風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ロコモーション

Comment (2)  Trackback (0)

ありそうでない、エキのカタチ

 湯野上温泉の宿。
 露天風呂は朝6時半以降しか入れないとのことで、もっと早く起きる親父は本館側の内風呂をまず。

 その後朝散歩です。

PA100077.jpg

 静かな温泉街と言うか、湯野上温泉のメインは、塔のへつり方向に少し行ったところであり、前回はそちらの民宿に泊まりました。

PA100078.jpg

 今回の宿は中心街から離れているかわりに、駅の前。

PA100079.jpg
テーマ : 鉄道  ジャンル : 趣味・実用

Category: ロコモーション

Comment (4)  Trackback (0)

どうなの、コスパ

 北海道新幹線が一部開通しました。

IMG_1052_20160326090226c2f.jpg

 昨日の朝は、各所から中継。

 ただし、東京発は、東北新幹線のE5系車両でしたね。

IMG_1055.jpg

 羽田からいろんなところにフライトがある東京の人にはメリットは少ないでしょうが、仙台から道南はずいぶん近くなります。
テーマ : 北海道  ジャンル : 地域情報

Category: ロコモーション

Comment (0)  Trackback (0)

こまちの車窓から

 今週某日。
 仙台駅の東西自由通路です。翌日オープンの商業施設に囲まれたところに新幹線の入口もありました。

IMG_0979.jpg

 自由通路と言うのは、切符が要らない通り道と言う、国鉄用語なんでしょうか。不思議な名前。
 そうすると駅内の通路は、不自由通路?

 年を取って、いつも思うのは、公の場所には、もっと座るところが欲しい。ルンペン対策なんでしょうね。

 こまちに乗ります。

 広瀬川と泉ヶ岳。震災発生後、永く車両が停止していた位置ですね。

P1010195.jpg

 渋滞中の広瀬橋は、1909年に架けられた前代の橋が、日本初の鉄筋コンクリート橋と言われるそうです。

 今の橋も工事中ですね。
テーマ : 鉄道の旅  ジャンル : 旅行

Category: ロコモーション

Comment (0)  Trackback (0)

東へ西へ 上に下に

 八木山動物公園駅から、再び地下鉄に乗ります。

 ここが日本一高い場所にある地下鉄駅。

IMG_0165_20151213171055cea.jpg

 大昔にマドリード(標高667m)で、ずいぶん地下鉄を利用しましたが、世界ではもっと高い駅があります。

IMG_0164.jpg

 WE 仙台市営地下鉄東西線。
テーマ : 仙台メトロ東西線  ジャンル : 地域情報

Category: ロコモーション

Comment (0)  Trackback (0)

旅に短し 散歩に長し

 日曜日。
 パターンとしては珍しいかな、自宅で朝飯を食べてから、散歩に出かけました。

P1000181_20151213165928096.jpg

 広瀬町のお宅。

 毎朝、目を奪われる塀の上なんです。

P1000183.jpg
テーマ : 仙台メトロ東西線  ジャンル : 地域情報

Category: ロコモーション

Comment (0)  Trackback (0)

ちょっと遠回りな気が

 究極のローカル線を走る、先進の快速で、秋田駅に着きました。

P6200548.jpg

 汽車で来るのは、20代前半(ドイツに行く前)にABSに仕事で来て以来。

 前述のように、2009年には車で来ていますが、駅前の様相はずいぶん変わっています。

 駅ナカの動く歩道からそのまままっすぐ、西のほうに歩いていたら、おやじ一人でも入れそう(これ大事)な、洋食屋を発見。

P6200551.jpg

 洋食屋、千秋軒。

     P6200552.jpg

 名前って重要ですね。一度で覚えられないような横文字の名前、なかなか入りません。

 遅めの時間に、ランチメニュウを注文したら、秋田美人!!のお嬢さんに、飲み物も聞かれたので、頼んでしまった生ビール。

       IMG_8469.jpg

 ハンバーグランチ。

P6200549.jpg

 若いシェフが、時間をかけて作ってくれます。

P6200550.jpg

 ビール抜きで850円ぐらいだったと思います。

 暑い中、川反方面へ。

P6200554.jpg

 赤レンガ郷土館。

P6200555.jpg

 激しい空襲を受けたからかな、仙台と同じで、あまり戦前の建物はありません。

     P6200557.jpg

 明治45年に建てられた、旧秋田銀行本店です。

P6200560.jpg

 外観はルネッサンス様式で、内部はバロック様式だそうです。

     P6200558.jpg

 国の重要文化財。

P6200561.jpg

 昭和45年まで使用されていたそうです。

     P6200562.jpg

 大事に保存整備されている、美しい建物でした。

P6200563.jpg

 この後、秋田駅方向に戻って、前回は全く存在しなかったエリア。

P6200553.jpg

 新 秋田県立美術館です。

P6200564.jpg

 撮影禁止なので、某サイトから小百合さんの画像を無断借用。

秋田の四季

 藤田嗣治の”秋田の行事”を始めとする作品が移設されました。

     P6200565.jpg

 三角形を基調にした、変わった建物。

 千秋公園側に出たら、東北地ビールフェア開催中。宮城のビールもありました。

P6200567.jpg

 お濠の向こう、秋田の行事がずっと展示されていた、平野政吉美術館があります。

P6200568.jpg

 2009年に見学しました。

 睡蓮の開花宣言。

P6200570.jpg

 秋田駅に戻り、自分用の土産(酒の肴とも言う)と、ドリンク+つまみを買い、初めて秋田からスーパーこまちに乗りました。

IMG_8470.jpg

 秋田駅のキオスクで買ってきたのは、なぜか信州産の赤ワインと、岩手産と山形産のチーズ。

     P6200574.jpg

 ちびちびやりながら、秋田の風土を眺めます。

 前にも書きましたが、秋田市から仙台の最短ルートは、栗駒山の近くを抜ける仙秋ラインコース。
 JRだったら、大曲横手から岩手の北上に抜ける北上線ルート(秋田自動車道とほぼ同じ)が最短距離なのですが、秋田新幹線は、大曲でスイッチバックして、いったん大きく垂直に左折し、角館盛岡を通る田沢湖線ルートを走ります。

 将来道州制で、盛岡が北東北道の道都になるなら別ですが、仙台人からすると何か無駄なような気もします。
 田沢湖線が1966年開業と、比較的新しい路線であることから、北上線と比べ、高速化しやすかったのかもしれませんね。でもその分料金にも影響が。

 岩手県に入り、雫石駅付近から、おそらく岩手山。

P6200576.jpg

 単線なので、待ち合わせも多かった田沢湖線部分から盛岡で東北新幹線に入ったら、激早や。

 最高速度が盛岡までは130㎞/h、盛岡からは310㎞/hですから。
 ジムニーとF1の違いですよ。     痺れます。

P6200578.jpg

 この日は奥羽山脈に沈む夕陽を眺めながら、仙台に戻りました。

 秋田駅で買ってきた、ハタハタの三五八漬けを焼いて、晩酌です。

IMG_8488.jpg
テーマ : 秋田さ来てたんせ!  ジャンル : 地域情報

Category: ロコモーション

Comment (2)  Trackback (0)

私はちっとも苦ではないけど

 午前11時台のリゾートしらかみに乗ります。この右側の駅名、読めますか?

IMG_8462.jpg

 へなしですよ。
 地元のゆるキャラ、わかりますよね!?

IMG_8463.jpg

 へなっしー                    (嘘)。

IMG_8465.jpg

 サンバーストのテレキャスターのような、きれいなカラーリングの、くまげら編成の快速リゾートしらかみ2号。

P6200474.jpg

 ウィンドファームを眺めながら出発です。

P6200479.jpg

 前日の4号よりは、やや多かった乗客。

P6200484.jpg

 次の十二湖や、あきた白神で降りる人が多かったようでした。トレッカーかな。

P6200486.jpg

 新青森発が8時過ぎなので、仙台や盛岡あたりからなら、朝一の新幹線で、乗り換えできるのかも。

P6200491.jpg

 海岸線が美しいのは、大間越から岩舘のあたり。

P6200494.jpg

 前日と同じ窓越しの撮影なんですが、まともに撮れていますね。

P6200498.jpg

 天気が良かったからなのか、New青池と、くまげら編成では、窓のフィルターが異なるのかも。

P6200503.jpg

 ドライブ中のご夫婦かな。

P6200506.jpg

 手を振ってくれてます。

P6200508.jpg

 車もバイクも見えませんね。

P6200509.jpg

 爆走できそうです。

P6200512.jpg

 土曜日のお昼ですよ。

P6200515.jpg

 このあたりの眺めは、汽車からのほうが恵まれているかもしれませんね。

P6200518.jpg

 仲間で車と汽車に分乗して、写真の撮りっこするのが面白そうですね。

P6200522.jpg

 いつの間にか秋田県に入っています。

P6200524.jpg

 ちなみに、正式には東能代から川部まで、列車は大体弘前発と、秋田発なのに、五能線ってちょっと変わっています。

P6200527.jpg

 どうも元々は秋田側に能代線、青森側に私鉄の陸奥鉄道から延伸した五所川原線という奥羽本線の支線みたいな盲腸路線があったのが、1936年につながって五能線になったそうです。

P6200528.jpg

 秋田側にも、女性駅長さんがいました。

P6200529.jpg

 能代が近くなるとだんだん海岸から離れています。

P6200531.jpg

 米代川。

P6200532.jpg

 能代で、橅編成とすれ違い。

P6200536.jpg

 リゾートしらかみがすれ違うのは、能代、深浦、五所川原だということがわかりました。

 この駅では、能代工バスケ部の生徒が見送ってくれるのです。

P6200537.jpg

 ホームにバスケのゴールもあったりするのですが、大変だな高校生も。

P6200539.jpg

 がんばれーーー。

P6200541.jpg

 東能代駅ではスイッチバック。

P6200543.jpg

 青森から秋田まで乗り続けると、弘前で一度、東能代で一度、二回椅子の向きを変える必要があるのです。

P6200545.jpg

 おススメの路線ですが、新青森から秋田まで乗ると、ちょうど5時間ぐらい。
 たっぷり楽しめますよ。
テーマ : 鉄道の旅  ジャンル : 旅行

Category: ロコモーション

Comment (6)  Trackback (0)

絶対に乗るべき路線のひとつ

 なかなか梅雨に入らない仙台です。
 それはそれで嬉しい面もあるのですが、もうすぐ7月だというのに。

 JR五能線、五所川原駅。

P6190190.jpg

 この美しい車両は、快速リゾートしらかみ3号、秋田発弘前行きです。

P6190192.jpg

 こちらが私が乗る、しらかみ4号、青森発秋田行き。

P6190193.jpg

 撮り鉄になりました。

P6190195.jpg

 宮城と山形を走る快速リゾートみのりと同じ車両を使うしらかみには、三編成があり、最初の画像が”橅”、私が乗る列車が、”青池”と呼ばれます。

P6190197.jpg

 青池だけが、最近モデルチェンジされて、仙石東北ラインと同じ、ハイブリッド車両になりました。ディーゼルエンジンで発電してモーターで走ります。

 大人の休日倶楽部パス期間に入っていなかったせいか、ガラガラの車内。

P6190201.jpg

 足元が抜群に広いのが特徴です。

 前回乗った時にはこの展望スペースで、津軽三味線の生演奏がありました。

P6190199.jpg

 その時、2006年の画像です。

L1010098 (2) 資料

 同じ快速リゾートしらかみ4号で、古い青池編成。
 冬で曇のち雨の悪天候だったので、海岸線も夕日も見えませんでした。

 津軽鉄道の除雪車。

P6190204.jpg

 木々の間をすり抜けていきます。

P6190207.jpg

 ニュー青池編成には、運転席にカメラがついていて、前方の映像をライブで見ることが出来ます。

P6190211.jpg

 これは新幹線にも無いサービスですね。

 鰺ヶ沢付近で日本海が見えてきます。

IMG_8387.jpg

 ここから約80kmの間、秋田県の能代近くまで、海岸線をひた走ります。

P6190212.jpg

 並行する国道101号大間越街道とは、きりもみ状態で、国道が海側の部分もあるし、逆もあります。

P6190217.jpg

 しらかみの車内から、窓越しの撮影なので、ちょっと碧みがかっていることをお許し下さい。

P6190223.jpg

 三陸海岸のような高い堤防もないし、かと言って切り立った高い崖というわけでもなく、鉄道と国道以外はごく自然な起伏。

P6190226.jpg

 人と自然の調和を感じます。

P6190230.jpg

 千畳敷海岸。

P6190234.jpg

 列車はスピードを落とします。

P6190240.jpg

 季節によっては、数十分停車して観光させるとか。

P6190243.jpg

 2009年に車で立ち寄っています。その時の画像。

CA3A0003_2015062506020011f.jpg 資料

 海沿いをさらに進みます。と言っても私の席は最後尾なので、画像は後ろがわ。

P6190248.jpg

 弁天島かな。

P6190256.jpg

 鳥居崎。

P6190258.jpg

 風合瀬。

P6190259.jpg

 車で走ったほうが気持ちよさそうですが、汽車だとたっぷり写真が撮れます。

P6190261.jpg

 とくにこの辺り、深浦までは線路が海側。

P6190279.jpg

 国道からは見えない風景があるのかも。

P6190283.jpg

 リゾートしらかみは、臨時列車の扱いなんですが、今日現在しらかみ以外に五能線を端から端まで走る編成はありません。

P6190292.jpg

 しらかみは全席指定、指定席券はどれだけ乗っても520円です。

P6190294.jpg

 この日はガラガラでしたが今週末は大人の休日倶楽部の、パス期間。混みあうことでしょう。

IMG_8401.jpg

 行合崎周辺。

IMG_8403.jpg

 ニッコウキスゲが有名なんだそうです。

P6190299.jpg

 深浦駅に着きました。ここでもう一つのリゾートしらかみ、くまげら編成のしらかみ5号とすれ違います。くまげら編成と、橅編成の車両はディーゼル車。

IMG_8407.jpg

 しらかみの時刻表によれば、朝11時頃に1号と2号が、そしてこの16時半過ぎに4号と5号が深浦駅で待ち合わせしてすれ違うので、例えば鰺ヶ沢に車やバイクを停めて、往復で海岸沿いのプチ汽車旅を楽しむという手もありますね。

IMG_8408.jpg

 もちろん逆方向、十二湖の方からも可能です。上の時刻表で研究してみてください。

IMG_8411.jpg

 深浦を過ぎます。

IMG_8413.jpg

 青森県の最西端、舮作崎周辺は少し崖が切り立ってきますね。

P6190301.jpg

 風車が見えてきました。

P6190308.jpg

 突然、キッチュな名前の駅が登場。

P6190311.jpg

 私は、ここで降りるのです。

P6190314.jpg

 風車があるからか。

 つづく。
テーマ : 鉄道の旅  ジャンル : 旅行

Category: ロコモーション

Comment (4)  Trackback (0)

蘇った足、新しい眺め

 突然、老年の地方移住が話題になり始めました。
 以前から東北などの過疎地を中心に、移住推進の優遇措置が進められていますが、子供のいる若い家族がターゲット。
 私も、もし山村に、年金受給の老人が移住したいと申し出ても、受け入れてくれないだろうな、などと妄想したことはあるのですが、どうなるのでしょうか。

 石巻駅から、仙石線です。マンガッタンライナーですから、電車ですね。

DSCN2177.jpg

 これが新しくなった車内の路線図。

DSCN2176cas.jpg

 一見東京の私鉄に似ていますが、仙台と高城町の間は、大きく離れた別の区間を走るのです。

 蛇田周辺は両側に災害復興住宅用地の造成や建築が進んでいました。

DSCN2179.jpg

 新しい街が出来るのに合わせ、新駅も出来るのでしょう。

 東松島に入り、鹿妻駅前にはブルーインパルスのモニュメント。

DSCN2180.jpg

 あわよくば訓練飛行が見られるかと期待していたのですが、日曜日ですものね。

DSCN2181.jpg

 前日は東北六魂祭で活躍したようです。年間スケジュールはこちら、訓練予定はそちら

 朝9時に、陸前小野駅に到着です。

IMG_8176.jpg

 二日前までは、この先が不通だったのでした。

DSCN2203.jpg

 開通に合わせで出来たらしい、空の駅。

DSCN2184.jpg

 時間が早かったせいか、開店休業中。

 以前昼飯を食べた、スマイルダイニングと隣の産直市場。

DSCN2182.jpg

 どちらも閉まっていました。

 あるものを買いたくて、駅で聞いたら、仮設住宅にあるとのことで、数分徒歩で移動。

DSCN2185.jpg

 ありました、鳴瀬川近くにある、小野駅前臨時仮設住宅の集会所。

     DSCN2186.jpg

 知る人ぞ知る、おのくんの故郷です。

DSCN2190.jpg

 この日もイベントの準備で忙しそうでした。

DSCN2188.jpg

 おのくんと缶バッジをお買い上げ。

DSCN2187.jpg

 のんびり駅に戻ります。

DSCN2194.jpg

 以前TTで来て写真を撮った辺り。

DSCN2193.jpg

 この日は仙石線で来ることが出来たのでした。

DSCN2196.jpg

 小さな駅の売店で切符を買ってたおじさん。

DSCN2198.jpg

 宮城野原往復! と注文してたので、巨人戦ですか? って聞いたら、嬉しそうに、そうなんだよ、開通に合わせて楽天戦を買ったんだ、前は車で行ってたけど、駐車場から出るのが大変でねぇ、だって、良かったですね。

 安心して最後まで観戦し、中川のサヨナラホームランを観られたことでしょう。

 その後に来た家族も、宮城野原って注文。
 おじさんと顔を見合わせて、微笑み合うワタシ。

 駅って良いですね。

DSCN2202.jpg

 この何でもない駅の案内板。

 二日前まで四年以上の間、こうだったんですよ。

 IMG_9616.jpg
 ※画像はこちらから、無断借用。

 一時間ほど駅の周りをぶらぶらして、再び仙石線。

DSCN2200.jpg

 田植えが終わった田んぼ。津波の被害を受けたエリアですね。

DSCN2206.jpg

 鳴瀬川を渡る橋までは、以前と同じ経路です。

DSCN2210.jpg

 反対側も田んぼ。以前は住居もあったのでしょう。

DSCN2213.jpg

 この水路の右手に伸びる砂利道が、かつての仙石線跡です。

DSCN2216.jpg

 野蒜駅を過ぎますが、前日の式典会場のプレハブ小屋は、綺麗に片付けられて更地になっていました。

DSCN2220.jpg

 東名駅と陸前大塚駅間に出来た、美しい高架橋の上から眺める松島湾。

DSCN2222.jpg

 陸前大塚駅から陸前富山駅にかけては、かなり水面に近いところを走ります。

DSCN2223.jpg

 低めですが、防潮堤はあります。

DSCN2225.jpg

 だんだん視界を遮りますね。

DSCN2226.jpg

 陸前大塚駅。

DSCN2228.jpg

 駅を過ぎるとまた松島湾です。

DSCN2229.jpg

 津波の被害は県内で最も小さかかった地域かな。

DSCN2231.jpg

 それでもこの堤防が出来るまで、仙石線は来ませんでした。

DSCN2233.jpg

 これも以前来た陸前大塚駅付近。

DSCN2236.jpg

 そして、二日前まで終点だった高城町駅を過ぎます。

DSCN2240.jpg

 新しく仙石線と東北線が繋がった、仙石東北ライン専用の接続部分です。

DSCN2241.jpg

 東北線は交流、仙石線は直流電化ということで、これまでは全く接続されていませんでした。

 何度か登場している専用Hybrid車両ですが、その後の調査(社内の本物の鉄ちゃんに取材)の結果、パンタグラフは持っていません。
 ディーゼルエンジンで発電し、モーターで走っているのだそうです。エンジンは駆動に直接関与しないのだとか。
 これにパンタグラフもつけた車両は、JR烏山線でテスト中なんだそうです。

DSCN2242.jpg

 先月閉館した、松島水族館。

DSCN2243.jpg

 いろんなことが同時に進行する仙石線沿線ですが、跡地には何が出来るのでしょうか。

 10時半過ぎに東塩釜で下車、結局途中でほとんど買えなかった酒の肴を調達して、友人宅のダービーパーティー会場へ。

DSCN2246.jpg

 有馬記念ダービーの時に集合がかかるのですが、今回は5人。
 
DSCN2244.jpg

 私の酒は前日搬入済です。

DSCN2245.jpg

 揚げたて、あっつあつの揚げかまぼこ。

     DSCN2247.jpg

 みんな、美味い。

DSCN2248.jpg

 予想はあまり当たりませんが。

DSCN2249.jpg

 5人で全部空けちゃいました。

IMG_8177.jpg

 〆は師匠の手打ち蕎麦。

DSCN2253mo.jpg

 ぶっかけの冷やし鶏蕎麦。

DSCN2254.jpg

 鶏モツと手羽がのってました。

DSCN2255.jpg

 ご馳走様です。

 夕方また仙石線とバスでで自宅に戻り、バタンキューでした。
テーマ : 宮城県  ジャンル : 地域情報

Category: ロコモーション

Comment (0)  Trackback (0)

すっかり鉄ちゃんに

 年金機構の不正アクセス対策。
 万全を期すための対応にかかる費用は、結局年金から天引きなの?

 週末、ついに仙石線が開通。結局4年以上もかかってしまいました。

 おまけに、仙石東北ラインという新しい経路の快速も誕生。

     DSCN2121.jpg

 首都圏でも増えていますよね、○○線ではなく△△XXラインってのが。英語にするとどっちもLINEなんですけどね。

 あおば通から乗車し、まずは翌日のイベントの関係で、東塩釜まで。
 ブツを手渡してから、次の電車に再び乗車。

DSCN2103.jpg

 たしか、東塩釜の先の仙石線に乗るのは初めて。

 この日は各局、午前中に特番を編成していましたが、中継を出した局が多かった野蒜駅です。

DSCN2111.jpg

 東松島市とJRが行った開通記念式典会場。撤収解体が始まっています。

DSCN2112.jpg

 有効な使い方はできなかったのでしょうか。

DSCN2113.jpg

 野蒜駅と東名駅は海辺から高台に、数百m移動して建てられたのですが、元々何もなかった山の上で、周辺の宅地建設はまだ進行中。

DSCN2115.jpg

 駅以外の施設は何もありません。

DSCN2116.jpg

 仙石線の歴史を語る写真パネル。

DSCN2117.jpg

 戦前は私鉄でした。

DSCN2118.jpg

 期待していたイベントは終了しており、土産を買うこともできません。

IMG_8137.jpg

 まだ中継車は二台残っていましたが、撤収中。

     IMG_8135.jpg

 それでも観光客のグループかな、それなりに人が集まっていました。

IMG_8136.jpg

 野蒜海岸方向が見えます。白い三角屋根がこの日から旧野蒜駅

DSCN2108.jpg

 奥松島方向。美しい海です。

DSCN2109.jpg

 次の電車が来ました。

IMG_8140.jpg

 東塩釜からここまでは仙石線の電車でしたが、今度は仙石東北ライナーのハイブリッド車。

IMG_8142.jpg

 基本、一時間に一本ですね。

IMG_8143.jpg

 私のように嬉しいから乗りに来ちゃった風の乗客でいっぱい。

     IMG_8145.jpg

 綺麗な車両です。

 22分で、終点石巻。

DSCN2175.jpg

 一応、これで仙石線制覇かな。

 遅めの昼飯です。

IMG_8147.jpg

 駅のホームからも見える、蔵造り。

     IMG_8153.jpg

 元々うどんの卸しが本業のようなんですが、昼時だけは、食わせてもくれる、ある意味本場の讃岐うどん生産工場スタイル?

IMG_8152.jpg

 食券を買い求め、カウンターに出してできたら貰いに行く、セルフ方式。

8cce0a50.jpg 某サイトから無断借用

 意外でした。

IMG_8149.jpg

 サクサク天丼 ミニうどん付1000円。

IMG_8150.jpg

 うどんは柔らかめなんだけど、芯にコシがある。
 天ぷらもサクサクで美味しかったです。

 石巻駅、仙石線ホームに停車中のマンガッタンライナーは電車です。

IMG_8154.jpg

 前谷地行きの石巻線ディーゼル車。

IMG_8155.jpg

 調子に乗って、初めての石巻線、女川行きにも乗ってしまいました。

DSCN2123.jpg

 たまたま、ニュースなどでも取り上げられた、女川中OBのxxくんも乗っています。

DSCN2127.jpg

 万石浦。上は、牡蠣養殖に使用される、ホタテの貝殻ですね。

DSCN2133.jpg

 20分強で、女川駅に到着です。

DSCN2137.jpg

 石巻線もこの春に全通したばかりですね。この女川駅も、以前の場所から移動しています。

DSCN2136.jpg

 本当は少し歩きまわりたかったのですが、車でも来れるし、次までは二時間待ちだったので、そのまま同じ編成で、石巻まで戻りました。
テーマ : 宮城県  ジャンル : 地域情報

Uhr
天気予想
2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウントダウンタイマー
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: