風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 音楽

Comment (2)  Trackback (0)

珍しくズージャのさてんへ

 鳴子温泉。駅から近い、東多賀の湯。

 ぐっすり寝た後、早朝に三回目。そう言えば、浴場の壁や床、板材がリニューアルされていたようです。それでもやっぱり滑るなぁ。

     P2110008.jpg

 食堂でべっぴんさんを観ながら、朝飯です。

IMG_1498.jpg

 朝飯も四人だけでした。
テーマ : JAZZ  ジャンル : 音楽

Category: 音楽

Comment (2)  Trackback (0)

奇妙な偶然。

 なでしこジャパン、輝きを失いました。
 最大の原因は、メンバーがずっとほとんど変わっていないこと。

 2011年のワールドカップ優勝は、日本少女たちよりも、アジアの少女たちに勇気を与えていたと言う事なんでしょうね。

 いちばん最近買ったDVDがThe Beatles 1。

IMG_0943_20160306141641139.jpg

 輸入盤でちょうど2000円なのですが、中学2年の頃かな、おそらく初めて買ったLP盤が、同じビートルズのオールディーズ。
 国内盤ですが、偶然同じ2000円です。

 オールディーズは16曲、ビートルズ1は27曲。
 うち14曲はどちらにも入ってました。
テーマ : CD・DVD  ジャンル : 音楽

Category: 音楽

Comment (4)  Trackback (0)

♪今年は”Borderless"

 先週の金曜日土曜日は、大雨報道のあおりでちょっと疲れ気味。
 せっかくのジャズフェスも、西公園から聞こえてくるサウンドをベランダで聴く程度でお茶を濁す始末。

     P9130005.jpg

 それでも日曜日の午後、昼飯を食べて帰宅し、ちょっと昼寝してから、出かけることにしました。

P9130004_2015091407145812d.jpg

 うちから一番近い、定禅寺通りの一番西側のステージです。

 シンボルロード水浴の女像前。

P9130001.jpg

 車道を挟んで歩道から眺めます。

 毎回出会う、澄んだ声の女性シンガーがちょうど歌っているところでした。

P9130003.jpg

 このあと、東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館)に行ってみます。

P9130008_20150914071501f6c.jpg

 日曜日だけだったようですが、ジャズフェスのステージとは別に、ジュニアジャズオーケストラの演奏会が開かれていたのでした。

P9130012_20150914071537da3.jpg

 石巻や気仙沼の子供たちのチームが、だいぶ地元メディアでも取り上げられていて、広い大ホールの客席は七割方埋まっていましたが、三階まで客席があるホールなので余裕です。

P9130011_20150914071536953.jpg

 ちょうど入場したときに演奏していたのが、なんと富士吉田の学校のバンド。

P9130010_20150914071534519.jpg

 母方の親戚が大勢いる街です。

P9130017.jpg

 楽しい演奏でした。

P9130018.jpg

 ビール持ち込みと言うわけにはいきませんが、来年はもっとじっくり聴きに来ようと思います。

     IMG_9315.jpg

 昨年初めて聴いた、盛岡の及川浄司カルテットが始まるのに合わせて、市民広場で燃料補給。

IMG_9316.jpg

 メードイン仙台の一番搾りです。

 さて、去年と同じ、シンボルロード夏の思い出像前のステージに来てみたのですが、おばさんのバンドですね。

IMG_9317.jpg

 完全に勘違いでした。

 結局うちから一番近い、水浴の女像のステージに逆戻り。

     P9130021.jpg

 及川浄司カルテットです。

P9130038.jpg

 昨年のステージではアコースティックピアノだったのですが、今回は電子ピアノ。

     P9130027.jpg

 雰囲気がいまいちなのと、激しい演奏でピアノが移動してしまいそうではらはらなのですが、顔がよく見えますね。

P9130020.jpg

 今年も、素晴らしい演奏です。

     P9130033.jpg

 特に艶やかなテナーサックスの音、屋根がない定禅寺通りの空に響き渡ります。

P9130040.jpg

 盛岡の歯医者さんだという、及川さん。

P9130022.jpg

 とにかくエネルギッシュです。

P9130032.jpg

 盛岡周辺のジャズクラブやイベントでは時々演奏しているのでしょうか。

     P9130031.jpg

 サックスの齊藤さんは、ほかのバンドでも演奏しているようです。彼のブログを無断リンク

P9130043.jpg

 タオルを頭に巻いてしまいました。

     P9130050.jpg

 もうご機嫌。

     P9130048.jpg

 来年もこの場所が良いかも。

P9130045.jpg

 ちょうど演奏が終わったら雨が降ってきました。
 コンビニ合羽を着て家に戻ったのですが、途中で激しい雨に。

 ラスト100mで、雨宿りしました。

 Utubeに、今年もやった”Lover Come Back To Me”の昨年の演奏が上がっていたので、リンクしておきます。



 頭が切れてるのが残念。

Category: 音楽

Comment (2)  Trackback (0)

雨は手のひらにいっぱいさ

 9月になりました。
 今年はあと4ヶ月。私はあと19ヶ月。

 初夏に雨が降り続くシーズンは、梅の実がなる頃の雨だから、梅雨と呼ばれます。
 そうすると、今の時季の雨は、桃雨? 実が梅よりでかい分、長く続きます。

 今朝は久しぶりに青空です!! 昨日洗濯して洗面所で除湿機をかけたのに。

P1040641.jpg

 ひるにはまた雨になるのかな。

 会社でサウンド何とかと言う、プロ用のミキシング技術誌を定期購読していて、学生時代はオープンリールデッキを使いながら、テープを切り刻んでいた私も、社会人になってからは映像関係一筋なため、内容はちんぷんかんぷんめんたんぴんなんですが、今月号は山下達郎特集。

 私と達郎君の一方的な出会いは、2011年1月の記事「♬DOWN TOWNへ くりだそう」で触れていますが、すっかり読み入ってしまいました。

 そのなかで、不謹慎ですが、面白かったのは、大瀧さんが生きているうちは出来なかった、SONGSのリマスタリング、そしてなんとリミックスまで達郎君がやってしまったこと。

P1040616.jpg

 大学の時、同級生がドラムを叩いていたアマチュアのバンドが、たしかシュガーベイブのコピーをやってたのを覚えているんです。
 そのバンドが先だったのか、その前からシュガーベイブを聴いていたのかは、定かではありません。

 早速取り寄せましたよ。

P1040617.jpg

  まだなかなか大音量で聴き較べられていませんが、大貫妙子の高い声の部分がずっと艶やかになっていること、大体リミックス盤はそうですが、ハイハットの音が爽やかに切れています。

 それから、ボーナストラックとして、カラオケヴァージョンや、お宝ライブが収録されているのですが、この中に、1976年1月28日仙台電力ホールでの収録が4曲も入っているんです。それもソロのなってからの曲含む。Windy Lady、Down Town、愛は幻、今日はなんだか。すごいですね、身の回りに関係した人がいるかも。

 一気にSONGSのCDが3枚になってしまいました。

     P1040618.jpg

 このほかに大瀧氏による、2005年版のリマスターも存在するようでした。

 なんてネットで物色していたら、こんなリマスター盤も発見。

P1040619.jpg

 同じ時代の、鈴木茂とハックルバック「BAND WAGON 2008」です。ハックルバックはついてないか?
 こちらも2枚になってしまいました。
 
P1040620.jpg

 達郎君が載っているプロ専門誌はこちら
テーマ : CD・DVD  ジャンル : 音楽

Category: 音楽

Comment (2)  Trackback (0)

蒼空を 翔けたいんです

 村田のやんべ蔵人さんのブログに影響されて、取り寄せまくった松本隆本たち。

     IMG_8612.jpg

 なぜか作詞家となって45周年という中途半端な区切りで、いろいろ発売されています。

IMG_8617.jpg

 私にとっては、はっぴいえんどや大瀧詠一、鈴木茂のLP等の曲での圧倒的な歌詞の存在感が、最高の作詞家と感じている理由で、その記憶は70年代後半なのですが、むしろ世間一般には80年代以降なんですね。

     IMG_8619.jpg

 80年代に彼が作詞した曲たち、もちろん知ってはいるのですが、日本にいなかったので、どうも自分の生活とリンクした記憶がありません。

IMG_8620.jpg

 ただ、風街という世界観には、強い影響を与えられたというか、共感を感じてきました。

   

 隆さんが一番のイケメンでしたね。

 CD集も他に発売されているようで、こちらも買ってしまいそうですね。

     IMG_8621.jpg

 実は、買ったもののまだあまり読めていないので、内容については、興味がある方、買い求めて読んでみてください。

     IMG_8618.jpg

 とこで、今回久しぶりに買い求めた、ミュージックマガジン。まだあったんですね。すごい。

P7120003.jpg

 我が家の本箱には、70年代のバックナンバーが十数冊ありました。

IMG_8613.jpg

 当時は”NEW" がついていましたが、内容は日本のニューミュージックではなく、洋楽メイン。

IMG_8614.jpg

 それでも、日本のロックの記事や、バンドの広告も少しだけ出ていました。

     IMG_8616.jpg

 いい時代でしたね。

IMG_8615.jpg

 こういう財産をゆっくり読むのも、老後の楽しみです。

     P7120005.jpg

 ロッキンオンや、宝島もありました。

     P7120004.jpg

 読んだら、村田の蔵人文庫行きかも。
テーマ : 日本のロック  ジャンル : 音楽

Category: 音楽

Comment (2)  Trackback (0)

箱根の女神

 昨日は朝だというのに、青葉山の麓から花火が十数発上がりました。
 七夕花火の予行演習でしょうか。

 夕べのスワローズ、負けてまた借金生活なのに、まだ首位。
 五割を切った優勝もあり得るのでしょうか。

 今朝は9時前だというのに、外からソーラン節が聞こえてきます。保育園の運動会か。

 一方、かなり大騒ぎになっている、箱根。
 1971年夏。
 友達と行きました。

P7040013.jpg

 箱根アフロディーテ、伝説のロックコンサートです。

 中学校3年の夏ですね。

P7040014.jpg

 チケットと画像を発掘しました。

 写真はいちばん最初の画像のような状態だったので、フォトショップで色を補正してみました。

P7040009asac.jpg

 父が勤めていた会社が協賛をしていたか何かで、もらった招待券。

P7040015.jpg

 ピンクフロイドが演奏を始めるまでのセッティングが長すぎて、帰りの電車が心配で、演奏の途中で帰ったような記憶があります。

P7040012asac.jpg

 画像はピンクフロイドではなく、1910フルーツガムカンパニーです。

   

 ユーチューブには何でもあります。
 ピンクフロイドもありました。

   

 今もお付き合いがある会社のHPに、当時の記憶が綴られています。
テーマ : ライヴレポ・感想  ジャンル : 音楽

Category: 音楽

Comment (6)  Trackback (0)

指がねばつく

 先日取り寄せた、ストーンズのCDボックス。

IMG_8331.jpg

 あのスティッキーフィンガーズです。
 たぶんリアルタイムでストーンズを聴き始めた頃に出たアルバムですね。

 ジャケットのデザインワークは見るからにアンディ・ウォーホル。

IMG_8334.jpg

 私にとってストーンズのギタリストは、ブライアン・ジョーンズでもロン・ウッドでもなく、ミック・テイラーですね。いちばんリードギタリストっぽい。

 CD3枚と、DVD1枚、そしてシングルレコードが1枚。

IMG_8332.jpg

 一応EUヴァージョンの輸入盤なのですが、クレジットによるとポーランド製。

 1971年に発売された、ローリングストーンズレーベル最初の一枚も、日本盤のLPで持っています。

IMG_8328.jpg

 44年も前なんだな。15歳の時か。
 そういえば73年の最初の来日公演、チケット買いました。
 中止になって払い戻した資金で、友人はイエスを見に行ったけど、私はユーライア・ヒープ。

 実はずっとちょっと後悔している選択なのですが、当時の”Close to The Edge"も、”Magician's Birthday"も未だに愛聴盤です。

 当時巷で一番の話題はこのチャック。

   IMG_8329.jpg

 1971年の日本盤はYKKでしたが、2015年盤はストーンズマーク。位置も少し違います。

   IMG_8330.jpg

 ちなみにCDボックス表の写真は、YKKでした。

 開けたら中に何があるのか、興味がある方は買ってお楽しみください。



 この曲の出だしが、実にストーンズらしくてかっこいい。
テーマ : '70年から'80年の洋楽  ジャンル : 音楽

Category: 音楽

Comment (0)  Trackback (0)

MusicianというよりもProducer

 最近届いた、CD達。

PC060036.jpg

 山下達郎の"クリスマス・イヴ2014ヴァージョン"に、大瀧詠一の、“EACH TIME 30th Anniversary FINAL 初回仕様限定盤”、"Best Always 初回生産限定盤 FOREVER"。

PC060039.jpg

 はっぴいえんどやシュガーベイブの頃から聴いている音楽がてんこ盛りです。おまけにカラオケバージョンもたっぷり。

 昔は呼び捨てだったけど、いつの間にか、大瀧さんとか、達郎さんなんて呼ぶようになってる。

PC060037.jpg

 新しいミックスダウンや、別ヴァージョンのアレンジは、あっと思わされたりもしますが、結局オリジナルが一番だったりしますね。



 FINAL とか、FOREVER とか謳ってますが、来年3月にはこんなのも出るそうで。

PC060043.jpg

 もう、買わんぞ。
テーマ : 音楽のある生活  ジャンル : 音楽

Category: 音楽

Comment (2)  Trackback (0)

いったい何回目なんだ

 今週の日曜日、蔵の町並みが国の重伝建地区に選定されたことを受け、村田町の中央公民館で、村田町村田重要伝統的建造物群保存地区選定記念シンポジウムが開かれます。パネルディスカッションにはやんべ蔵人さんも登場、参加したいと思います。

 先週の土曜日は、高齢じゃない恒例LYNXCLUBの芋煮会でした。
 昨年の9月は暑かったので、ちょっと芋煮会の雰囲気ではありませんでしたが、今年はまさに芋煮会日和、適温の、秋晴れ。

DSCN1416.jpg

 私は午前中仕事だったので、今回も芋剥きには加われませんでした。毎回混ぜてもらえないんですけど。

     IMG_5936.jpg

 昼過ぎに到着すると、すでに始まっていました。

DSCN1413mo.jpg

 ガレージの軒先で開催されるため、河原のようなアウトドアではなく、いわば半アウトドア。

IMG_5937.jpg

 それでも吹き抜ける風や、まとわりつく蚊、室内の宴会とは全く異なる空気を感じられる貴重なイベントです。

DSCN1411.jpg

 ガレージのオープニングの時もそうでしたが、この日は10周年ということで、ライプ演奏がありました。

     DSCN1410.jpg

 最初は、chiffons。

DSCN1412.jpg

 小室等さんの唄声を思い出しました。

 つづいて、Chiharuさん。

DSCN1417.jpg

 爽やかな唄声でした。

DSCN1415.jpg

 BOSSは普段JAZZ三昧なのですが、珍しいフォークソングの競演でした。

DSCN1423mo.jpg

 皆様、今年もありがとうございました。

 山猫芋煮会の記事をリンクしておきます。

 第一回 2007年10月
 第二回 2008年9月
 第三回 2009年11月
 第四回 2010年10月
 第五回 2011年9月
 第六回 2012年9月

DSCN1436mo.jpg

 去年はやらなかったのか、私が行けなかったのか。記憶が曖昧です。
 どうも、イーグルスの優勝騒ぎで、不参加だったのかな、BOSSのブログをリンクしておきます。

 第七回 2013年10月
 だけどこのブログによると、第九回ですね。変だな。

DSCN1441mo.jpg

 私が知らないだけかも。
テーマ : LIVE、イベント  ジャンル : 音楽

Category: 音楽

Comment (2)  Trackback (0)

音♪楽♫希望への架け橋

 先週末は、いよいよ定禅寺ストリートジャズフェスティバルでした。

IMG_5885.jpg

 今年初めて設置された本町スクエアの会場に、バスに乗って行ってみました。
 正午から定禅寺通の東向き車線は通行止めになるため、交通局大学病院から仙台駅に向かうバスは全て北二番町を東進。
 バス停を三ヶ所パスする(条例のためか、臨時に停まるバス停は設定されない)ためあっという間に、商工会議所や電力ビルに着きます。

 これは以前見たことがある仙台ゴンザレス。ほぼジャズ・コンボ専用に設定されているようです。

IMG_5878.jpg

 周辺の生け垣の縁に腰掛けることが出来、とても良いシチェーション。

 すぐそばで居酒屋昼飯を食べていたら雨が降ってきました。

 それで情けないことに一旦撤収。ほとんど昼飯を食べるためのバス運賃になってしまいました。

 このまま雨だったら、テレビとラジオの中継を見ながら、家でごろごろ(西公園からは、時々風に乗って演奏が聞こえてくるし)してようかとも思っていたのですが、天気が好転したため、再び同じ会場へバスで。

 これは、AKIU JAZZ UNIT。

IMG_5886.jpg

 秋保のホテルで毎晩演奏しているバンドだそうです。

 そして、毎回見に来ている、Close2Uです。

P9130011.jpg

 この本町スクエア。いわゆる家具の街の通りと、広瀬通に挟まれた場所。
 Google Earthでみるとちょうど工事中の画像が載っていますが、古いビルを壊してこさえた場所なのでしょうか。

 一部が産直ショップになってたりします。

P9130007.jpg

 まいど爽やかな、ヴォーカルヒロコさんの唄声。

P9130008.jpg

 今回は珍しく、ユーミンの「ひこうき雲」を聞かせてくれました。

     P9130010.jpg

 残念ながら、空にヒコーキ雲はなし。

P9130004.jpg

 ラストは、カーペンターズのClose to You。

P9130012.jpg

 4年前の画像はこちらをどうぞ。

 今回はとても変わりやすい天候の週末でした。
 Close2Uの演奏が終わったらまた雨、4年前と同じです。

     IMG_5887.jpg

 折り畳み傘は持っていましたが、かなり強い雨だったので、ガス局ショールームで雨宿りし、北仙台まで地下鉄移動、久しぶりの隆生丸。
 この辺りは別に書きます。

 翌朝は、天気も良く、どこかへ走りたくなって、閖上の朝市に朝飯を食べに。これも別記事。

 二日目のジャズフェスは、歩いて定禅寺通、シンボルロード夏の想い出像ステージに直行します。

     P9140002.jpg

 及川浄司カルテット。盛岡から来てくれたようです。

P9140019.jpg

 エネルギッシュな演奏です。

     P9140013.jpg

 素晴らしい。

P9140020.jpg

 毎年見に来たくなるバンドが増えました。

     P9140021.jpg

 昼飯を食べたあとの定禅寺通、ものすごい人です。

IMG_5911.jpg

 今回は、橋本ビル前のステージがありませんでした。このぶんが本町スクエアに移った計算かな。
 定禅寺通の青空ステージは3ヶ所だけに。隣のステージと音がかぶりにくくなりはしました。

 メディアテークのステージ周りも大混雑。

IMG_5912.jpg

 あとでニュース映像を見ましたが、のんびり聴くなら、榴岡公園も良さそうでした、来年は行ってみよう。(備忘録)
テーマ : 仙台  ジャンル : 地域情報

Uhr
天気予想
2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウントダウンタイマー
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: