風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (6)  Trackback (0)

鍋越せあぶり

 明日と明後日は、仙台市民広場と勾当台公園で夏まつりが開かれます。是非お出かけください。
 AKB48(よく知らないけど)のメンバー12人も来仙!!詳しくはこちら


 三連休の週末、天気も良かったし少し走ってきました。

 まず自宅を出て北へ向かったのですが、北山から桜ヶ丘へ向かう荒巻の新しい道、ほとんど出来ていましたね。北山トンネルの部分はまだですが、8月には此処だけ先に開通するようです。

DSC01382.jpg

 泉PAから東北道に乗り、大和ICを出て、旧小野田町方面へ。

 国道347号線を少し逸れると、薬莱山の手前にこんな家が残っているのでした。

IMGP1277.jpg

 国の重文、松本家住宅です。

IMGP1268cc.jpg

 江戸時代中期、280年前の建築だそうです。

       IMGP1279.jpg

 夏の風が、釜神様が守る家の中を通り抜けていきました。

IMGP1269.jpg

 厠や風呂場もあったそうですが、今は残っていません。

       IMGP1284cc.jpg

 屋根の低い方の部分が土間で、台所がありました。

IMGP1285.jpg

 伊達家家臣奥山家の家老職の家とのことですが、農業も営んでいたようです。

IMGP1276.jpg

 時間が止まったような場所です。

IMGP1281.jpg

 やくらいガーデンの北を通りぬけ、西へ向かいます。

 前に来た時よりだいぶ道路も広くなったようでした。

IMGP1287m.jpg

 これなら普通の車でも走れます。宮城側は、中羽前街道。

 県境の鍋越峠のトンネルの上には旧道も残っています。

IMGP1292m.jpg

 この辺りが峠のはず。もちろん中央分水嶺。でも、なだらかです。

 宮城県と小野田町(今は加美町の一部)の標識が草に埋れていました。

IMGP1289.jpg

 堺田の分水嶺でも明らかですが、この辺り、栗駒山と船形山の間が奥羽山脈の一番なだらかな部分かもしれません。

 山形県に入り、母袋街道を尾花沢方面に下って行くと、前を走っていたクルマが突然停車。

IMGP1294.jpg

 長寿の名水。ジムニーに水タンクを積んでいたのでたっぷり汲んで来ました。

DSC01386.jpg

 でも直に飲むのが一番ですね。

 途中銀山温泉の方へいったん道を逸れ、別の峠道へ。

IMGP1297m.jpg

 背あぶり峠です。ちょっと不吉な名前ですが、ウィキペディアによると、

 尾花沢市延沢の住民が、古来より、このあたりの商業の中心地であった村山市楯岡まで、買い出しや出稼ぎに向かう道として使われた。楯岡から見て北東方向にある延沢を夜明け前に出発した旅人が、峠に差し掛かると背中に朝日を浴び、用事が終わって帰る途中に背中に夕日を浴びたことから、背炙峠と呼ばれるようになった。

IMGP1299m.jpg

 今は車でぐるりと回ったほうが多分早いので、ほとんどすれ違う車もない県道ですが、村山盆地が綺麗に見えるポイントです。でも峠の名前ぐらい書いてあるとブロガー的には◎。

 峠を降りる途中に、こんどはアピールたっぷりのポイント。

IMGP1300.jpg

 棚田好きの私ですが、この季節はあまり絵になりませんね。

IMGP1302.jpg

 反対側にもしっかりアピール。

IMGP1303m.jpg

 自販機も売店もなんにもない峠道です。

IMGP1304.jpg

 でもそんな道を走るのが好きです。



 棚田シリーズのリンクです。

 大蕨&椹平棚田 美しい棚田 棚田の蕎麦
関連記事
テーマ : 旅行、旅、ドライブ  ジャンル : 旅行

Comments

ふむふむ
久し振りのジムニーツーリングですかね・・・
私の好きなコースの一つですが、鍋越しの旧峠道は通った事が有りませんでした・・・次回は通ってみます。
ルートラボ?これも面白そう・・・
鶴子そば
鶴子ダムに向かう道沿い、こんなとこに蕎麦屋?!
…という場所に、古い民家のお蕎麦やさんがあるんです。
お勧めです。蕎麦処「鶴子」。

棚田のトコの眺めはヨカッタけど.....
その他は...『まわった道通ればよかった(>_<)』と後悔しました。
もぉ二度と通るもんか..とカーブの細道しぶしぶ運転した記憶があります。
鍋越はいつも穴ばかりくぐって上走った事なかったな。
因みに 笹谷の上はかなり凄いらしいです=多数意見(笑)
LYNX☆さんへ
天気も良いし、是非お出かけください。

ルートラボは、近所のサイクリング以来の登場、明日もご覧いただける予定です。拡大して(+をぴコピコ)再生(三角をピッ)すると楽しいですよ。
anegoさんへ
新鶴子ダム
温泉場もあるんですね

また今度
なおちゃんへ
背あぶり峠で音をあげる様なら、旧鍋越峠はやめたほうが良いです。
宮城側は走りませんでしたが、少なくとも山形側は、軽のジムニーでも両側の笹や草に擦られながらの走行でした。
一台だけビッグスクーターのおじさんともすれ違ったな。

旧笹谷峠の記事はこちらです。
http://pub.ne.jp/windpower/?entry_id=965177
普通の峠道ですね。

二井宿峠の旧道よりはまし。

関山峠も旧道あるんですよね?






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2019