風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 美味いもん

Comment (8)  Trackback (1)

夜にも行かNight

 先日来、二度ほど満喫した居酒屋昼飯。(その一その二
 居酒屋の昼飯ってのは、残った材料を上手く使ったり、若手の料理人の腕試しだったりすることもあるのでしょうが、基本的には美味いもんを安く提供して、客にまた、夜に来てもらう目的があると思っています。

    資料IMG_0643.jpg

 それで、美味しいお昼をいただいたら、夜にも来ないとね、と言うことで金曜日に緊急風写隊招集。

s-004-1c667[1]
 店内写真は、LYNX☆さんのブログから無断借用。

 一斗二升五合。

IMG_0704.jpg

 初めてなので、まず品書きをじっくりと。 

IMG_0722.jpg

 親方一人で頑張ってるけど、結構いろいろあるんです。

IMG_0723.jpg

 比較的リーズナブルじゃないすか?

IMG_0724.jpg

 ちなみにこれは親方手書きです。

IMG_0725.jpg

 隊員がボチボチ集まってくる中、突き出し。

DSC00051.jpg

 牛すじ煮込み。

DSC00052_20120527065420.jpg

 ちょっと酸味があって、牛すじがたっぷり。

 もっきってくれるのも親方。。

       DSC00054mo.jpg

 なぜか刺身定食。

DSC00055_20120527065512.jpg

 これが実に旨かった、イワシ刺し。

DSC00056.jpg

 青菜とツブ貝の酢味噌和え。

DSC00057.jpg

 すっかりピンぼけなので、小さく、ホヤ刺しと、メニューにはない小あじ(?)の南蛮漬け。

DSC00058_20120527065510.jpg DSC00059_20120527065510.jpg

 結構呑んだけど、割り勘で一人3k+だったような気がします。親方ありがとう。

 このあと一気に壱弐参横丁までワープして、なつかし屋に行ったら、25日の金曜日だというのに、臨時休業。

 それで一番町の縁へ。

DSC00061_20120527070416.jpg

 蒸したての蒸しどり。

DSC00064_20120527070416.jpg

 スペシャルすき焼き?

DSC00062.jpg

 美味しい大人呑みの夜でした。
関連記事
テーマ : 居酒屋  ジャンル : グルメ

Comments

刺身定食
☆風写さんへ
食べていたのは私です(-_-;)
「一斗二升五合」⇒「升×2=ますます」「五合=半升=繁盛」はすんなり解ったけど・・・・
「一斗」が・・・あっ、一斗=五升×2=五升倍(御商売)
「御商売ますます繁盛」ってやっと解った次第・・・下戸(げす)の勘ぐり?
楽しいひと時でした・・・
最後まで
お付き合い ありがとうございました
美味しくて安くてなぜか空いている 『いち』 良かったですね~ 近いので ごひいきにしましょ
またよろしくです それにしても『なつかしや』の手ぬぐいが欲しかったのにね~
いいね、いいね。
こういう店があるとうれしいですね。
そこが仙台のいいところ。

先週月曜日、夜、相方が、「ごはん作る気にならない」というので、行きつけの店に出向いたのですが、2店とも休み。

上北沢の「旬彩 いとう」という良さげな店に入りました。
基本的には食事なので「食事ですが、良いですか」というと、店主、困った表情。
で、「ビールは飲みますが…」
店主、気を取り直して「実は、突き出しは食べていただかないと。食事だけの方はおことわりしているんです」
そんなプライドのある店だけに、突き出しの、つぶ貝・自家製豆腐・卵焼きなどに始まって、旬の筍煮、ホタルイカ、〆はズケ丼。久しぶりに満足した和の店でした。

話が弾んで、店主も他の常連客も、下高井戸八幡の神輿を担ぐということで、一見さんだったけど、打ち解けてしまいました。
LYNX☆さんへ
参加ありがとうございます。

昨年8月にオープンしたそうですが、場所柄お昼は結構混むものの、夜はさっぱりだそうです。
美味しい店は繁盛して欲しいけど、入りたい時に満員だと困るのが正直なところ、長続きするお店の秘訣、難しいですね。
YASUさんへ
味いちですって。

こちらこそありがとうございました。
また軽く行きましょう。
kazuさんへ
東京のような鉄道中心の街は、人の動線がわかりやすく、メジャーな店は表通り、小粋な店は裏通りなど、呑み屋探しも判りやすいと言えます。

仙台はまだ鉄道よりもバスや自転車移動の街ですから、そのへんが複雑。
もう少し小さな街だと食住分離がはっきりしているのですが、仙台はJRや地下鉄も走っているので、場末にも元気な横丁が残っていたりします。

北四番丁は大きなパチンコ屋さんがあって、周辺に中華や蕎麦屋が多かったり、何故かカレー屋さんや焼肉屋も多いエスニックな場所なんですが、直球の和風居酒屋が少ないんです。
なるほど、交通機関で人の動線ねえ
いい得て妙ですね。
納得できました。東京は、その通りです。
kazuさんへ
水戸時代は、どう考えても車でしか行けない、でかい駐車場がある居酒屋が郊外にたくさんありました。

案の定、茨城県は飲酒運転の摘発が多いんです。






Trackbacks

管理人の承認後に表示されます
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2019