風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 不健康

Comment (0)  Trackback (0)

ホトケノザまで食ったのか

 もうちょっと前ですが、1月7日、社員食堂で、七草粥が出ました。

IMG_1898.jpg

 ウィキペディアから。
 七種粥とは、人日の節句(1月7日)の朝に食べられている日本の行事食(料理)である。
 春の七草や餅などを具材とする塩味の粥で、その一年の無病息災を願って食べられる。祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われる。
 この行事は、平安時代には行われていたが、室町時代の汁物が原型ともされている。
 関東地方の例では、1月6日の夜、あらかじめ用意したセリ、ナズナ、ゴ(オ)ギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロの「七草」をまな板の上に載せ、以下の歌を歌いながらしゃもじやお玉杓子、包丁の背などで叩いて細かくする。
 七草なずな 唐土の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に ストトントン
 明けて7日の朝に粥を炊き、叩いた七草を入れて七草粥にする。そして朝食として食べる。

 七草粥は七草すべてが使用されるわけではなく、また地方によっても食材が異なる場合がある。
 気候や降雪の関係で七草が摘めない東北地方では、七草を使わない粥を炊く。
 山形県の村山市周辺ではゴボウ、ニンジン、こんにゃく、ずいき、油揚げなどを入れた納豆汁、七草汁を1月7日の朝食として食べる。
 最上川流域では1月7日に新米の握り飯を12個作り、箕の上に乗せて柳の箸を刺して「おみ玉」として飾る。その後で握り飯を崩して煮込み、野菜、昆布、干し柿、栗を入れたものを「七草粥」と呼ぶ。
 また、青森県や秋田県では1月7日に行事を行う地域は少数である。そのかわり、1月16日の小正月には、けの汁という根菜を大量に炊き込んだ精進料理を味わって祝う。


 社員食堂では、日替わりのミニ丼というのがあって、牛ごぼう飯や、チャーハン、カレーライスあたりが定番なのですが、この日はそれが、七草粥だったのですね。

IMG_1897.jpg

 天ぷらや、シウマイと一緒じゃ、胃は休めませんね。

 今日のおまけ


 世界で最も多目的なカメラ、GoPro(ゴープロ)HERO3で撮影されたデモ映像です。
テーマ : 今日のランチ!  ジャンル : グルメ

Category: 不健康

Comment (2)  Trackback (0)

あるけあるけ

 先日、仕事場の卓に先輩が万歩計を忘れていったのを見て、ふと思いつき、検索したら、ありました。

IMGP0027.jpg

 万歩計の無料iアプリ。

IMGP0026.jpg

 以前ゲットした万歩計は、一個目を自分の車で轢いて壊し、二個目は旅先で失くし、それ以来パソコンソフトはあるけど、メータがない状態だったのでした。

PC220717.jpg

 グラフ表示やら、細かい設定もできるようです。
 ただ、一番歩きまわる会社内だと、机に置きっぱなしのことが多いんですよね。社内電話もPHSなので、二個持ちが面倒で。

 仕事場は4階、社員食堂が1階。
 以前は階段を登り降りしていたのですが、最近はエレベータ使っちゃうことが増えてます。

IMG_1704.jpg

 昨日は恒例(といっても二回目)の食堂無料開放デー。

 と言っても食堂にはいつも無料で入れるんですよねーー。
 この日はマグロ丼か、ビーフストロガノフ、あとは麺類が全て無料。

IMG_1705.jpg

 怪しげなゼリーのデザートも付いてましたが、パス。

 ビーフストロガノフって肉は薄切りじゃなかったかな、と思いつつ、結構たくさん入ってた牛肉、シチュー用なのかな、硬し。

 去年のほうが美味かったな。
テーマ : 今日のランチ!  ジャンル : グルメ

Category: 不健康

Comment (0)  Trackback (0)

先週のおやつ

 先日梅雨入りした仙台、今朝の空は、

DSCN1218.jpg

快晴です。

 去年もこれがあったから、梅雨入りしたと見られる宣言が延び延びになって、例年に無く短い梅雨になったのでした。



 またまた誰かの真似をして。

     IMG_0747.jpg

 いろんな所から届いたお菓子です。

 尾張名古屋の天守閣。

 鎌倉半月。岩手銘菓ささきのせんべい。白い恋人。

          IMG_0734.jpg

 ありがとうございます。

 こちらは....................

      DSC00086_20120610080747.jpg

 食後のおやつ。

 ところで今回もらった薬にこんなのがありました。

      R6250415.jpg

 胸や上腕部に貼り付けると、体が薬剤を吸収して、気管を拡げるそうです。
 いろんな薬があるもんですね。
テーマ : 和菓子  ジャンル : グルメ

Category: 不健康

Comment (6)  Trackback (0)

天敵との戦い

 昨日は久しぶりにパソコンの電源を入れ、ブログ記事を書くことが出来ました。
 iPhoneのタッチパネル入力、あのサイズの端末には究極のインターフェイスかとも思いますが、デスクの前で大型液晶モニターを見ながらでは、やはりマウスとキーボードのほうが、ずっと使いやすいです。老眼との関連もあるんですけどね。
 iPad端末あたりが境界になるのでしょうが、旅先のホテルの部屋や、新幹線の席で使うことを考えると、まだタッチパネルよりは、折りたたみモバイルノート端末の方にメリットがあるかと思います。

 今日は弟の誕生日なのです(おめでとう!)が、偉大なる指導者の御方と同じでしたね。

 さて、火曜日の午前中に入院、水曜日と金曜日にESWLを受け、昨日土曜日の午後に退院しました。四泊五日。

       IMG_0431.jpg

 基本的に画像は、iPhoneの超微音カメラを使用してます。画質悪し。
 院内ルールでは、ケータイ電話は談話室のみOKということなのですが、通話しなければベッドで使用していても、特に怒られることはありませんでした。

 病棟に入ると最初の処置が、これ。

       IMG_0434mo.jpg

 患者誤認防止用リストバンド装着です。耐水紙の方、院内用IDですね。 

 グリーンのスパイラルとプラのカセットは、金庫とテレビのキーになります。未だにテレビは有料、ビジネスホテルはとっくに無料化されているというのに。上の画像だけは、Camera+というiアプリで撮影・加工してます、やや画質良し。

 ところで、ESWLそのものは、開腹するわけではないし、内視鏡も使わず、一時間弱で終了する作業、脳ドックか長めのCTスキャン程度の時間で終わる工程なのですが、なぜ五日も入院しなければならないのでしょうか。

 大都市では日帰りで実施するクリニックもあるようなんです。
 今回はまず入院して最初の24時間は、レントゲン撮影と諸々の説明多数、消化の良い食事と飲薬のみ。それなら入院の必要はないかと思いました。

 ではあとの四日間は何なのか、一度のESWLで終われなかったのが大きいのですが、あとは点滴との戦いなのです。 前回の入院の時も「点滴が天敵?」と言う記事を書きましたが、点滴が目的で病院にいなければならない、といった印象。

IMG_0447.jpgIMG_0459.jpg

 もちろん何があるか判らない、いざという時に、病院にいたほうが安心なのは確かですが。

       IMG_0446mo.jpg

 知らなかったのですが、点滴の入り口、刺す時は中心に金属針があるものの、以降は抜かれ、シリコンチューブだけが残るんだそうです。

      IMG_0451.jpgIMG_0477.jpg

 ESWLは消化器とは直接関係ないのですが、隣接する腸内にガスが溜まっていると、石が見にくくなるのと、衝撃波が腸内にもいたずらしてしまうということもあるのかも知れませんね、数日前からガス抜き薬を飲み続けます。

IMG_0475.jpgR6250229.jpg

 ESWLは、尿管内の石を衝撃波で破砕する作業(2ヘルツで40分程度)ですから、飛び散った石が傷つける尿管内の炎症を抑えるための抗生物質を中心とした点滴を、術1時間前から6-7時間後まで続けます。翌日も数時間。

  R6250228.jpgR6250234.jpg

 これが入院しなければならない主な理由なのでしょうね。

 一回目の翌日にシャワーを浴びる時間がありました。

      IMG_0460.jpg

 ラッピングです。

  R6250233.jpgR6250230.jpg

 この点滴のリードがつながっている状態、病院との絆とも言えますが、実に不便なんです。
 トイレや買い物にも連れて行かなきゃないし、特にESWLのあとは、尿は全て検査対象ですから、所定の場所に納入する必要があり、ナースステーションの前を行ったり来たり。

 本やiPhoneを老眼の目に近づけようとしてひじを大きく曲げると、止まったりもします。止まると私の血が逆流したりして。

 最初に挿入された点滴針は、退院日に最後の点滴が終わるまで挿しっぱなし、落ち着いて寝返りも打てないのです。まさに天敵。自由という言葉の意味を噛み締めることが出来ます。
 白衣の天使がシリコン針を抜いた時が一番幸せでした。

Category: 不健康

Comment (10)  Trackback (0)

酒が呑めるぞ!!

 先ほど、無事退院しました。
 ご心配をお掛けしました。

 慣れないiPhoneでのブログアップと冴えない画像、トホホです。

 結局二度のESWL。四泊五日の入院でした。

 最後にナースが、たっぷりの薬とともに渡してくれた、「退院療養計画書」。
 退院後の療養上の留意点にはただ一言。

 水分を十分とってください

 おお!! 日本酒の水分は85%前後。たくさん摂らねば。
 この夜のために取っておいた四合瓶もあるし。

R6250238.jpg

 最後のレントゲン写真の結果は結局聞いておらず、完全落下したのかどうかは不明なんですけどね。

Category: 不健康

Comment (0)  Trackback (0)

まったりはできるんだけど..........

市内某所で、隠棲中です。
木曜日は、サイコーのツーリング日和。



ま、娑婆に居たとしても、仕事でしたけど。

三食昼寝付きですが、アルコール抜きなのが辛いです。
廊下の突き当たりから見えるビル。



一階に、みうらが入ってるビルなんですね。100mも離れてない。

湯治に行く時とおんなじような携行品。



電脳グッズもいろいろ。



パソコンは、ネットに繋がらないし、iPodは、iPhoneと完全に被ってる。(撮影はiPhone)リモコンは、俺のじゃないな。

コインランドリーで洗濯をしました。



ドイツに居た頃以来かな、だとしたら30年ぶりだけど。



綿ゴミを取り除くと、早く乾くのを思い出しました。

しかし、昨日入所して来た隣りのオヤジの、鼾は五月蝿いし、今日のモーニング娘。の採血、めっ茶痛かったです。

Category: 不健康

Comment (2)  Trackback (0)

衝撃波アタック ふたたび

これはiPhoneに残ってた先週のおやつ。


今週は、休肝どころか、おやつもなし。
点滴と薬漬けだと、肝臓はやっぱり休めないのかな。

hinyoukika_image01.jpg

Category: 不健康

Comment (6)  Trackback (0)

メンテナンス中

13日の金曜日。



現在、ブログライターが、メンテナンス中です。
復帰まで、少しだけお待ち下さい。

消化の良い食事、その一。



ほぼ野菜だけと思われるオカズと、大盛りの粥。

その二。



いつも、こんな食事だと、いろんな数値も下がるのでしょうか?

その三。



しかし特に不味いと言う事はなく、満足。



そしたら、次の食事は抜きでした、トホホ。

ESWL終了後に軽食、その四かな。



と言っても、またお粥。

次の食事。その五。



これまでで、一番豪華かも。

その六。



ありがたや。
とろろ芋と、海苔の佃煮だったので、ぶっかけ丼に。



普通食の人は、昼と夜はメニューを選べるらしいのですが、吾輩には関係無し。

その七。



バナナを、一本食べるのは、震災後以来かな。



つづく

Category: 不健康

Comment (4)  Trackback (0)

超音波アタック なう

 今日はたぶん、まな板の上の鯉。

     hinyoukika_image01.jpg

 ESWLといいます。体外衝撃波腎・尿管結石破砕システム。
 上手く落ちれば一回で終了の予定なんだけど。

Category: 不健康

Comment (4)  Trackback (0)

rollingして欲しい石

 今週は、半日だけ仕事をサボって、再検査に行って来ました。
 昨年秋に受診した人間ドックで出た、C評価の数々。

 増やさないように頑張るのがせいぜいなのですが、ひとつでも潰そうかというわけなんです。

 玄関前に佐藤忠良さんの女性像が建つ市内の病院です。

       s-IMG_0338.jpg

 うちから歩いて15分ほど。この日は食事制限はありませんでした。

 まず腹部のCTスキャンを受け、問診かと思いきや、今度は腹部レントゲン。
 それから問診。

 あってはいけない場所に8mmほどの石があり、水溜まりが出来ているとの診断。
 破砕したほうが良いでしょうとの御託宣です。

 実は仙台に来て一年目にも、45歳で初めて受けた人間ドックで同じ石が発見され、10日ほど入院して二度処置を受けたことがあったのですが、今回も同じ事になるかも知れません。

 病院によっては日帰りで処置してくれるところもあるようなんですが、入院は面倒ですね。
 痛みもないし、即入院も困るので、来月の再検査と、入院の仮予約。

 それまでは薬を飲んで、うまく行けば再検査時には消えてるかも知れない、といったところでしょうか。
 10年前は一回破砕して取れないと、一週間後に再破砕だったのでしたが、今回はダメなら中一日で二回目だそうです。機械が進歩しているのでしょう。



 七転八倒する人もいる石の滞留なんですが、私は前回も今回も全く痛みはありません。鈍いんですね。

 検査と問診、処方箋をもらっていつもの薬局で薬を受け取るまで3時間。
 遅い時間に出社すると、駐車場が遠くなります。

 帰りには暗い道をとぼとぼ。
 敷地にある結婚式場に明かりが点ってました。

IMG_0345.jpg

 ちょうどバスが着いておじさん達がどやどや入っていきます。
 単なる宴会かな。

IMG_0343.jpg

 iPhone手持ちでも綺麗に撮影出来ました。

IMG_0342_20120318055244.jpg

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
最新の記事
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2019