風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (2)  Trackback (0)

晴れたらドライブ

 13年乗ったTTだが、数年前からずっと買い替えを検討して来て、それはこのブログのカテゴリ”Car&Bike"をクリックしていただいても、ずっとネタになっていることがわかるが、昨年、夏・冬タイヤや、オーディオセンターを交換し、替えにくいモードになっていたし、7月期限の車検も予約しているのだが、前から興味を示していた友人が8月に北海道に転勤することになり、現在乗っているFR車を売って、TTに替えたいという事で、ワタシは急きょ、おととい昨日とディーラーを廻って、CX-3を注文してしまった。

ダウンロードMazdaサイトから

 外圧が無いと変わらないどこかの国のようだ。

 最終的にはスバルXVと二車種に絞って試乗したのだが、XVはやはりアメリカン、デカい。
 TTとジムニーに乗ってきた私には、無意味に思える空間が広がる感じで、ハンドリングやブレーキも大味。

 まぁ、理由は後付けだな。

 これは6月20日。
 梅雨入り前の最後の晴れ間がまたやってくると言うので、北へTTを走らせる。

 仙台は晴れていたのに、大衡あたりは霧の中。

IMG_4288_201706221427226c2.jpg

 古川で朝飯にする。
テーマ : 宮城県  ジャンル : 地域情報

Category: ドライブ

Comment (0)  Trackback (0)

ドラゴンズ愛

 そろそろ梅雨入りするはずだったのに、意外に好天が続く6月前半。

 それでまたドライブに出かけることにした。

P1050288_20170613084901f55.jpg

 9日の朝。東北道を北へ。上は栗駒山、下は焼石岳。

P1050290_20170613084902e78.jpg
テーマ : ドライブ記  ジャンル : 車・バイク

Category: ドライブ

Comment (0)  Trackback (0)

ダブル天然 ?

 このブログは、まず自分のための備忘録なので、なるべく日付は書き込んでいるつもり。
 もちろんパソコンに記録されている画像には、日付情報がある。

 これは6月6日。天気予報では、もうすぐ梅雨入り、その前の最後の晴れ間になるかもという事だったので、ウォークして朝飯を食った後に、TTでまずは利府中インター、三陸道へ入る。

IMG_4004_20170611161359fcb.jpg

 そのまま現在は終点の南三陸海岸インターまで初めて走り、国道45号を北へ。

IMG_4006_201706111614015eb.jpg

 良い天気だ。

 平日の45号線は、渋滞が激しい。
 復旧関連車両が多いのでやむを得ないが、一応記録。

 気仙沼を過ぎて唐桑、国道を逸れて半島へ。
 ニッコウキスゲが見ごろなのだ。

P6060030.jpg
テーマ : 宮城県  ジャンル : 地域情報

Category: ドライブ

Comment (0)  Trackback (0)

遠足の帰り径

 志津川の朝。

IMG_3647.jpg

 6時前にロビーで珈琲を飲んでいると、どうも早朝から釣りに出掛けた同宿の人多し。

 昨夜はうるさくて、迷惑をかけたことだろう。

P1050185.jpg
テーマ : 宮城県  ジャンル : 地域情報

Category: ドライブ

Comment (1)  Trackback (0)

大人の遠足

 震災前は、会社の仲間や、友人たちと、時々志津川の民宿に出掛けていた。
 宮城県内には、松島や蔵王、鳴子など全国区の観光地があるし、仙台市内にも秋保や作並と言った温泉地があるのに、仙台の人たちは週末に志津川に出掛けていたのだ。

 温泉はないし、民宿だから設備もそれなりなのだが、魚料理がそれは豪快で、おそらく何十という民宿が、志津川湾周辺の海岸にはひしめき合っていた。

IMG_3602mo.jpg

 しかしそのほとんどが津波の被害を受け、私がしばしばお世話になった、戸倉の潮風も、復活していない。

 おそらくそれは、志津川に限らず、青森から千葉まで、同様の悲劇が同時進行しているのだろう。

 これは、5月の26日金曜日。仲間と連れだって、まずは女川へ。

IMG_3618.jpg
テーマ : 宮城県  ジャンル : 地域情報

Category: ドライブ

Comment (2)  Trackback (0)

すだれどころじゃ

 曜日の感覚がなくなってきた。毎日が土曜日なのだが、私的に関連が深いのはゴミ出し。
 それでも、毎回出さなければならないほどの排出はないので、やっぱり曜日がわからなくなる。

 仁賀保高原を西へ、金浦方向に降りて、国道は使わず、最近できたバイパスで、象潟へ。

IMG_3008.jpg

 また鳥海山が見える。

 象潟の道の駅で昼飯だ。

IMG_3010_20170516061225583.jpg
テーマ : 山形県庄内地方  ジャンル : 地域情報

Category: ドライブ

Comment (0)  Trackback (0)

まったくワンパターンだけれど

 吹浦を後にしたら、向かうは当然、鳥海ブルーライン。

     IMG_2982.jpg

 平日でガッラガラの爽快ヒルクライム。麓にはまだ桜が残っていた。

 一度だけスーパーカブを追い越す。

IMG_2985_20170516054349db5.jpg
テーマ : ドライブ記  ジャンル : 車・バイク

Category: ドライブ

Comment (5)  Trackback (0)

せっかく車は借りたけど

 網走の能取岬から南へ、そしてオホーツク海沿いに国道244号を東へ。

P1050153ast.jpg

 釧網本線と並行して走ると、知床の山々が見えてくる。

 撮影しはぐれたが、藻琴駅がかわいかったので次の北浜駅前で停車。

P1050154.jpg
テーマ : 旅行、旅、ドライブ  ジャンル : 旅行

Category: ドライブ

Comment (0)  Trackback (0)

少し走り回り

 台温泉を後にして、県道28号、287号、8号で種山高原へ。

IMG_2010mo.jpg

 なんとなく広く景色が良さそうなところに来てみたくて、宮沢賢治も好んできたという、物見山周辺なのだが、雪多し。

P1040907_20170407060209b3a.jpg
テーマ : ツーリング  ジャンル : 車・バイク

Category: ドライブ

Comment (2)  Trackback (0)

おせちには縁がない

 暮れの新聞折り込みチラシでたっぷり目にした、豪華な重箱入りおせち。
 出来合いを買うにしても、自分で作るにしても、多くの家庭で準備するものなのでしょうか。

 新年にそんな話を友人たちとする機会があったので、一生懸命想い出しているのですが、どちらかと言うと都会より地方で、永くその土地に根付いている一族の本家、さらにさまざまな意味で地元でつながりが深い家ほど、正月に訪問客が多いのではないかと。
 そうすると自然に立派なおせち料理を大量に準備する必要があったのではという結論です。
 ふつうはもっとシンプル。

 宇都宮から東京に出てきた両親の実家は、栃木の県南からと、山梨から群馬経由で移り住んだ、それぞれ祖父が建てた家で、どちらもあまり近隣には一族もいませんでした。
 子供のころは新年を宇都宮で迎えることが多かったのですが、両方の実家に集まるのは叔父叔母や従兄弟がほとんどで、良く知らない人はせいぜい大叔父程度。身内ばかり、それでも父は8人姉弟だったので、かなり賑やかではありました。

 その父が、好き嫌いの多い人だったし、おせちらしい料理の中で好きなのは、松前漬けだけと言う人だったので、おせちには意義を感じないためたぶん自宅ではあまり揃えず、、私もあまり記憶が残っていないのですが、そんな子供のころに田舎で食べたおせち、雑煮以外で、栗きんとん、黒豆、ごまめ(田作り?)、蒲鉾に伊達巻は想いだします。
 先日のべっぴんさんで、なますと里芋もあったのを思い出しました。

 今はなんちゃって雑煮以外、どこかでお呼ばれでもない限り、全く食べません。

P1030984.jpg

 今年の元旦は、前倒しで報告したとおり、いわきの海岸で初日の出に祈った後、宿に戻って初風呂。

sennen-pic2.jpg無断引用
テーマ : 福島県  ジャンル : 地域情報

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: