風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 神社仏閣教会

Comment (0)  Trackback (0)

予定外の神社巡り ~瀬戸徘徊⑦

 先月22日の朝。

P1030318_20180429110004b31.jpg

 高松のホテルの部屋から、日の出を眺める。

P1030320.jpg
テーマ : 神社・仏閣巡り  ジャンル : 旅行

Category: 神社仏閣教会

Comment (2)  Trackback (0)

カオス (西域巡礼~玖)

 興福寺境内を散歩した後は、そろそろ最後、東大寺が残っていた。

 国宝の南大門。

P1020868_20180415070947d10.jpg

 さらに物凄い人の数。それもほとんど外国人で、日本語が聞こえたとしても、ほぼ修学旅行生だ。

 鹿の糞を踏まない人はいないだろう。

     P1020870.jpg

      ポロポロ ↑
テーマ : 古寺巡礼  ジャンル : 旅行

Category: 神社仏閣教会

Comment (2)  Trackback (0)

静謐な寺 喧噪の寺 (西域巡礼~捌)

 浄瑠璃寺から市内に戻る途中で、どこか寄ろうよという事になり、友人が選んだのが秋篠寺。

P1020829_201804150505500fa.jpg

 こちらは、光仁天皇、桓武天皇の時代なので、ちょうど都が奈良から京都に移る頃の創建。

P1020830_20180415050551a1f.jpg
テーマ : 古寺巡礼  ジャンル : 旅行

Category: 神社仏閣教会

Comment (0)  Trackback (0)

ちょっとだけ京都 (西域巡礼~漆)

 10日の朝は、ホテルの朝食。

IMG_2912_20180414161834d2c.jpg

 そして市の中心部から北東方向へ。

 奈良のガイドブックを物色して来てみた寺なのだが、意外にも京都府内であった。

P1020775.jpg

 木津川の、岩船寺に開門8:30前。

IMG_2913_20180414155415225.jpg
テーマ : 古寺巡礼  ジャンル : 旅行

Category: 神社仏閣教会

Comment (0)  Trackback (0)

奈良っぽくなかったか (西域巡礼~陸)

 斑鳩から大和郡山を通り抜けて、やっと奈良市内へ。

 今度は薬師寺だ。

P1020744_20180413143533a52.jpg

これは薬痴寺先輩→20150905_1220763.jpg

 役者やのう。
テーマ : 古寺巡礼  ジャンル : 旅行

Category: 神社仏閣教会

Comment (0)  Trackback (0)

さて、いよいよ本命の (西域巡礼~伍)

 飛鳥を後にして、今度は斑鳩へ。
 47年前の修学旅行も、おそらく同じようなコースだった。

 ところが台風が奈良を直撃。
 飛鳥はなんとか傘をさして歩けたのだが、奈良に入ったらもうバスから外に出られない状況だった。

 それで奈良には来たけど、写真も全くない。

 いよいよその半世紀ぶりのリベンジを前に、腹ごしらえ。
 JR法隆寺駅近くの裏道で見つけた洋食屋だ。

    IMG_2862_2018041314280033c.jpg

 順番待ちで駐車場に入った。

    IMG_2858_2018041314275810c.jpg

 日替わりメニューは、カラアゲとミンチカツ? 定食で680円。
テーマ : 古寺巡礼  ジャンル : 旅行

Category: 神社仏閣教会

Comment (2)  Trackback (0)

男子禁制では? (西域巡礼~弐)

 セントレアから南知多道路、伊勢湾岸道、東名阪道、紀勢道かな、聞きなれない高速道を走り抜け、津からは県道と国道で、名張から県境を越えて、奈良に入って宇陀。

P1020574_20180412084625310.jpg

 室生寺に到着した。

     P1020575_2018041208462652e.jpg

 女人高野。
テーマ : 古寺巡礼  ジャンル : 旅行

Category: 神社仏閣教会

Comment (0)  Trackback (0)

たまには松島

 今月13日は、松島海岸に向かった。と言っても仙台からは車で小一時間。

DSC06169.jpg

 近くのコインパーキングにCX-3を停めて、まずは瑞巌寺へ。

 平成の大修理はまだ続いているようで、参道右手の崖の部分には入れなかった。

IMG_1940_20180316174122943.jpg
テーマ : 古寺巡礼  ジャンル : 旅行

Category: 神社仏閣教会

Comment (2)  Trackback (0)

トルコの文化まで? (さらに西へ9)

 興福寺からホテルに戻り、テレビを見ながら少し昼寝。
 たっぷりオリンピックを見たかったが、BSが入らないテレビだった。

 雨が上がった夕方、また歩き始める。

IMG_1400_2018022716051545c.jpg

 これは、もう一つのフェス会場である、中央公園。

 龍の唐風立佞武多があった。辰か。

       IMG_1402_20180227160515813.jpg
テーマ : 長崎  ジャンル : 地域情報

Category: 神社仏閣教会

Comment (0)  Trackback (0)

五重塔は無いけれど(さらに西へ8)

 雨の軍艦島クルーズから陸に戻ったのは13時前。
 まずは昼飯処探し兼、長崎歴史文化博物館の場所確認のため、市電で大浦海岸通から公会堂前まで。

    IMG_1343_20180227091506347.jpg

 博物館にある上野彦馬の写真機を見たかった。

IMG_1344_2018022709150733f.jpg

 ガイドブックには不定休とあるし、ランタンフェス中だからと楽観的に構えていたが、あるある休館日。

 やっぱり月曜日の公共施設はダメだ。
テーマ : 神社仏閣  ジャンル : 学問・文化・芸術

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2018