風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 街角探検

Comment (4)  Trackback (0)

ハイカラ鶴岡

 さて、鶴岡駅前のホテルにチェックインし、日が暮れる前に街角散歩です。

 駅前からバスに乗り、前回入れなかった此処に直行。

R1057650.jpg

 致道博物館。鶴岡城の西側、三の丸にあります。

 紅に塗られた赤門の奥には、旧鶴岡警察署庁舎。いきなりハイカラ。

R1057644.jpg

 明治17年(1884年)に建てられたものを昭和32年に移築したそうです。

 そう、致道博物館は、建物の博物館なんですね。昨日の記事に書いた、松ヶ岡開墾場もその一部なんです。

 もともと此処にあった、酒井氏の旧庄内藩主御隠殿の向こうには、旧西田川郡役所。

R1057639.jpg

 明治14年(1881年)建築、昭和47年に移築されています。

 さすがにこの建物は、入場料を払わなくても、お堀側からも眺められます。裏っ側ですけど。

R1057618.jpg

 最近の県庁や市役所は、建物の高さでしか、権力を誇示できなくなっていますが、威風堂々はデザインでも可能なんです。

R1057622.jpg

 実に立派。

 夕暮れ間近、日本海から流れてくる雲で、晴れたり曇ったり。

R1057630.jpg

 ムラサキシキブですね。

 こんな古民家まであります。田麦俣の旧渋谷家住宅。

R1057633.jpg

 田麦俣にもまだこの凝った建築、兜造りは残っていますが、これは、文政5年(1822年)創建、昭和44年に移築されたものです。

R1057635.jpg

 鶴岡公園。

 鶴岡城の城址公園ですね、お堀が綺麗です。

R1057661.jpg

 水がある風景は本当に落ち着けます。

R1057660.jpg

 仙台も、四ツ谷用水を一部復活させるか、西公園と広瀬川の接点を上手く利用して、市民の憩いの場を整備して欲しいものです。

R1057665.jpg

 大宝館、これが一番ハイカラかも。

       R1057671.jpg

 大正天皇の即位を記念して建てられた赤い屋根の白い洋館です。

R1057672.jpg

 ずっと堀伝いに歩きます。

R1057674.jpg

 美しいオシドリがいました。鳥ミング。

R1057673c.jpg

 そして鶴岡に来たら必ず寄るのが、このマリア幼稚園。

       R1057687.jpg

 ここにも古風な門の向こうにハイカラな建物があるんですね。昔の武家屋敷跡に建つからなんです。

R1057678.jpg

 明治36年建築の、鶴岡カトリック教会天主堂。ロマネスク様式だそうです。

R1057685.jpg

 ステンドグラスに似ていますが、実際にはもっとコストパフォーマンスの良い、窓絵。

   R1057683.jpg

 透明な紙に描いた絵を二枚のガラスに挟んだもので、国内では此処でしか見られないそうです。

       R1057684.jpg

 造ってみたい。

 そして、アヴェ・マリア。

       R1057680.jpg

 有名な黒いマリア像です。前回訪問時の記事をご覧下さい。

R1057681c.jpg

 門の横に売店があったりするんですが、センイチ???

R1057688.jpg

 帰りはのんびりホテルまでぶらぶら。

R1057689.jpg

 知らない街を、時間に追われず、ぶらぶら散歩。

 私にとっては贅沢な時間です。

R1057694.jpg

 マンホールの絵は大宝館でしょうか。

 ところでハイカラのカラは、カラー、色のことかと思ってましたが、違うんですね。学ランのカラーだそうです。

R1057693cc.jpg

 駅前ホテルの窓から正面に見える平屋の建物群、どうも米の備蓄倉庫のようです。

R1057695.jpg

 酒田の山居倉庫と同じ役目ですね。

 ひと風呂浴びて、出かけます。

 仙台と同じで、繁華街は駅からはちょっと離れているようなんですが、もう歩きたくないので、ガイドブックやネットで調べたり、anegoにメールしたり、結局歩いてすぐのこのお店です。

R1057708.jpg

 和定食「滝太郎」。

       R1057701.jpg

 大広間なんかもあるようなお店ですが、手頃なカウンターもありました。

 すげーー、今日のオススメがこんなに沢山。イェーーっ。

R1057700.jpg

 上だけはクリックすると大きくなります。

 酒は、冨士 純米吟醸酒 雪の降る街を(辛口・濃醇)です。私の大好きな栄光冨士、地元の人は、冨士って呼ぶんです。二合で1,470円。

       R1057699.jpg

 地鶏おろしポン酢。735円。 

R1057703.jpg

 んんまい。

 茄子と白身魚の揚出。700円。

R1057704.jpg

 ボリュームたっぷり。

 サービス価格650円の初孫魔斬 生もと純米本辛口。300ml。

       R1057706.jpg

 すみません、飲み切れませんでした。

 ブリのお造り、900円。

R1057705.jpg

 トロトロでした。

 これで満腹、定食は食べられませんでした。
 ホテルに戻って早めに就寝。翌日に備えます。
関連記事
テーマ : 東北旅行  ジャンル : 旅行

Comments

贅沢三昧
世知辛いこの時代にマッタリとした時間を過ごし、美味しい酒に浸り美味しい物を食べるなんて贅沢な1日でしたね・・・

「菅原イチローヂ商店」の建物の雰囲気良いですね!

滝太郎さんには口細カレイがあったんですね。
狙っていたのに宿では食べられなかったわ。。。

この週末はなおちゃんと3人、庄内ニアミスでしたね^^
LYNX☆さんへ
鶴岡は一度市内に泊まって歩きたかった街なんです。
十分歩いたとは言えませんが、しっかり街の良さは味わえました。
歩かない人には薦めませんけど。

雰囲気の良い喫茶店はたくさんあると思いますよ。
anegoさんへ
そうですね、帰る日が同じだったら、ヒッチハイク出来たのに残念。
でも帰りの汽車旅も楽しかったですよ、明日の記事。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2019