ったのですが、そもそもこいつももう十年使っているのを思い出し、交換時期かなと。

 私の前職は、スカパーの競合相手でした。
 闘いに敗れて、会社はスカパーに吸収され、従業員は全員円満解雇(一部はスカパーに転職)となったのですが、視聴者には全員にスカパーチューナーが無料配布されたのです。たぶん40万台くらいかな。

 私は競合会社の従業員として貸与されていたチューナーをそのまま入手し、一視聴者として貰ったスカパーチューナーがこのSONY製DST-D5だったのでした。

 2000年9月末に完全停波、と言うか終波。12月に仙台に引っ越してきて2001年1月1日まさに21世紀の冒頭から現職についたのです。だから十年目。

 なーーーんて、チューナーが壊れただけで遠い目になってしまいました。

 修理するのをやめた訳は、年末にも山崎努さんがずいぶん宣伝していたこのキャンペーンです。

キャンペーン

 CS二社が契約者獲得争いを繰り広げていた頃に比べると、可愛いキャンペーンですが、まぁ割安でHDチューナーを入手出来ると言うことなんですね。

 CSアンテナも、これまでのパラボラがそのまま使えるので、ただチューナーを入れ替えるだけ。

 私がスカパーを試聴するのは、3月から10月の野球と、それ以外の時期にはせいぜい音楽チャンネルなんです。
 それでもどうせならハイビジョンで見たいよねと言うこともあり、決断。

 ネットで、ポチっ、すぐこれが届いたのでした。
 SONYと比べると全くダサいデザインのHUMAX製レンタルチューナー。

R1056592.jpg

 面白いことにスカパーだけでなく、地デジも見られるんです。もちろん110°CSは見られませんけど。

 だからカードが二枚。

R1056593.jpg

 うちのサブテレビは、デジタルチューナー非搭載のハイビジョンテレビなので、相性ぴったんこ。

 サービス案内に電話して、音声ガイドに従ってカード番号を入力し、手続き終了。古いカードとチューナーは自動的に利用終了となりました。

 正月から二週間、いろいろ無料で見られています。

L1050927.jpg

 ちなみにこの新チューナーの出力はHDMi、D4/D3、S、ピンと多様、どんなモニターでも見られます。
 HDMi入力があって、地デジチューナーが付いていないテレビは皆無かと思われますが、最近のパソコンモニターにはHDMi入力装備のものが多く、15,000円ほどで22インチとか買えますから、安くハイビジョンを見られる組み合わせではありますね。
テーマ : テレビなんでも  ジャンル : テレビ・ラジオ

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
最新の記事
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303101 2010