風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 街角探検

Comment (9)  Trackback (0)

街のほっとステーション

 昨日の記事で、庄内の名建築、年末はどこも入れてくれないと書きましたが、実は一ヶ所だけ入れるところがありました。


 入口の門は武家屋敷みたいなんですが、天主堂とありますね。

               IMGP0432.jpg

 カトリックの教会です。国の重要文化財。
 真夏にスペインを旅行した時も、熱くてへばったら教会が定番でした。ベンチもあるし。

 この美しさは、国内有数ではないでしょうか。

IMGP0431.jpg

 鶴岡カトリック教会天主堂。

 前庭は幼稚園の庭でもあるのですが、マリア像にも雪囲いが施されていました。

IMGP0428.jpg

 ヨーロッパや中南米のサッカー選手が、プレーの良し悪しにつけ天を仰ぎますが、このマリア様と同じ場所を見つめているのでしょうか。

               IMGP0427.jpg

 一度だけここには来ているのですが、駐車場所を見つけられなくて、ゆっくり見られなかったのでした。

IMGP0430.jpg

 教会のホームページにある、最初の言葉。 

 教会の門はすべての人に開かれています。教会は祈りと安らぎの場です。
先ずは心静かに聖堂(天主堂)をごらんになってください。


 寒い中観光に訪れている旅人にはなんともありがたい事です。
 門を閉ざしている他の観光施設もなんとかしてください。

IMGP0424.jpg

 写真のとおり、木製のベンチはなくて畳です。
 最近はパイプ椅子を並べているようですね。

 以下の文章と、最後の画像は教会のHPから引用させていただきました。

 明治36年(1903年)
永く庄内地方藩政の中心都市として栄えた
城下町鶴岡に
赤く鋭い尖塔に十字架をかかげた
鶴岡カトリック教会天主堂が完成した


               IMGP0421.jpg

 庄内藩家老末松十蔵屋敷跡の武家門の中に建つ聖堂は、以来異彩を放ちながらもこの街の風情と調和し、布教活動の拠点となり、また、市のシンボル的建築物となった。高さ23.7メートル、正面の幅10.8メートル、主棟奥行き23.75メートル、木造瓦葺きの瀟洒な天主堂は、フランスのデリヴランド教会をイメージして建てられたといわれる、バジリカ型三廊敷きロマネスク様式の教会建築物で、東北地方ではこの様式最古のもの。また、日本における教会堂の建築設計を数多く手掛け、宣教師としても精力的な活動をしたフランス人パピノ神父最後の設計によるものという。

IMGP0418.jpg

 元和8年(1622年)に始まる外国人キリシタンの庄内地方布教巡回から280年程経て、明治18年秋、パリの外国宣教会はダリベル神父を鶴岡に覇権、現在地を購入して礼拝堂と集会所に当て恒久的な根拠地を得、小規模ながら西洋の文化、宗教継承の歴史がここに出帆した。明治33年の設計着手から同36年10月の完成まで幾多の人々の労働を費やし、明治西洋建築の傑作と謳われる天主堂をなる。昭和48年5月、鶴岡市有形文化財指定、同6月山形県有形文化財指定、そして昭和54年5月国指定重要文化財となる。

             IMGP0419cc.jpg

 ロマネスク寺院特有の半円アーチの枠におさめられた「窓絵」から、聖堂内に四季の陽光が入り、気高い空間をつくり出している。ステンドグラスでも、色ガラスを組み合わせた絵でもないこの教会の窓の絵は、正式な名称を持たない。二重になっている窓ガラスの内側から描いて外側に透明がラスを設け二枚のガラスで挟んだ「貼り絵」(鶴岡カトリック教会のもの)がある。高価なステンドグラスに代えて使用したと考えられるが、現在は日本ではこの教会の他に見ることはできない。

IMGP0425.jpg


 黒い聖母は明治36年(1903年)献堂記念として、フランス・ノルマンディー州のデリブランド修道院から寄贈された。この像はデリブランド教会にある黒い聖母像の完全な複製としてフランスで作られた木の芯に石膏を被せたものである。昭和52年(1977年)にフランス国立学術研究所ドベルク美那子女子によって黒い聖母と鑑定された。日本では他に例を見ない聖母像である。
 初代主任司祭ダリベル神父の手紙には「聖母マリアのご像は私の国ノルマンディーから来ました。ノートルダム・デ・ラ・デリブランド或はノートルダム・ラボラトリエといい、日本語で御助けの聖母であります。よく御助けを願うとき、きっとかなえられます。私はこのマリア様のところに幾度も行きました。日本に来る前にそのご像の前でミサをあげてノルマンディーを出ました」と述べられている。鶴岡教会に不思議な縁のある像である。

             b_maria_zoom1.jpg

 なぜマリア像の顔が黒いのかはいくつかの説があるが、旧約聖書のソロモン雅歌には次のようにある。聖ルカによる原肖像画のマリアの顔が熟した小麦のように栗色であったという。


イスラエルの娘たちよ
私はケダルの天幕のように
サルマハの幕屋のように
黒いけれども美しい
私の焦げた色に目をとめるな
私は陽にやけた


 こんな教会を持つ、鶴岡の人は幸せです。

 今度は暑い夏の日に、ほっとしに行ってみたいものです。
テーマ : 国内、史跡・名勝巡り  ジャンル : 旅行

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
最新の記事
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303101 2010