風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 神社仏閣教会

Comment (2)  Trackback (0)

本殿は山々と樹々(大人の鉄旅6)

 1月27日の朝は、あずさ3号で、上諏訪から下諏訪までひと駅。

P1010861_20180202102620960.jpg

 諏訪湖が眺められたが、結氷してたのかな。

IMG_0515_201802021026194ff.jpg

 とにかく寒かったが、好い天気だった。
テーマ : 神社  ジャンル : 学問・文化・芸術

Category: 神社仏閣教会

Comment (0)  Trackback (0)

これまた実に久しぶり(大人の鉄旅1)

 25日はまた、市営バスで仙台駅へ。

IMG_0291_2018012910574865f.jpg

 寒波が到来した日で、朝から雪だったが、家を出た時は止んでいた。

IMG_0294_20180129105751fc7.jpg IMG_0292_20180129105750952.jpg
テーマ : 建築  ジャンル : 学問・文化・芸術

Category: 神社仏閣教会

Comment (0)  Trackback (0)

やっぱり、雪国だった

 朝、BS3チャンネルで、花子とアンと、わろてんかを見る。
 今ちょうど同じ時代の東京と大阪が舞台なのが興味深い。どちらももうすぐ関東大震災。

 4日は二井宿峠を越え山形に入っても、当然だけど積雪は変わらない。

IMG_9862.jpg

 道の駅たかはた。

IMG_9865_20180106171129062.jpg
テーマ : 神社・仏閣巡り  ジャンル : 旅行

Category: 神社仏閣教会

Comment (2)  Trackback (0)

早朝参り

 元旦。いつも通り4時ころには目が覚めたので、5時過ぎに厚着をして外に出た。
 マンションの玄関前に、朝刊がいつもの5倍くらいの高さに積み上がっている。

    P1090468.jpg

 どうも、販売店が軽トラで拠点に新聞束を降ろし、配達員がそこから自転車に積み替えて配る仕組み。
 この辺りはマンションが多くて、配達のコスパは良い地域だと思うが、時々挨拶を交わす配達のおばぁちゃんは腰が曲がっている。

P1090469.jpg

 時間的には夏場だったらウォーキングを開始するタイミングだが、冬場にこの時間帯は無理。

 西の方向に歩いて行くと、作並街道に提灯行列だ。

P1090472.jpg

 広瀬川の北側を通る、かつては国道48号線だった街道も、一昨年折立までが、市道に二段階格下げされた。
テーマ : 日本文化  ジャンル : 学問・文化・芸術

Category: 神社仏閣教会

Comment (0)  Trackback (0)

電車とバスに乗りまくり

 飛田給のホテルは、一階に結構本格的な中華レストランがあり、そこが朝食会場だった。

       IMG_8663_20171121092144866.jpg

 毎回同じようなものを取ってしまった、バイキングコース。

IMG_8660_20171121092142f51.jpg

 中華粥が食べられる。
テーマ : 神社・仏閣巡り  ジャンル : 旅行

Category: 神社仏閣教会

Comment (0)  Trackback (0)

はやめに戻れたので

 10月30日。

IMG_8078_201711051643509ba.jpg

 会津柳津駅を降りてまたバスに乗って向かったのは、虚空蔵尊。

PA300070.jpg

 日本三大虚空蔵尊のひとつだという。

 清水寺の舞台に似たテラスがある。

PA300069.jpg
テーマ : 神社・仏閣巡り  ジャンル : 旅行

Category: 神社仏閣教会

Comment (0)  Trackback (0)

神々の月灯り

 麒麟の工場見学を終えた後、向かったのは多賀城市内の居酒屋。

IMG_7605_201710121724262ca.jpg

 まだ16時前だ。

 住宅街にある、咲くら。

 元漁師のママの手で、地酒のボトルが並べられていく。

IMG_7611_201710121724295e5.jpg

 8人ほど座れる曲尺型のカウンターは貸し切りだ。
テーマ : 神社  ジャンル : 学問・文化・芸術

Category: 神社仏閣教会

Comment (0)  Trackback (0)

こんぴらふねふね

 さて、5月23日。9時までに順調に讃岐うどん3杯をクリアしたため、手持無沙汰というか、時間が出来てしまった。

 それで、高松到着以来、どうするか検討を重ね続けてきた、金毘羅参りを無謀にも強行することになった。

 琴平町へ移動し、9:30。 一段目。ここから始まる。

P1050061_2017053011311970c.jpg

 もちろん参道にもうどん屋があり、参拝客を待っている。

P1050060.jpg
テーマ : 神社・仏閣巡り  ジャンル : 旅行

Category: 神社仏閣教会

Comment (0)  Trackback (0)

ワタシは地図好き

 週末。
 久しぶりに仙石線に乗って、本塩釜まで。

IMG_0488_201612111644542fb.jpg

 西塩釜と本塩釜の駅の間で、色鮮やかな三重塔が見えるお寺があります。

IMG_0496_2016121116450384f.jpg
テーマ : 神社・仏閣巡り  ジャンル : 旅行

Category: 神社仏閣教会

Comment (0)  Trackback (0)

紅い 赤い 朱い

 さて、仙台北山の輪王寺です。
 市内では数少ない、拝観料がかかる庭園があるのです。

     IMG_0183_201611131727067be.jpg

 そういえば、北山のお寺って、本堂をじっくり見たことがありません。

PB130056.jpg
テーマ : 紅葉の写真  ジャンル : 写真

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272802 2018