風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: カメラ

Comment (2)  Trackback (0)

使えるだろうか。

 先日来、iPhoneを6から7に更新するのに伴って、auからMNPして、MVNOと契約するプランを書いてきましたが、今週新たな事実が発覚。

 最近まで使用して来た6が1月で二年になるのはわかっていたので、そこがMNPするベストタイミングだと、ずっと信じていたのですが、auのページで調べてみたら、私の二年割の更新時期は来年の7-8月なんです。

 どういう仕組みなのか調査中なんですが、どうも2008年にdocomoからau(当時はガラケー)したのが8月なんですね。
 二年割はそこから始まって、二年おきに更新されてると。

 こういう仕組み、学校で教えないと。
 更新時期以外にMNPすると、二年割の解約料を取られるのですが、7月まで待つか、とっとと金払って移るか。

IMG_0138.jpg

 先週日曜日は、先輩のガレージでカメラの展示即売会があるというので、行ってみたのですが、なぜか入手したカメラの多くはすでに業者に転売済み。順番が違うような。

P1030171_20161109055235a19.jpg

 それでも昭和一けたのカメラと、ニコンのレンジファインダーレンズを分けてもらってきました。
テーマ : フィルムカメラ  ジャンル : 写真

Category: カメラ

Comment (2)  Trackback (0)

クラシックカメラマン130

 大隅教授の、オートファジー。
 昨夜のニュースを見ても、アナウンサーも視聴者もちんぷんかんぷん。

 さすがのNHKも準備不足でした。
 私にとって唯一引っかかった言葉は、脂肪肝。勉強しないと。オートファジーを食べると脂肪肝が治るのかな。

 しばらく触れないままになっていたのですが、今年の春に入手したクラシックカメラ。

P1020895.jpg

 戦前に生産された、独逸Zeiss Ikonのカメラです。

P1020887.jpg
テーマ : フィルムカメラ  ジャンル : 写真

Category: カメラ

Comment (6)  Trackback (0)

モダンカメラマンLⅩⅣ

 最後の夏のボーナスで、こんなカメラを中古で入手していました。

P1020817_201609111053168ea.jpg

 2013年発売の、OLYMPUS OM-D E-M1.。

 とにかくデザインが素晴らしい。

P1020816.jpg
テーマ : ★カメラ&レンズ・機材  ジャンル : 写真

Category: カメラ

Comment (0)  Trackback (0)

サイレントだと光らない

 昨日は久しぶりに自宅で、地震の揺れを感じました。
 頻発するのも嫌だけど、しばらく揺れないのも心配。妙にほっとした部分も。

 先日、友人の結婚パーティがあると言う事で、LX100で撮影しようと決めたのですが、このカメラ、内蔵ストロボが無いんです。

   DSCN2040.jpg

 それで、外付けのストロボをおとりよせ。

P1010820.jpg

 ところがこれが光らない。
テーマ : ★カメラ&レンズ・機材  ジャンル : 写真

Category: カメラ

Comment (0)  Trackback (0)

ますますデジカメの出番が減る

 昨日の記事に引き続いてですが、昔勤めていた会社の年金基金から、老齢給付金プラスアルファ部分の受給案内が届きました。
 請求すれば、今年から受給できるようですが、やはりもう老齢なんですね、私って。
 請求にはマイナンバーの提出が必要です。



 ふだんデジカメを使うとき、ほとんど"A" か"P"のポジションでカメラまかせなんですが、強いて使うのは露出補正機能。
 昔はISO/ASAのダイヤルを替わりに使ったりしたものですが、朝焼け夕焼けや月を撮る時には主にマイナス方向に調整して、わざと暗めの画像にすることで、明るい空の部分や月面の表情を飛ばすことなく捉えることができます。

 一眼とコンデジを併用するときには、大体コンデジの方が明るめに写るため、-1/3EVぐらいにしておくとちょうど良かったりしましたが、最近のカメラはそれほどでもないかな。

 それで露出補正のしやすさが、カメラを選ぶ時の大事なポイントになります。

 最近多用しているスマホカメラですが、露出補正ができるアプリが無いか探していたら、iPhoneのカメラアプリでも補正可能なことに最近やっと気づきました。トホホです。iOS8からだったのかな。

 某サイトから無断引用画像。

     iPhonecamera.jpg


 撮影画面で、露出を合わせたいとこをタップすると、スポット測光になるのはデジカメと同じですが、その時右側にブライトネスのスライダーが出てるんですね。

 それを上下することで、補正が可能に、それも絵を見ながら。

 進化しています。
テーマ : iPhone/iPad  ジャンル : 携帯電話・PHS

Category: カメラ

Comment (8)  Trackback (0)

らしいのか、らしくないのか

 真田丸。
 だんだん三谷風が強まって来てますね。

 家康の人物像もコメディだし、安土城に向かう明智勢を、騎馬の信繁が追い越すシーンなんて、大河ドラマ的にあり得ない。
 これからどうなって行くんでしょう。



 先日、最近のデジカメデザインが先祖帰りして、クラシカルになっていることを書きましたが、プロやハイアマが使っているニコンやキヤノンのデジイチは、やたら丸っこいですよね。
 たぶんそれが、撮影するための極限の使いやすさを追求した形状なんでしょう。

 究極の撮影が必要ない、趣味の人には、へそ曲がりと言うか、天邪鬼と言うか、合理的な機能美とは別の価値観を持つユーザーも多いもんです。

 これは、2013年発売のOlympusのOM-D EM-1.。

e-m1_s.jpg

 フィルム時代、OMシリーズの雰囲気、を一番強く残すデザイン、実に格好良い。

 比較用に、私のOM-4です。

R1058291.jpg

 ※ 私のカメラ以外は、無断引用画像です。
テーマ : ★カメラ&レンズ・機材  ジャンル : 写真

Category: カメラ

Comment (0)  Trackback (0)

モダンカメラマンLⅩⅢ

 いちばん最近買ったカメラの紹介。

P1050282.jpg

 PANASONICの、LUMIX TZ70です。

 借用画像ですが、CANONのG9Xや、Fujiのカメラたちとともに、モダンクラシックなデザイン。

   s-L.jpg

 どうも最近のカメラデザインは先祖返りしていますね。良い傾向です。
テーマ : お散歩カメラ  ジャンル : 写真

Category: カメラ

Comment (2)  Trackback (0)

クラシックカメラマン129

 今週から、ブログの機能で、いわゆる”つづきを読む”、私の使っているテンプレートでは、”Continue"と言う記述を使って、トップページに載る記事のサイズを小さくしてみました。

 こうすると画像が多い私のブログの場合、トップページがかなり軽くなるはずで、非力な環境で開くときにかなり軽快になるはずです。どうでしょう。

 続きを読みたい場合は、Continueを押してください。コメントもこれで読めます。
 併せてトップページに載る記事の数は、5から7に変更してみました。

 今日はまた、蔵出しのクラシックカメラを紹介します。

P1000105_20151205141900f5c.jpg

 1955年に生産が始まった、キヤノンのⅣSb改。紫電改みたいでカッコいい名前です。
 今年還暦になりますね。私よりいっこ上。
テーマ : フィルムカメラ  ジャンル : 写真

Category: カメラ

Comment (0)  Trackback (0)

クラシックカメラマン128

 久しぶりのクラカメ紹介です。

 ナチス時代のドイツ、1938年発売の、Zeiss Ikon社製、TENAX Ⅱです。

P1000018_20151121140324b4c.jpg

 ずいぶん前から欲しかったメカニックな距離計連動式カメラで、やっと最近手に入れることが出来ました。

 当時としては非常に明るい、40mm/F2.0のゾナーが付いています。こちらはCarl Zeiss。

P1000019.jpg

 このレンズが交換可能なんです。

PB210003.jpg

 バヨネット式のレンズは4種類あるのですが、市場にはほとんど出回っていないそうです。

 ピント合わせのメカニズムである、レンズ位置の前後調整とともに、回転式プリズム式のレンジファインダーの一部が、レンズ側に付いていて、一緒に外れます。

PB210005.jpg

 気が付かれた方もいると思いますが、このカメラはスクエアフォーマット、正方形の写真が撮れます。
 フィルムは普通の35㎜が使えるので、24x24㎜のスクエアです。

 ROBOT ROYAL24と同じフォーマットですね。ただしROBOTには通常の36x24㎜フォーマットモデルもあります。

P1000020.jpg

 そして一番の特徴は、向かってレンズの左上にある、フィルム巻き上げノブです。

P1000021.jpg

 日本では招き猫と呼ばれるのですが、ワンストロークでシャッターのチャージも行います。

P1000028_201511211403297cb.jpg

 フィルムの巻き上げと、レンズシャッターのチャージは、力学的に捻じれの位置に回転軸を持つため、どちらをメインに考えるかで、ノーマルな上面の水平巻き上げレバーにするか、このような形にするかの選択肢があるわけなんですが、フィルム巻き上げの方が力がかかるからでしょうね、このスタイルはマイナーです。

 国産でも、KonicaのⅢシリーズに、似た形態の巻き上げレバーを持つものがあります。

P1000026_2015112114051991c.jpg

 ただ付いている向きが逆、車のウインカーレバーも、欧州車と国産車で逆なのに似ています。

 ちなみに、TENAXは1ストロークですが、KONICAは2ストロークです。小刻み。

P1000027.jpg

 水平式のレバーがメジャーになったのは、シャッターがフォーカルプレーンになっていったのと関係がありますかね。

 背面カバーはContaxと同じ、底面ごと下方向にスライドして完全に分離するタイプです。

P1000023.jpg

 巻き上げ側のフィルムスプールが欠品なので、他のカメラから使えそうなものを流用する必要がありますが、ネットで検索すると、通常のフィルムのプラスチック軸を削って作ることもできるようです。

P1000024.jpg
テーマ : クラシックカメラ  ジャンル : 趣味・実用

Category: カメラ

Comment (2)  Trackback (0)

モダンカメラマンLⅫ

 先日、報道フロアを徘徊してた時に、打ち合わせテーブル上にこんなものが放置されていました。

     IMG_9805.jpg

 私が踏んだのではありませんよ。

 iPhone4か4sのようです。

 以前所有していた限定生産の防水カメラを、昨年初夏のガレッジセールで、ノリで販売してしまい、その後ポチしてしまった、別のカメラ。

     DSC04227as.jpg

 Olympus STyLUS TG-850です。10m防水。

 たぶん一年ぐらい前に購入しました。

DSC04230_20151024061904623.jpg

 広角側が35㎜換算21mm相当のウルトラワイドと言うのが決め手。
 防水以外にもアドヴァンテージが欲しいですよね、無駄遣いするためには。

IMG_9784.jpg

 防水カメラには珍しく、液晶モニターが開きます。

DSC04233_201510240619064ba.jpg

 水中で自撮りが可能。やりませんけどね。

     DSC04231.jpg

 先日の釣りの時には持参しました。

PA170035.jpg

 雨模様のアウトドアイベント用でもあるんですが、あまり出番はありません。

PA310001.jpg

 緊急用予備で、持って出ることは多いけど、あまり使うチャンスがないのかな。
テーマ : ★カメラ&レンズ・機材  ジャンル : 写真

Uhr
天気予想
2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

カウントダウンタイマー
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: