風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 欧羅巴追想

Comment (4)  Trackback (0)

あれからもう20年

 戦後の日本が長く米軍に占領されていたように、ドイツもまた占領下にありました。
 8月15日に降伏していなかったら、北海道や東北はソ連に占領されていたかもしれないと言う説がありますが、当時ベルリンを訪れたに人は実感できる話です。

 私が初めて西ベルリンに行ったのは1982年。(下のパノラマ写真は拡大できます)

Berlin2.jpg

 第二次世界大戦後、ドイツは周辺部がフランスやソ連、ポーランド等に一部吸収され、本土も米露英仏に分割占領されます。
 ある英国人に言わせると、第一次大戦後に英軍がドイツを占領してコントロールできれば次の大戦は起きなかったはず、だそうです。

 良いか悪いかは別として、今現在、西アジアで起きている事実を見ると、人類は進歩していないことが判ります。

Berlin3.jpg

 本土とは別に欧州一の大都会であったベルリンも四国に分割占領されたのですね。

 その後日本の占領が解かれた(まだ解かれていない様な地域もあるんですが)のと同じくドイツ本土の占領も解かれました。
 恐らく未だに英米仏軍が駐留している地域が西ドイツ、露軍駐留の部分が東ドイツとして1949年に独立したのですが、東ドイツの真ん中にぽっかりと存在していた西ベルリンはその後もドイツが統一されるまでは被占領地域だったのです。返還されるまでの小笠原諸島や沖縄と同じ。

 デュッセルドルフからの航空便もルフトハンザではなく、BAかエールフランス。フランクフルトやミュンヒェンからはパンナムだったと思います。

 車でも行けたのですが、東西ドイツ国境から100km以上のアウトバーン数本だけが許されたルートでした。

Berlin4.jpg

 下の2枚はWebで見つけた写真。
 ふだん人々が暮らしていた街のごく普通の場所に壁が築かれたことが判ります。

 仙台だったら宮城野区と若林区の区界みたいな感じでしょうか。

k015.jpg

 今ではもう誰も思い出すことが無くなったあのペレストロイカから始まった東欧崩壊。

 最初に往来が解放されたのはハンガリーかチェコスロヴァキアとオーストリアの国境線だったと記憶していますが、あっという間に東ドイツに拡がり、ついに1989年11月9日、東西ドイツの国境も、ベルリンの壁も、普通の国境になったのでした。

2912118873_7c0ba35a29.jpg

 当時私が働いていた事務所にも東ドイツ出身のスタッフが3人いました。

 冷戦時代、西独に縁故がある東ドイツ人は申請して順番を待てば、移住することは可能ではあったのですが、財産は全て没収、着の身着のまま、せいぜい鞄ひとつの身の回り品の携行しか許されませんでした。
 ただ移住してきたドイツ人には、一人100万円ほどの特別補助金が西ドイツ政府から支給されたそうです。

 ベルリンの壁崩壊の映像を見た一人のスタッフは、矢も盾もたまらなくなり国境へ。
 旧友たちと抱き合って喜んだそうです。

 私が日本に戻ったのが1990年6月。
 その年の10月、ちょうどフォトキナの時期についに東西ドイツは統一を果たしたのでした。

 統一ドイツ(国名は西ドイツと同じ、ドイツ連邦共和国)には滞在できず、その後一度も欧羅巴には行った事がないのですが、89年の11月から約半年、統合の雰囲気は味わうことができました。

travi1.jpg

 どこの世界でも車好きは集まって薀蓄を傾けあうものですが、これはなんと東ドイツ製のトラヴァント、愛称トラヴィのミーティングです。

 東ドイツのトラヴィは西のVW以上の国民車。恐らく当時8割以上はこの車に乗っていたと思われますが、壁崩壊以後、日に日にこいつが西側のアウトバーンに増えていったんですね。

travi2.jpg

 当時私が乗っていた車は、メーター読みで230kmは出ましたから、通常でも150km以上のスピードで合法的に走っていましたが、このトラヴィと来たら、7-80kmしか出んのです、どう頑張っても。

 100kmで走っている大型トレーラーたちが、このダンボールボディのトラヴィを追い越さなきゃならないので、追い越し車線がもう大変。

 オマケに最高速で頑張って長時間走ればエンコする車もたくさん。 

travi3.jpg

 本当に邪魔でしたが、東西ドイツの統一は滅茶嬉しかったです。

 あれから20年............なんですね。他の欧羅巴ネタはこちら

 でも、今朝の新聞によると、ドイツ国内の15%の人が、壁があったほうが良かったと思っているそうです。
テーマ : ドイツ  ジャンル : 海外情報

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2009