風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: カメラ

Comment (4)  Trackback (0)

プリーズ、ミスターレンズマン2

 パンケーキレンズってご存知ですか?

 甘いものには全く目があるので、詳しくないのですが、パンケーキと言うのはフライパンのような平たい鍋(?)で作るケーキだそうで、いわゆるホットケーキもそれに含まれるようです。

R1056381.jpg

 そんなカタチ、パンケーキタイプと呼ばれる交換レンズが存在するんです。

 甘いものに目がないカメラマンたちには是非使って欲しいんですね。

R1056378.jpg

 レンズ(この場合は、交換レンズ等の集合体)と言うのは、明るくしようと頑張る、つまり光をたくさん集めようとすると、径がでかくなります。
 そうすると収差、赤から紫までの波長の違いによる光学的な数値差が大きくなり、補正するためにレンズ(ここでは単体、ガラスのレンズ)の枚数が増えていき、全長が長くなるくと言う、ジレンマに陥っていくのです。

 よって性能重視のレンズは、それなりの大きさになってしまうんですね。
 これは、CONTAX用のカールツァイスレンズ。
 左が、プラナー50mm/F1.4、右がテッサー45mm/F2.8です。

R1056382.jpg

 1897年(二つ前の世紀ですよ!)に発明(!)されたプラナーは現在でも明るい(英語ではFast=速いと表現されます) レンズの代名詞ですが、通常6枚から7枚の単レンズで構成されます。

 一方テッサーは1902年の発明、二絞り暗いレンズの方があとから発明されていました。
 テッサーは通常3群4枚の構成です。

 つまり順番は逆ですが、テッサーのレンズ径を大きくして明るいレンズを作ろうとすると、色収差が増えて補正のためのレンズを増やさざるを得なくなり、全体が長くなってしまうと言うわけです。

R1056383.jpg

 ずいぶん長さが違いますよね。
 この差、レンズの長さが、カメラマンのアクションに与える影響は小さくないと思われます。

 また、一般的には構成レンズの枚数が増えると、レンズ間の乱反射が増えます。
 光が空気中からガラス内に入る時に設計どおりに入ってくれない分がわずかに出てしまうんですね。

 メガネが汚れていると気になるのはそれと同じ理由からです。

 そして乱反射は、フレアやゴーストと呼ばれる現象を引き起こします。
 乱反射が写真の一部分に集中すると、例えば電球の光が点々といくつも映ったり、絞りの形、六角形や八角形が斜めに並んだりするのですが、もっと厄介なのが、全体が白っ茶けてしまう現象です。暗い部分が持ち上がってしまうために、ダイナミックレンジが狭くなり、コントラストが失われてしまうんですね。

 ズームレンズになるとさらに顕著。構成レンズの枚数が増えれば増えるほど、基本的にはコントラストの低い絵になってしまうわけです。締まりがない絵。

 もちろん最近の技術、これもメガネと共通ですが、コーティングを重ねることで、乱反射を減らし、フレアを軽減させているのが今のレンズなんです。

R1056380.jpg

 でも原点に帰って、明るくはない(英語ではSlow=遅い)けど、薄くて軽くて締まりのある絵が撮れるのが、テッサータイプと言われるパンケーキレンズなんですね。

 私はまだあまりレンズおたくではないので、実写で差を較べるのは老後の楽しみにとってあるんです。
 厳しい人は、レンズを購入する時も、店で在庫を全部持ってこさせて、較べて選んでいくそうですけど。

 下はこんな使い方をするカメラマンはまず居ないと思われる、巨大なCONTAX AXとの組み合わせ。

R1056392.jpg

 メルセデスが、軽自動車のタイヤを履いているみたいですね。

 テッサータイプのひとつの弱点は、絞りを変えるとピントが若干ずれるそうなので、フィルム移動のAFカメラには合うような気もするんですけど。

 収差には、波長によってピントがずれる、軸上色収差と、色によって像のサイズが異なる(=周辺に色が付いてしまう)倍率色収差があるのですが、興味がある方には個別にお話します。

 あとはうちのパンケーキレンズ自慢です。

 まずはリコーのリケノン45mm・F2.8、もちろんテッサーのパクリですね。55gしかありません。

R1056384.jpg

 今は無きリコーの一眼レフは、Pentaxと共通のKマウントですから、これは最新のペンタックスのデジ一でも使えます。

 次は王者ニコンのニッコール50mm/F1.8

R1056388.jpg

 テッサーほど薄くはありませんが、性能は良さそうです。

 そしてこれはライカ用のアベノン28mm/F3.5、国産です。
 元々スクリューマウント用ですが、写真ではMマウント用の変換アダプターを履いています。

R1056385.jpg

 元々ライカにはパンケーキタイプは無いのですが、フランジバックが短いシステムだとあまり薄くならないからでしょうか。
 むしろ沈胴式が有名な、エルマーはテッサータイプだそうです。

 次は、Pentaxの43mm/F1.9 Limited

R1056386.jpg

 これもテッサーほど薄くはありませんが、Limitedの名を冠するにふさわしいゴージャスなオートフォーカスレンズです。もちろん35mmフルサイズにも使用可能。デジ一で使うと69mm相当になります。

 そして同じく21mm/F3.2 Limited

R1056387.jpg

 こちらはデジタル専用、換算値は、34mmになります。私の一番好きな画角。

 こちらは最近話題のマイクロフォーサーズ用、OlympusのZuiko Digital 17mm/F2.8です。

R1056390.jpg

 こちらも偶然か、34mm相当。
 こんなレンズが最初から発売されるところが、マイクロフォーサーズの魅力ですね。

 同じくPanasonicは、20mm/F1.7です。明るい!!

R1056389.jpg

 40mm相当ですね。

 何でも撮れる高倍率ズームレンズを着けたカメラをバッグに入れて出かけるよりも、パンケーキレンズのカメラを首からぶら下げて、足を使って撮りまくるほうがきっと想い出に残る作品になりますよ。
関連記事
テーマ : ★カメラ&レンズ・機材  ジャンル : 写真

Comments


おはようございます。パンケーキと言えば、やっぱりGNニッコール45mmF2.8でしょう。ガイドナンバーが設定できて便利だったはずが、オートストロボの登場で無用の長物になり、その後薄さに目をつけたマニアに人気が出た。私も冗談で1本購入したが、売れなかったレンズでプレミア商品になってしまった。
通常のニーッコールよりヘリコイドが逆になっていて、使いやすいとはいえないが、持ち歩くに便利。
先着一名様
GNニッコール45のこと書こうと思ったら、先着がありました。随分昔、カメラマン同行の取材のおり、このレンズつけていたこと思い出します。「いいなあ、楽だなあ」と想ったものでした。

パンケーキレンズ、好きですね。
ニコンEMにAiニッコール45mm F2.8Pを付けてます。
持ってるだけでいい感じです。
意外と人気
kazuさん
百日紅さん
結構皆さん持っているもんですね。

おおさん
そうでした
花見の時におおさんがD40にパンケーキ+ワイコンをつけているのを見て、真似したくなったのでした。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2019