風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (2)  Trackback (0)

晴れたらドライブ

 13年乗ったTTだが、数年前からずっと買い替えを検討して来て、それはこのブログのカテゴリ”Car&Bike"をクリックしていただいても、ずっとネタになっていることがわかるが、昨年、夏・冬タイヤや、オーディオセンターを交換し、替えにくいモードになっていたし、7月期限の車検も予約しているのだが、前から興味を示していた友人が8月に北海道に転勤することになり、現在乗っているFR車を売って、TTに替えたいという事で、ワタシは急きょ、おととい昨日とディーラーを廻って、CX-3を注文してしまった。

ダウンロードMazdaサイトから

 外圧が無いと変わらないどこかの国のようだ。

 最終的にはスバルXVと二車種に絞って試乗したのだが、XVはやはりアメリカン、デカい。
 TTとジムニーに乗ってきた私には、無意味に思える空間が広がる感じで、ハンドリングやブレーキも大味。

 まぁ、理由は後付けだな。

 これは6月20日。
 梅雨入り前の最後の晴れ間がまたやってくると言うので、北へTTを走らせる。

 仙台は晴れていたのに、大衡あたりは霧の中。

IMG_4288_201706221427226c2.jpg

 古川で朝飯にする。
 Joyfulのモーニングメニュー。最近はいつでも(前は朝だけ)だれでも(前はシニアだけ)注文できるらしい。
 幕の内定食、ドリンクバー付きで530円。

IMG_4293_20170622142723978.jpg

 でも時間がもったいないのでドリンクは3杯がせいぜい。

 その後、国道4号から、県道165号、59号。

IMG_4297_20170622142725a4b.jpg

 再び晴れてきた青空の下、田園地帯を走り抜ける。

P6200005_20170622142729106.jpg

 一迫のあやめ園、山王遺跡に到着。

P6200003_20170622142727d02.jpg

 水仙が密集する池の周りを歩く。

P6200008.jpg

 トノサマガエルが、こっちを見ている。

P6200002c.jpg

 入場は有料のあやめ園。まだ会場前だったが、ちょうど行政の担当者らしき人が出勤。

P6200009.jpg

 門が開いたので、ぺコペコしながら侵入し、ちょっと取材を。
 開花したので、この日から有料開園。

 時間前だし、入口広場のところからちょっぴり撮影させてもらった。

     P6200012.jpg

 しかし、あやめや菖蒲系の花は、このように並べて咲かせ、鑑賞するのには向いていないような気がする。

P6200013.jpg

 日本庭園にひと固まりぐらいずつが絵になる。

 その後さらに水田地帯を走ると、残雪わずかな、栗駒山に近づく。

P6200017.jpg

 美しい山を望んで農業をするのは、楽しいと思われる。

P6200016.jpg

 10年前の岩手宮城内陸地震で大きな被害を受けた、行者の滝。

     IMG_4298.jpg

 さらに登って行くと、残雪の模様に近づく。

IMG_4301_201706221429100ad.jpg

 そして車で行ける終点のいわかがみ平。
 登山シーズンだと言うのに、がらがら。平日はこんなもんなのか。

IMG_4305_20170622142913b55.jpg

 父とともに2001年に来て以来。。

 絶景を期待したが、やはり自分の足で登らないとだめだな。

IMG_4303mo.jpg

 世界谷地のそばや、耕英地区を抜けておりる道すがら。

P6200019.jpg

 あの時は熊谷養魚場で蕎麦を食べたような記憶がある。

 近くの数又養魚場は、頑張っている。

 そしてここも10年前に最大の地滑りがあった、荒砥沢ダム。

IMG_4306_20170622142914769.jpg

 あの時滑った山の端、未だにむき出しだ。

P6200022.jpg

 当日ダム湖に津波が発生したのを想い出した。

P6200023.jpg

 ここに来ると、人類のチカラの限界を感じさせられる。

 今日から関東に陸送する日まで4週間ほど。TTのドナドナドライブだ。
 もっとも嫁ぎ先は北海道なので、これから先まだまだ走らせられるはずというわけ。
関連記事
テーマ : 宮城県  ジャンル : 地域情報

Comments

CX-3
広島にはMAZDA車が溢れているので、あまり気にしていませんでしたが、CX-3は6MTも4WDもあっていいですね。これで黄色があれば私の検討リストにも入るんだけど。
新車で、出雲蕎麦ツアーに来られるのを楽しみにしています。
百日紅さんへ
ありがとうございます。
ディーラーに広島の工場から現場研修?で来ている方がいるんですが、広島に仲良しがいる話をしたら、ぜひCX-3で遊びに行ってくださいと言われてます。

黄色については、今度会ったら話しておきますね。
ドイツだと黄色は郵便局カラーで人気無いんです。

MT設定については、マツダが教習車を生産しているのと関係があるような気がします。

昨日上戸からうどんが届きました。今朝の朝飯はかけで。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2019