風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: カメラ

Comment (0)  Trackback (0)

Kiss Me Exmor

 CCDとか、CMOSとか、本来はまったく別の素子を意味する言葉が固体撮像素子名であるかのように使われています。

 撮像素子と言うのは、光を電気に換える素子=光電変換素子を幾何学的に並べて、光学的な像を電気信号として読み出すためのセンサーであるわけです。

 光電変換素子と言うセンサー、普通はフォトダイオードに光が当たると、光の強さに応じて電子がたまって行き、その量がある値を超えたり、あるいは急に減ったりすると、ドアが開いたり、トイレの水が出たり、いらっしゃいませと歓迎されたり、エレベーターのドアがいつまでたっても閉まらずに居心地が悪くなったりするわけです。
 たまにお店に入ろうとしたら、ありがとうございました、と歓迎されないこともあったりしますが、誤動作ではなく、人を観ていると言う説もあります。

 コピー機やFAXなどではこれを一直線に並べたラインセンサーなどが使われて、紙の方がその前を移動して、結果二次元の画像を電気信号に変えたりするわけですが、カメラの場合はカメラマンが被写体の前を一定方向に定速でいつでも移動出来ません(想像するだけで怖い)から、平面状にセンサーを並べたエリアセンサーを使用するわけです。

 直線状であれば信号を順に読み出すのは簡単そうですが、平面状となるとちょっと面倒なんです。

 それでそのエリアセンサーからの、信号読み出すやり方がCCDとか、CMOSと呼ばれる方法なんです。
 ※圖は全てSONYその他HPからの無断借用です。

050207.gif

 構造的にはCMOSの方がわかりやすいと思います。
 文学的に言えば、一つ一つのセンサーにスイッチを付けておいて、一個一個順番にオンにするだけです。

370px-CMOS_Image_Sensor_Mechanism_Illustration_svg.jpg

 実際にはこれらの圖のように縦方向の出力側は並列につながっていて、横方向につながっているスイッチを順番にオンしていくことで、横一列の信号を同時に読み出したりします。
 縦方向の各画素で読み出すタイミングがずれるので、ケータイカメラで車窓から撮った写真の中の電柱が斜めになったりする現象が発生するのです。

 比較的単純に見えますが、デジタルの回路と違い、光電変換はあくまでもアナログ回路で、非常に雑音の影響を受けやすいため長い間CCDの後塵を拝していましたが、最近逆転しつつありますね。

 一方CCDの方はスイッチで信号を切り替えるのではなく、フォトダイオードに溜まった電荷をCCDと言うベルトコンベアのような電荷転送素子でまず垂直方向に、そしてそれをさらに水平方向にバケツリレーしていくんです。

It-ccd.jpg

 一見複雑で、CMOSよりも高い電圧を必要としたりするのですが、意外と雑音に強く、今でも多くのカメラに使用されていますと言うか、まだCMOSよりもCCDを生産しているメーカーの方が多いと言うことなのかもしれません。

 上の圖はインターライン型CCDの説明ですが、この外にもフレームトランスファー型とか、フレームインターライン型とか、いろいろあるのですが、そこまでは説明しません。

 それで今回の話題はそんな過去のネタではなく、最新技術です。

 昨年SONYが、Exmor Rと言う新型CMOSセンサーを発表し最初にムービーカメラに搭載、今年になってコンパクトデジカメ、サイバーショットDSC-TX1/WX1に搭載されて話題を呼んでいます。

005_s.jpg

 裏面照射型CMOSと呼ばれます。

 下はこれまでの表面照射型。

img_01.gif

 センサの製造上の都合で、これまでは光を電気に換えるフォトダイオードの上に転送のための回路が形成されていたんです。

 それを製造方法の工夫で、逆の並びにしたものが、裏面照射型なんですね。

img_02.jpg

 これによってフォトダイオードの到達する光の量が増え、感度が上がったのです。大きなブレークスルーですね。

 これまではSONYのCMOSそれも1/2.4インチのみだったのですが、最近東芝も同じ構造の素子を発表しました。

 これから軽量型のコンパクトカメラを買おうという方、裏面照射に注目してください。

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2009