風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 博物芸術

Comment (2)  Trackback (0)

大人の西遊記その6 ~ベルギーの青い空

 アントウェルペンを後にして、さらに車で二時間走ると、さらに古い街に着く。

PTXX3343.jpg

 ブルージュ、オランダ語だとブルッヘかな。 欧州二日目の走行距離は、471㎞。

PTXX3341.jpg

 昨日の記事のアントウェルペンの建物と比べてほしい。

PTXX3345.jpg

 かなり低く窓の面積も狭い。

     PTXX3346.jpg

 旧市街全体が世界遺産。今回の旅では早くも5ヶ所目だ。

PTXX3360.jpg

 30年以上前に一度来ているはずだが、運河でボートに乗った記憶しかない。

     PTXX3361.jpg

 ただ、当時と比べるとやはり観光客の数が桁違い。

PTXX3347.jpg

 ブルージュは昔から有名な古都だったと思うので、世界中で観光する人の割合が増加したのだと思う。

PTXX3352.jpg

 とにかくまず、天気が好い。

PTXX3364.jpg

 またウィキペディアから。
 ブルッヘまたはブリュッヘ、ブルグ、ブラヘなど(フラマン語(オランダ語):Brugge[ˈbrʏʝə] 発音例)、ブリュージュ(仏語:Bruges[ˈbʁyːʒ] 発音例)、ブルージュ(英語:Bruges[ˈbruːʒ] 発音例)は、ベルギー北西部、フランデレン地域の都市で、ウェスト=フランデレン州の州都。ベルギーの代表的な観光都市の一つであり、2002年には、スペインのサラマンカとともに欧州文化首都に選定された。

PTXX3348.jpg

 日本の百科事典や地名事典では「ブルッヘ」ないし「ブリュッヘ」が用いられることが多いが、観光業などの分野では「ブルージュ」や「ブリュージュ」も多く用いられている。なお、地名の由来は「橋」であり、市内に張り巡らされた運河に架かる無数の橋に因んでいる。

     PTXX3369.jpg

 9世紀、初代フランドル伯のボードゥアン1世によって建てられた城塞が街の起源とされる。3代アルヌルフ1世の時代に、聖ドナティアン教会や聖サルヴァトール教会が建てられ、城塞も強化された。

PTXX3367.jpg

 12世紀に大津波が、海から10km以上も離れたブルッヘを襲った。その時に残された大きな溝に運河を作り、フランドル伯フィリップ・ダルザスのもとでズウィン湾とブルッヘを結ぶ水路が整備され、町中に水路を張り巡らせ、船での交易に便利な港町を作った。


     PTXX3370.jpg

 津波由来の街だったのは知らなかった。

     PTXX3377.jpg

 ブルッヘは北海に出る玄関口として格好な場所となり、イギリスや北欧と内陸を結ぶ交易は、13世紀になるとハンザ同盟の在外商館がおかれたほか、1277年にジェノヴァ商人が大西洋沿岸を経由してズウィン湾にまで訪れるようになり、金融・貿易の一大拠点として繁栄した。

     PTXX3376.jpg

 裕福になった市民は、自分たちの成功の象徴として、町の真ん中に高い塔である鐘楼を建てた。教会が社会を支配していた時代、時を告げる鐘楼は、教会や王の権威や権力が強いところでは市民が建てることはできなかったが、ブルッヘの市民は自分たちで市場の開始の時刻を告げる鐘楼を建てることで、その自立を表した。それは資本主義社会の最初の拠点であるとされる。


PTXX3379.jpg

 15世紀以降、運河やズウィン湾に土砂が堆積して大型船舶の航行に支障を来たすようになり、運河港としても経済の中心地としてもその重要性を失って、衰退していった。

PTXX3384.jpg

 しかし、19世紀に運河が再生され、美しい水の都として再び人々を魅了するようになり、中世の面影を残した町並みが現在まで残されることとなった。同世紀末には写真が挿入された小説『死都ブリュージュ』で脚光を浴びた。

     PTXX3386.jpg

 第一次世界大戦ではドイツに制圧され、近隣のゼーブルッヘ地区やオステンドにUボート基地が建設された。これらの町の港とは水路で繋がっていた事からイギリス軍の攻撃目標(ゼーブルッヘ襲撃、第1次オーステンデ襲撃)となるが、ブルッヘが直接攻撃される事は無かった。

PTXX3389.jpg

 我々が良く知らない歴史があった。

     PTXX3387.jpg

 この日は何となくみなと別れ、小一時間ほど普段と同じように単独で街歩き。

IMG_5390_2019071016074084f.jpg

 そうしたら、道に迷ってしまった。

      PTXX3397.jpg

 宿でもらった街の地図は持っていたのだが、ずいぶん歩いてから、その宿の場所が分からなくなってしまったのだ。

PTXX3395.jpg

 友人たちとスマホで連絡を取り合うが、どうも回線が悪い。

     PTXX3392.jpg

 おそらくヨーロッパの古い街には、携帯の基地局が少ないのだろう。

    IMG_5386_20190710160737b1a.jpg

 あのアンテナは景観を損ねる。

IMG_5389_201907101607382c0.jpg

 この中央広場で待ち合わせ。

PTXX3403.jpg

 鐘楼が目標になった。

    IMG_5394_201907101607410cb.jpg

 ウェスト=フランデレン州庁舎。

PTXX3398.jpg

 人も馬車もここに集まるのだ。

     PTXX3399.jpg

 この記事を公開した翌日、33年前に訪れた時の画像を発掘した。5枚だけ追加する。

     OMI_0093.jpg

        OMI_0091.jpg

     OMI_0105.jpg

     OMI_0092.jpg

     OMI_0097.jpg

 どうだろう。

 これでも夜の8時。

IMG_5396_20190710160743220.jpg

 ホテルに戻るはずだったのだが、そのまま夕メシにすることに。

    IMG_5407_201907101609589ba.jpg

 仲間たちが物色したシーフードのビストロだ。

    IMG_5397mo.jpg

 またベルギービール、夜はみんなで呑める。

    IMG_5399_20190710160949846.jpg

 全然夜じゃないけれど。

IMG_5405.jpg

 お目当てはムール貝。
 玉ねぎと一緒にトマトスープで煮たやつを頼んだら、これが一人前。

IMG_5402_20190710160951a46.jpg

 タルタルソースをつけて食す。

    IMG_5403.jpg

 スープまで美味かった。

 小エビのサラダも注文したら、このサイズ。 

    IMG_5404.jpg

 奥の方も海老の揚げたやつだったかな。

    IMG_5406.jpg

 白ワインも呑んで、記録によれば4人で160ユーロ。一人5000円ぐらいだった。

 ホテルに戻って交代でシャワー。
 WiFiはロビーに日本語マニュアルまであった。

       IMG_5385_20190710160947481.jpg

 エアコンはなかったので、窓を開けて眠るが、宿の中庭にあるテーブル席周辺が夜中まで五月蠅かった。

 朝は涼しい。ベルギーに入ってスマホがキャッチする電話回線は、Orange Bに変わっていた。

IMG_5416c.jpg

 食堂の前に張り出してあった天気予想。

    IMG_5418.jpg

 ”昨日は歴史、明日は謎、だけど今日は贈り物だ。
 だからそれをプレゼントと呼ぶ。”
 現在と言う意味のプレゼントとひっかけているのだった。

    IMG_5422_20190710161157037.jpg

 旅の四日目、ヨーロッパの三日目、また謎に向かって走り出した。
関連記事
テーマ : ベルギー  ジャンル : 海外情報

Comments

ブルージュの鐘
ですねー。
松田聖子の歌にありました。
まんぼうさんへ
ほぉ、そんな曲があったんですね。
しかも松本隆・細野晴臣ですか。

ブルッへの瞳じゃないんですね、やっぱり。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2019